ぴーちくぱーちく

活字ジャンキーぴーの365日読書デイズ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後の記憶

2007-12-25 23:07:00 | 
綾辻行人氏です。

白い閃光とショウリョウバッタの羽音に脅える母は、
若くして患った脳の病でほとんどの記憶を喪失している。
幼い頃に体験した恐怖が母の「最後の記憶」となり、
苦しめ続けていることを知った森吾は幼馴染みのゆいと共に、
母の故郷へ向かう。

雰囲気は「囁きシリーズ」に似ているのかな。
不安の煽り方がホラー映画的で、言葉が視覚に訴えてきます。しかも「日本」のね。
リアルに情景が浮かんで、何とも言えない雰囲気が霧のように立ちこめてきます。
ただ、恐くはありません。幻想的といったほうが近いかもしれません。

白髪痴呆という言葉は初めて知ったのですが、
20代後半から発病することもあるそうで、鏡を見る度にドキっとしそうです(苦笑)
だって物忘れ、激しいときがあるんですもん。

それはどうでもいいのですが、(←ほんとにどうでもいい)
「白髪」というキーワードが、
別のお伽噺に繋がっていることに解説を読んで理解しました。
あのミドリガメの描写、なんか突拍子もないなと思ってたんですよ。
相変わらず小説の表面だけしか読んでいないのだと、改めて反省。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« どちらさま | トップ | 図書館革命 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事