日本一“熱い街”熊谷の社長日記

組織論の立場から企業の“あるべき”と“やってはいけない”を考える企業アナリスト~大関暁夫の言いっぱなしダイアリー~

鳩山元総理、自民党・民主党、ブラックと言われる企業…、「立場をわきまえない」という恥ずべき風潮

2013-06-28 | その他あれこれ
鳩山元総理がまた中国でとんでもないことを公言したと問題になっています。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130627-OYT1T01084.htm?from=ylist

鳩山発言が何故問題になるのか、それは氏が日本国の元総理だからです。尖閣諸島の国有化は自身が所属した民主党政権が実行した政策であり、現在の自民党政権もまたこれを引き継いで「日中間に領土問題は存在しない」と言う公式見解に立っているわけです。それを日本国の元総理が公の場でそれを覆すような発言をしたらどういうことになるのか。「自己の立場をわきまえない」言動は、ある意味コンプライアンス違反行動であると言っていいでしょう。

「自身の立場をわきまえない」という話は他にもありました。参議院における重要4法案廃案の流れもそう。与野党双方が参院選を意識した対決を優先し、安倍首相に対する問責決議が優先可決される流れをあえて作った自民党と民主党。電気事業法改正案のよう今の日本にとって最重要と思われる法案が廃案になることが容易に予測できた流れの中で、両党は政権政党、筆頭野党としての「自己の立場をわきまえない」行動をとったと言っていいと思います。恥ずべき、そして国民に対して謝罪すべき行動であるでしょう。

この「自己の立場をわきまえない」という風潮は何なのでしょうか。私は16日のエントリーでも同じ話を書きました。「自己の立場をわきまえない」発言や行動が、問題を引き起こしブラック企業と言われるような事態も招いていると(小泉県議の一件は本人の自殺と言う最悪の結果を招いてしまいました)。「自己の立場をわきまえない」人や組織が平気な顔をして闊歩することで、日本国全体がどこかおかしなことになっているのではないかと思わざるを得ないのです。
◆「暴言事件とユニクロ、ワタミがブラックと言われる所以の関係について」
http://blog.goo.ne.jp/ozoz0930/e/81d4a8bf9e829f890e148e48eeca3667

皆の手本となるべき、元総理大臣、政権与党、議員さんに高級官僚、業界を代表する大企業…、こういった人や組織がちゃんと「自己の立場をわきまえた言動」を心がけてくれないことには、この国は一体どうなってしまうのか。連日のように報道される「自己の立場をわきまえない」言動の数々に、ただただ無力感ばかりを感じさせられる昨今です。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« DJポリスの一件を機に、そろ... | トップ | お知らせ~All Aboutさん拙連... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2013-07-01 13:49:24
率直な感想ですので、気を悪くされたらお詫びしますが、このブログの筆者を含め、一昔前なら、その発言が周囲の知人・友人以外の人に知られることがなかったような人が、全国、いや全世界向けに発言できるネットの影響で、「立場をわきまえない」発言が横行するようになったのだと思います。伝統的メディアで発言できるような人(例えば元首相)なんかも、そういう「自由」な発言を見ているうちに、「だったらワシも言いたいこと言うぞ」みたいになっているんでしょう。

コメントを投稿

その他あれこれ」カテゴリの最新記事