ぶらぶら人生

心の呟き

月齢28

2018-11-06 | 身辺雑記
 カーテンを開けると、ひとりでに視界に入るのは、空と山並みと集落である。
 今日も好天!
 夜明けの空には、今日も月があった。
 細字用の小筆でひと書きしたような、空に吸い込まれそうな神秘的な月である。

 昨日に比べれば、なんという細りようであろう!
 調べてみると、月齢28。
 明朝は、どんなに晴れていても月影は見られないらしい。
 
 (写真では、拡大してやっとお月さまの存在に気づくほど細い。)

     
            6時16分

     
            6時40分
         僅かな間に雲が出てきた。

     
            6時51分
          雲も朱に染まって。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 『小春日和』からイオンへ | トップ | 落日を眺めながら »
最近の画像もっと見る

身辺雑記」カテゴリの最新記事