ぶらぶら人生

心の呟き

二冊の「一茶」届く

2019-01-11 | 身辺雑記
 アマゾンへ注文していた本が、昼前届いた。
 「一茶」に関する二冊の本。
 藤沢周平と田辺聖子の小説。(写真)

        

 この本から、どんな一茶像が見えてくるか、楽しみである。

 今日は家で過ごす。
 食事の問題を除けば、なんの拘束もなく、のんびりと過ごせるのが嬉しい。
 施設では、どうしても周囲の人に気を遣ってしまう。
 その点、家にいるときは、24時間を自分の好きなように生きられる。
 自由であることほど、嬉しいことはない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 小林一茶の俳句 | トップ | 冬の庭 »
最近の画像もっと見る

身辺雑記」カテゴリの最新記事