洋服を縫わない縫製工房

ミシンを使って、洋服以外で、できることは何でも挑戦!
薄物から、厚物、金属?関わったものを紹介します。

フォルクスワーゲン、ヴァナゴンの張替え

2021年10月22日 | ものづくり

地元、富士川町で輸入車と言えば、トラストオートさん

程度の良い、フォルクスワーゲンが入車して、知人の身内が購入

納車前に、7人乗りシートの張替え依頼をいただきました。

私のところは、基本的に、軒下渡しですので持ち込みで預かりました。

特に、ひどい破れなどは無いのですが、25年ほど前のクルマですので

使用感は否めません

しかし、国産車の25年落ちのシートより、基本素材の良さは十分感じることができます。

よって、今回は、シートウレタンから新たに型紙製作でなく、程度の良いパーツを

ピックアップして、生地に置きながら整合性を整えながら、複写しながら、型紙を製作しないで、

裁断していきます。

今回は、型紙の他に、パイピング仕様なので、約30㎜幅のスリットテープを

約40m切り出します。

また、指示されたメイン表皮は、大きなチェック柄で、7個がヘッドレスト、8個の

アームレストの小物も含めた柄合わせを慎重に配置して裁断します。

欧州車のワゴンの歴史に関心しながら、作業を進めます

とは言っても、現行の素材を使った質感、技法もあるので使える所は使っていきます。

特に、各座席、メインパーツは大切なので、高密度ウレタンを不織布で3層にして

キルティングの質感を上げて、パットフレームとの引き込みを深く、柄物でも

起伏感を感じることができるようにしました。

アームレストは、汚れが付きやすいので、チェック柄の薄色部分でなく

濃ブラウン部分を配置しました。

フロントシートの背面ポケット

流行りの、開口部に芯材を入れたもの、ネットの物など、色々と考えましたが

依頼者が希望した選定した表皮から想像して、忠実に元車の様にゴムギャザー式にしました。

前座席は、回転式で重く、スライドレールや、アームレストの組付けなど

すべてイジリボルトで取り付けてありました。

2列目、3列目のシートも、25年も前から・・・と思うほど考えてあって

シート裏も手抜きできない組み立てになっています

 

張ったすべてのシートを並べてみました

特に図面や指示があったわけではないのですが、何とか柄が揃ったと思います

今回は、依頼の方とトラストオートさんと話がついていましたので、

納車前の整備点検、磨き上げなどの間に張替え、トラストさんへシートを納品させていただきました。

今週、納車と聞き、シートが取り付けられたヴァナゴンを見に行ってきました。

事前に、見に行った時とは見違えるように仕上がっていました。

内装、外装のクリーニングはもちろん、レトロなホール、ナルディの細めのウッドの

ステアリングにと、オシャレなものに交換されていました

飾ってヨシ、眺めてヨシ、乗ってヨシ

ご機嫌な車になったと思います。どこかですれ違ったら、思いっきり手を振りたいと

思います

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ヘム巻き縫製の沼、沼、沼・... | トップ | ものづくりの地産地消 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ものづくり」カテゴリの最新記事