飽食の時代

飽食の時代

効果の期待できる産後のダイエットでもダメな人の特徴

2018-07-19 13:25:46 | 日記
時折忙しい時には、多量の時間のかかる有酸素エクササイズではなく、短時間で終わる腹筋などの筋トレをするようにしています。
5年間とかの期間をかけて痩せたら、ハードな努力を無駄にしたくないと思うので、急にリバウンドすることは少ないそうです。
家に全身が映る鏡があるので、時たま自分のボディをチェックしています。
痩せたい部位の確認は不可欠かな。
魅力的なウェストラインは女性の憧れですよね。
ターゲットの体型を意識して肥満解消メニューを組んでくださいね。

デブの体型が嫌なひとは、ステーキや缶コーヒーなどはなるべくやめてください。
薄味にすることで油脂や糖分の量を調節できますから、メタボリックシンドローム体型のかたは自炊がピッタリです。
にんにくに含まれるスコルジンという要素は、血中のコレステロールの調整と抗酸化の効能があり、体脂肪の蓄積を防ぐので、肥満解消に肝要です。

脂分と糖が少しの食べ物で手軽にカロリーを抑制して、ついでに老化防止もできたらOKでしょう。
そういえば最近は体の中が軽い気がして、ちょっぴり幸せです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 男の人とのめぐり合いが… | トップ | 注意するべき抗加齢療法のキ... »

日記」カテゴリの最新記事