膳-Sai

料理サロン Tomoko's Tableのご紹介。
食にまつわる、日々の暮らしを・・・

2018.9月 東京旅

2018-11-07 23:40:02 | Weblog

久しぶりのアップになります。

それにしても、10月のお教室後、ほんとに忙しかった。。教室後は山下達郎のコンサートにびわ湖ホールまで行ったり、週末から出かける北海道旅行の準備。(留守中の準備がほとんどだが)というわけで、すぐに北海道、帰宅後はお掃除と用事で出かけ、また週末から、娘と孫が1週間滞在。ふぅ・・。先週末娘孫が帰り、なんと風邪の置き土産。で、、やっと平常生活に。やれやれ。。

今頃9月末の事をアップします。この時も、東京旅から帰宅して、お教室が始まるので、その準備でアップ出来ずで。。
なんだか、情けないことです。

さて、言い訳は終りにして、素敵な東京旅

今回の東京は料理マスターズのシェフズキッチンに参加がメイン。折角なので2泊して、レストランを楽しみました。
うちにしては、珍しく新幹線です。久々の駅弁

        

        

こんなお弁当でした。たまには楽しいものです。旅気分。

ホテルで休憩して、夜の街へ!

お友達のさくらさんお薦めの麻布十番のL'aube(レストラン ローブ)へ。さくらんと、お友達ご夫妻の5人で。

        

小さいビルの2階
テーブルはこんな感じでおしゃれ

       

ワクワクしますね~

メニュー

      

デザートが充実。2プレートを3プレートにも出来るんです。
このお店、シェフと女性のパティシエで作ってらっしゃいます。

まず、オリジナルのドリンク

     

洋ナシ、和梨、ハーブ類に佐賀の元寇という柑橘のジュース。優しい味わいで柑橘の香りもすっきりと。

1皿目

    

スプーンにはフォアグラのムースに柿、コショウにナッツの香り。柿の甘みに胡椒がアクセント。白っぽく丸いのは、栗のベニエ。天ぷらみたいなものです。秋の一皿。奥は胡麻やコリアンダー、ナッツのチュイル。
ここまでのお料理でもわかるように、香りを大切にされ、バランスよく添えられてるのが素敵。

2皿目

     

クヌギ鱒の塩漬けにリンゴのサラダ、自生のクレソンとサルナシ、ローストしたくるみも。クヌギ鱒は富士宮の山奥のクヌギさんが養殖してるそうです。自生クレソンはやはり力強く、これぞクレソンという感じ、好きだなぁ。。くるみが風味をプラスしてます。

パン

     

パティシエ作。青さノリのパン、熱々の焼き立てを持ってこられて、目の前でカットしてくださいます。海の香りと小麦の香りがふわっと広がります。なんて素敵なんでしょう!

3皿目

    

リードヴォーのパン粉焼きにレモングラスの香りのローファットのミルク、バターのソース。ジャガイモのピュレにゆずの香り。
このソースが凄い。風味は奥深く、でも軽やか。レモングラスの香りも軽やかさを演出してるけど、ローファットというのがミソなんだと思う。好きな一皿。

4皿目

   

天草のハタ、ハタの下はアーティチョークにオレンジ風味、スプラウト色々と鶏節。スープはハタと鶏むねのお出汁。鶏節は香ばしくコクがあり、香りはお魚の邪魔をしないので、上品。2種類の出汁を合わせることで深い味になるのでしょうね。オレンジがふわっと感じるのも素敵。少し和風な感じもしますが、ふれんち。

5皿目

   

安曇野のキノコ類が10種類、玉子とバターのムースと。きのこの香りが複雑に絡み合ってます。このお皿も秋ですね。。

6皿目

    

鹿の内腿肉のロースト、カボチャの入ったカカオのラビオリ。カボチャの葉っぱのブレゼ。ソースはカカオと赤ワイン、胡麻やスパイスが効いてて、楽しい。カカオのほろ苦さが好きです。カボチャの葉っぱ初めて食べました。ちょっとガサガサした感じもして、畑を感じました。楽しいなぁ。。カカオのラビオリもお気に入り

デザート

    

    

デザートが凄い!!
デザートの宇宙が広がる感じ!食後のデザートではありません。デザートだけでコースが出来ます。見た目も味も、何もかもが素晴らしい!
唐津の黒無花果の中にはリコッタのアイスクリーム、ムースはパンデピス風味、イチジクのジャムやソース類はお砂糖を使わず、イチジクの持ってる甘味のみ。上に乗ってる飴のリングもキラキラ、リングの上にはハーブが。食感、香り、甘味、すべてが調和して、素晴らしい世界が広がります。

デザート

    

モンブランとナスのデザートと選ぶことができます。私はモンブランに。山栗のクリームの中はアルマニャックのアイスクリーム。カカオも。お皿奥には白いものが・・なんとホワイトバルサミコ!モンブランをいただく合間のお口直しに。なんて素敵なんでしょう!

茄子のデザート

     

 鎌倉のごちそう茄子という茄子を焼きナスにしてアイスクリームに。 タイムのクリームチーズムースにオレンジジャムも。オリーブのシロップ漬け。このオリーブが面白い。お料理がデザートに早変わり!っという感じ。これも好きだわ~~

ハーブティー

     

すっきりと美味しい。

最後の小菓子

     

圧巻!ケースの中にはチョコレートが4種類。カボチャペースト入り、ローズマリー風味、ピスタチオ、ホワイトチョコレートの中にミントアイス。どれも美味しそう。

4種類全部いただけますが、私はローズマリー風味とホワイトチョコレートにしました。

こんな素敵にサーヴされます

     

ジュエリーボックスの中に氷の粒が、その上にチョコレートが。。超感動!
ここに指輪を一緒に入れてプロポーズされる方もいらっしゃるとか。
なんて素敵なんでしょう!

いやいや、お料理もさることながら、デザートの素晴らしさに感動の嵐!

久しぶりにお会いしたご夫婦やさくらさんとのお話も楽しく、一日目の夜は興奮のまま更けてゆきました。。

 

https://www.restaurant-laube.com/

ローブのHPです。

 

 

 

       

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018.10月のお教室テーブル | トップ | 2018.9月 東京旅 2日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事