SLNニュース(超ローカルネットワーク・ニュース)

自分だけの超ローカルネットワーク・ニュースをつれづれに書いてみたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フォーフォーダルメ

2007年03月18日 | Weblog
久しぶりにブログを書こう。
 最近の私的SNLニュースは、幾つかあるけど、スマート
フォーフォーのダルメの話をします。車の整備も奥が深い
というより、素人にはわかりにくいところがあります。
でも、このくらいなら何とか・・・
画像は、前とちょっと変わったんだけど、わからないかな??



 最初は、ダルメにナビを取り付けました。
 この車はナビが取り付けにくいらしく、純正だと取り付けの
金具代だけで6万円という話もあって持っているパナソニック
の古いナビを自分で取り付けました。これならただです。いや
部品代として百円ショップで買った金具が4本で400円とねじ
が80円でした。でもデータのDVDは2003年版です。パサート
には同じナビで2007年度版を15000円出して買ったので、
そのお古と言うことです。ナビのDVDがコピーできたらいいな
と考えて試してみたのですが(これがDVD+R DLの片面2層)、
パナソニックのDVDナビは、DVDを読みに行く時に、どこか
コピーしたDVDには無い部分を読みに行っているようで無理
でした。でも、パナソニックの人は個人で使用する範囲で
できるならいいんじゃないかを言っていたのですがね・・・
 それに、このナビは一度新しいDVDを読ませると古いもの
は読めなくなるという不親切設計で、いったんパナソニック
に送ってバージョンダウンしてもらったのです。
新しくてもあんまり使わないから、これでいいや
   (そのうち新しいのを・・・といわれましたが・・)



 次に、タイヤとアルミホイールです
(これってアルミホイルに似ている?<-あほか?)

 このアルミホイールは以前乗っていたトヨタのエスティマに
着いていた17インチのホイールです。エスティマは5穴だっ
たのですが、このホイールは9穴で4穴の車にも着けられる
ようにできていたので、うまく使えたのです。でも、タイヤは
エスティマは215-65-17でしたが、フォーフォーは205-40-17
で、新しく買いました。それもアキレスタイヤというインドネシ
アのマイナーなタイヤです.
 タイヤやホイールは、大きささえ合えばどんな車でも履け
るように見えますが、そうはいきません。車にあうタイヤを
履かせるためには、いろいろな要因があって、その一つでも
当てはまらないとだめなのです(これが結構むずかしい)。
 その要因とは、
1)外径:これは、タイヤの直径あるいは円周のおおきさです。 
2)タイヤの幅:幅が大きすぎると内側のスプリングにあたっ
たり、外側にはみ出てしまいます。というより,ホイールが
はけなかったり,小さすぎたりするのです.
3)扁平率:これは、タイヤの幅と外径が決まると、自然に
決まるのですが、タイヤの幅と厚みの比率です。

 ここまでがタイヤで、次からタイヤに合わせるホイールの
要因です。
 4)オフセット:これは、タイヤをつけた時に車体に対してど
のくらい外側に出るかと言うことです。
5)穴の数:4穴か5穴か。スマートのフォーツーは3穴ですが・・、
6)PCDの大きさ:これは取り付け穴の距離です。日本車は
小型車は100mm、中型以上は114.3mmですが、パサートは
112mm、ジープなどは139.7mmです。フォーフォーは114.3mm
の4穴(ちょっとめずらしい)
7)リム幅:これはホイールの幅です。大きすぎるとタイヤが
ぴったりはまらないのです、今回は7.5Jです.フォーフォーの
オプションの後ろのタイヤは8.5Jだそうです.太い!
8)リム径:これはタイヤの内側の直径と同じものでなければ
なりません。フォーフォーは純正15インチですが、今回イン
チアップして17インチにしました。
9)バブ径:結構これがうまくいかないことが多いのですが、
ホイールのセンターの穴の大きさで、トヨタ系は、トヨタは
60mm、日産は66mm、ホンダは67mm,マツダはφ54φと
65cmなどと異なるので、純正のホイールはなかなか合い
ません。汎用のホイールは、73mmくらいが多く、ぴったり
しないので、ハブリングをつけて合わせます。フォーフォー
は67mmなので、67mm->73mmというハブリングをつけ
ました。
10)ボルトのピッチ:これは取り付けるときのボルトの山の
間隔です。日産やスバルが1.25ミリピッチ、トヨタやマツダ
は1.50ミリピッチ、
11)ボルトの形状と:トヨタは平面型、日産はテーパー型、
ホンダは球面型・
・・・まだあるかもしれないけど終わり。

 最後に、ヘットランプを交換しました。普通の7Hのハロ
ゲンがついていたのですが、H.I.D(High Intensity Discharge)
=「高輝度放電灯(放電ランプ)に交換しました。HIDは結構
部品が多くて、取り付ける場所が狭くて、手のひらや甲が
傷だらけになりました。バルブは8000ケルビンなので、
なかなか青白い色です。でも、車検は6000ケルビンまで
なので車検の時は純正に交換する予定です。HIDは、
消費電力が35wなので、バッテリーにも負担が少ないし、
耐久性も高いというので交換したのです。最後に、光軸の
調整もしました。

この写真は,点灯したばかりなので特に青い気がする。


 何か、今回は、車の整備ばかりになりましたが、・・
ということで終わりです(なにが、といういうこと?)。
車に興味にない人は何がなんだかわからないだろう。
(しかし、徒然草はどこへ行ったんだろう)
コメント   この記事についてブログを書く
« ズールー(zulu)とレックス(rex) | トップ | ぐしゅん、ふちーん、ごほご... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事