いい日旅立ち

平凡な元大学教師の日々の感想をつづったブログです。ちょっと、スパイスを効かそうと思ったのですが。……

「『不思議なキリスト教』と対話する」を読んで

2019-05-19 21:36:05 | 読書
わたしは、仏教に関する専門書はあまり読んだことがない。
優秀な僧侶が友人だったので、
彼に聴けば、いろいろと有益な示唆が得られたのかもしれない。
ところが、地元では、ダントツに優秀だった(らしい)彼には、
あまり親しすぎて、宗教のことは聴いたことがない。
惜しいことをした。
前年、彼は、癌で早逝してしまった。

ところで、友人に勧められて、
「『不思議なキリスト教』を読む」という、
キリスト教関係の書物を読み終えた。
著者(来住英俊氏)は、わたしと同年輩で、
人生の前半の過ごし方が似ている。
同じ大学の同じ学部で学んだ。
そのあとは、違った道を歩いたが、
根っこが同じなので、その思想を理解しやすい。
来住英俊氏は、カトリックの神父である。
少し前、宗教社会学者の書いた「不思議なキリスト教」と言う本が出て、
よく売れた。
キリスト教の内容をノンクリスチャンに説明する本である。
この本を、批判しながら、
住来氏が、キリスト教、とくにカトリックの考え方を論じている。
難解な本だが、基本をなしているのは、
キリスト教の根本的な在り方である。
結局、キリスト教とは、
「神との関係性」を維持しながら
信じるものだ、と述べてある。
納得のいく論の建て方である。
難解な参考文献を駆使しながらの論考である。
この人は、クリスチャン向けの多数の書物を書いた。
ごく浅い理解の仕方かも知れないが、
日本の現在のカトリックの教えは、貴重なものである、
という感想を得た。

































コメント   この記事についてブログを書く
« 裁判員制度10年め | トップ | 歯医者に行って、泣く(笑) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事