ぶらぶら人生

心の呟き

12月5日

2018-12-05 | 身辺雑記
 朝、ブログを開けると、いつものように右隅を見る。
 そこには、ブログ開設からの日数が、記されている。
 今日(12月5日)は、[4635日]とある。

 4000日に気づいたときが、<何年何月何日>であったか忘れたが、そのとき、5000に達するのは無理だろうな、と思った記憶がある。
 今朝、[4635]という数字の並びを見、一年分の[365]をプラスすれば[5000]になることに気づいた。
 ちょうど一年先、つまり、来年の今日がその日に当たるのだ。
 そこまで近づいたのか、と驚く。
 しかし、近そうで遠い日数である。

 若いときなら、わけなくたどり着けるだろう。
 が、85歳の私にとっては、楽々生きられる日数である。
 過ぎた一年は、瞬く間であったが、老境にあっての一年先はずいぶん遥かだし、どういう状況でその時を生きているのか、皆目見当がつかない。

 なるようにしかならないですね。
 考えて見ても仕方のないことですね。
(独り言)

         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 昨日、庭をきれいしていただいたので、かえって落ち葉が気になり、箒を持って庭に立つ。すぐまた、はらはらと散る落ち葉ではああるけれど。

 ツワブキの陰で見えにくかった藪柑子の実が、覗き込まなくても見えるようになった。
         

 クロガネモチの実は、たくさん寄り集まって赤くなっていた。
 剪定の折、一部の花を残してもらったのに、その後、観察を怠っていた。
         
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 庭が喜んでいる | トップ | 歯科医院へ »
最近の画像もっと見る

身辺雑記」カテゴリの最新記事