ぶらぶら人生

心の呟き

旅の終わりに

2018-11-30 | 旅日記
            11月30日
            東京から家へ
          
 旅の最後の日となった。
 12時半発の<のぞみ>に乗れば、家には7時過ぎにつける。
 空港ができてしばらくは、飛行機で往復したが、なんだか旅情に乏しく、速ければいいとも言えず、新幹線での移動を楽しむようになった。途中下車しての寄り道も楽しみながら。

 今朝は、昨朝同様、17階の食堂でバイキングの朝食をとった。
 ところが、お皿に好みの料理をとろうとしたところ、何を見ても食指が動かない。
 それでも、何か少しは食べておかなくてはと、少量をいただく。
 果物も欲しくないとは? と、自分自身の異常を不思議に思いながら、周囲のテーブルで食事する人たちの、国籍を問わず集う人々の旺盛な食欲を羨んだ。昨夜までは、普通に食べられたのに………と思いつつ。

 来年がまたあるのかどうか、私自身のことでありながら、全く分からない。
 ホテルの窓辺から、ここ幾年も朝食で訪れるたびに目にした国会議事堂に、今朝も真向かって佇む。
 風景としては,立派な佇まいなのだが………………。
 11月最後の今朝の空は、平和そのもののように晴れ渡って。

          

 今回の旅で、意外に体力のあることを感じた。
 10月には、施設で二度も転倒し、私が自覚している以上に、身体が弱ってきたのだろうか危惧していた。
 が、旅の日々、へこたれずに行動できた。決して無理はしないと決めての行動ではあったけれど。
 施設で暮らす日々は、特に歩くことが少なく、1000歩以下が多い。

 ところが、スマホの記録によると、今回の旅で歩いた日ごとの歩数と距離は、以下のようになっている。
  26日  歩数  8144  距離 5.8㎞
  27日      9643     6.9㎞
  28日     10312     7.4㎞   
  29日      8601     6.1㎞
  30日      3881     2.8㎞

 (日ごろの私の運動量とは比較にならない数値である。都会では、外出すればひとりで歩行数は増えるようになっている。駅の構内だけでも、ばかにならない。)

 見学地では、私より確実に年長だと思える人、杖にすがりつつ歩いている人たちも多い。
 危険を恐れて、出不精になりがちな私だが、もっと大胆であってもいいのかもしれない。

 もう一つ、気づいたことがある。
 旅の間、足の甲が腫れなかった点である。甲の腫れは歩行と関係があるのだろうか? 
 日ごろは、年のせいにして諦めていたのだ……。
 久しぶりに、引き締まった甲を眺めて、嬉しかった。

 天候にも恵まれ、欲張らない旅に大満足している。
 人声や音響に不適応な私なのに、都会の騒音は全く気にならないのだから不思議な気もする。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 東京(フェルメール展と上野... | トップ | 早くも師走 »
最近の画像もっと見る

旅日記」カテゴリの最新記事