ぶらぶら人生

心の呟き

一日仕事  (家のコスモス)

2008-10-17 | 身辺雑記

 昨日は、<一日労働者>になった。
 朝から、家の内外の掃除をしただけのことであるけれど……。
 しかし、私にとっては、かなりの労働であった。
 長い間、動かしたこともない洋間の大小のソファを移動して掃除をしたり、萎れ始めた紫苑を鎌で刈ってみたり……。
 掃除というのは、し始めるときりがない。
 明日のない人間のように働いて、夕方にはぐったりした。
 私は、実に要領の悪い人間だとつくづく思う。
 大邸宅ではないのだから、もう少し計画的に、自分の力を慮って、計画性をもってやればなんということはないのだ。それができない。

 草を刈るとき、背筋を痛め、どうなることかと思ったが、今朝起きてみると、意外に痛みは薄らいでいた。それより、平素使わない筋肉を労働のために使ったらしく、身体のあちこちが痛む。明日になれば治るだろうけれど。

 昨日は労働(掃除)が、今日は髪のお手入れが、一日仕事となった。
 昨日、働きすぎた疲労もあるのだろう。今日は心身ともに、快調とはいかなかった。

 パソコンを開くのも、夜になってしまった。
 今朝カレンダーをめくり、捨てる前に、16日分に記載してある印刷文を読んだ。
 <悲しみ苦しみは人生の花だ>
 と、記してある。
 坂口安吾の言葉である。
 読みつつ、そんな生き方は、私には至難のことだなと思った。
 悲しみは悲しみ以外のなにものでもなく、苦しみは苦しみ以外のなにものでもない。悲しみや苦しみを人生の花に昇華するなどでっきこない、それが朝の感想だった。
 夜の今も、その思いに変わりはない。
 安吾の言わんとすることは、理解できるけれど。
 この人生訓は、何に出ているのだろう?
 坂口安吾と言えば、「堕落論」「白痴」くらいしか読んでいないのでは?
 書棚から、文学全集を取り出して、ぱらぱら拾い読みをしてみたけれど、そんなことで、日めくりカレンダーに出ていた言葉が見つかるわけはない。

 ふっと『日本名言名句の辞典』(小学館)には出ているかもしれないと思い、<作家作品別索引>で調べてみ。
 坂口安吾の言葉は、かなりたくさん載っていた。
 もちろん、前記の名言も。
 出典は、『悪妻論』(昭和22年)ということも分かったが、私の持っている坂口安吾集の中にはその作品がない。
 どういうくだりに、その名句が出てくるのか、今は調べようがない。探してまで読もうという気はないけれど、何かの弾みで『悪妻論』に出会えたら、読んでみようと思っている。

 夕刻、家に帰ってみると、今朝はまっすぐ立っていたコスモスが、お辞儀の形をして、私を出迎えてくれた。<お帰りなさい>と言わぬばかりに。(写真)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« テリハバンジロウの実 | トップ | 与勇輝の人形 (「ごめん下... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪妻論 (鳩川)
2008-10-18 16:00:55
こんにちは。
秋も深くなりました。ご無沙汰です。
安吾の悪妻論はここに出ています。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42868_27482.html

人はなんでも平和を愛せばいゝと思ふなら大間違ひ、平和、平静、平安、私は然し、そんなものは好きではない。不安、苦しみ、悲しみ、さういふものゝ方が私は好きだ。
 私は逆説を弄してゐるわけではない。人生の不幸、悲しみ、苦しみといふものは厭悪、厭離すべきものときめこんで疑ることも知らぬ魂の方が不可解だ。悲しみ、苦しみは人生の花だ。悲しみ苦しみを逆に花さかせ、たのしむことの発見、これをあるひは近代の発見と称してもよろしいかも知れぬ。






Unknown (ふゆ)
2008-10-22 13:05:19
 久しぶりにパソコンを開け、コメントいただいていることに気づきました。「悪妻論」の紹介、ありがとうございました。
 早速、全文を読みました。文脈の中でみると、安吾の意図がよく分かり、その考え方を面白く思いました。

 過日は、アンドレア・ボチェッリの「枯葉」を聞かせていただいたり、今日は、八ヶ岳とコスモスの風景写真、詩<秋の蟷螂>、トチの実の話など、楽しませていただきました。

 ススキの揺れている画面もあり、八ヶ岳南麓の秋の深まりを感じました。
 揺るがぬ山と可憐で儚げなコスモスの取り合わせが、とてもいい雰囲気ですね。

身辺雑記」カテゴリの最新記事