空き家問題から高齢化問題や障がい者問題を考え、皆さんが楽しく活躍できる社会を提案する大田区の会社 PHCのブログ

当初空き家問題から高齢・障がい者問題に繋がっていきました。そういう問題、皆が活躍できる社会にしていくためのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本当に「民泊は悪」なのか?③

2017-04-21 11:43:28 | 空き家活用

みなさん、こんにちは。
大田区空き家管理・活用の会社PHC(プレシャスハウス)です。

 

某サイトにおいて「民泊新法制定断固反対!」というのを見ました。そこには「地元住民に多大な迷惑を及ぼしている違法民泊を即根絶!」を筆頭に「民泊は悪だ」と言わんばかりのことを記載し、署名活動を行っているところがあります。果たして本当に「民泊は悪」なのでしょうか?ここに記載されている主張を元に検証してみたいと思います。今日はその第3回です。

 

・そもそもこの民泊新法の前提となったホテル旅館不足という認識が実態とかけ離れており、明らかな誤認と言えます。確かに、立地の良いシティホテルやビジネスホテルチェーンの客室稼働率は極めて高くなり、予約の取りづらい時もありました。しかし、一方で中小のホテルや旅館、レジャーホテル(ラブホテル)に目を移すと、その平均稼働率は都心部でも約50%、土日祝前日で約80%、郊外でそれより10%低い(2015~16年度同組合調べ)のが現実で外国人旅行客の受け入れ能力は十分にあり、足らないことは全くありません。また2020年までに4000万人の外国人旅行客の誘致を考えても、現在、新築工事中のホテル数、これから先の新築計画を見た時に、ホテルの客室数は余ってくるのではないかと大きく懸念しています。

                           ↓

2020年東京オリンピック開催期間中は、ほぼ毎日が土日祝前日の稼働率が予想されます。世界各国からオリンピック見たさに東京にやってきます。それ以外でも、日本人含めて観光客も押し寄せてきます。そうなった時、おそらく予想以上の稼働率になるかもしれません。それぐらい一極集中するのです。そうなれば東京以外の近郊都市のホテルにも客が押し寄せることとなります。また外国人旅行客はどうかわかりませんが、日本人の家族、ましてや子供がいる家族がラブホテルを利用するかということには疑問符が付きます。ラブホテル経営者には失礼かと思いますが、どうしても日本人にとって「ラブホテル=いかがわしい」と思っている方が多いかと思います。そのような方がラブホテルに泊まるとは考えにくいと思います。そう考えれば中小ホテルの稼働率だけでさらに増えるかと思います。またリオオリンピックでもそうでしたが、開催期間中は宿泊料金もオリンピック価格で普段より値段を上げる可能性があります。そうなればますますホテルを使わなくなります。そういう時、民泊という選択を増やした方が利用者にとってもメリットが多いんではないかと思います。そうすることによって宿泊料金の高騰を抑えることができ、民泊という競争相手ができることによって、ホテルの方々も民泊に負けないよう、質の良いホテルができるのではないでしょうか。

 

これからここに書いてあることを同調・批判をさせていただきたいと思います。今回はこれまで。また来週!

 

弊社HPです・・・
空き家管理はこちらをクリック・民泊関係はこちらをクリック

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当に「民泊は悪」なのか?② | トップ | 本当に「民泊は悪」なのか?④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

空き家活用」カテゴリの最新記事