オズマの部屋 -バス釣り,政治経済,クルマの話等-

「バス釣り日記」が主題。色々な話題を中年オヤジが持論で展開。「真実は孤独なり」を痛感する日々。

【台風19号】ラジオとTVが一番の情報手段。NEWSアプリはNHKに変更。

2019-10-13 | オズマの考える政治・経済問題
 
 幸い自宅付近に災害はなかったが,不幸にも災害にあわれている方々を心よりお見舞い申し上げます

 それにしても,「最新情報は自治体のHPで」という報道は正解だったのだろうか

 僕の住む地域は人口50万人を超える。地方都市をあっというまに超える,東京23特別区である。

 結論からいえば,NHK以外のニュースなど役に立たなかった
 
 民放は,10/12のまさに台風接近時に,ラジオでもTVでもたいして警告をしない。状況報告もしない。スポンサーのために血眼になり,どうでもよい番組を続けていた。

 NHK,さすがに受信料で成り立つ国営放送。ときとして「大本営」発表を行う失態はあるが,そうしたニュースはだいたい判断がつく。いま自分の住んでいるところは大丈夫なのか・いつ台風が来るのか・備えはどうするか,本当にNHKは本気だったと評価したい

 そこで,スマホ災害対策・NEWSアプリもNHKに変更。ヤフーは広告ばかりでイライラしたが,NHKはサーバーが強靭なのか,スマホからのアクセスであってもまったく遅さを感じなかった。ヤフーはその点もさすがに弱かった。

 それにしても自治体HPがなにより脆弱で,近所の川の増水状況さえも結局TVから仕入れていた有様。幸い自宅は川から離れた場所なので不安はなかったが,川のそばに住んでいる人々は不安でしょうがなかったろう。

 台風が過ぎ去ったとわかったのは,10/12の22時頃。21時までは暴風雨で怖かったが,急に静かになった。とりあえず過ぎ去ったのだとわかったが,起床してみると,15号以上の災害に言葉を失う。

 メトロリバーも氾濫していた。知っている河川はことごとく氾濫ないし危険水位。それでも,メトロリバー仙人のA澤さんはもちろん無事だったし,家への浸水もなかったようす。

 とにかく今回もNHKのTVとラジオに助けられた。深刻さが伝わった。

 それでもN国の変なおじさんはイチャモンつけるのだろうが,最近の様子だと辞職も近いだろう。

この記事についてブログを書く
« 【自動販売機】た,たいやき? | トップ | 【災害から学ぶ】宗教教育の... »
最近の画像もっと見る

オズマの考える政治・経済問題」カテゴリの最新記事