続・くさかんむりは六画

つらつらと記すモノなり

寺尾ふりかえる

2019-09-09 19:18:16 | ボドゲ
ひさびさのクソ長文&走り書きでさ、読みにくいと思いますm(_'_)m


先日【寺尾民具間亜頭】でひっさしぶりの勝利を果たし、とっても気分が良いので、忘れぬうちに書き留めておこうと思います。

企業:「ストームクラフト」
浮遊体を溜め込める。自身のカード上の浮遊体は一つにつき、温熱トークン2つ分と見なす。
プレリュードカード、2枚
「金属企業」:鉄とチタンとお金の産出が各1上がる
「研究ネットワーク」:ワイルドタグ!カード3枚引く、お金の産出1上がる

手持ちカード6枚
きちんとは忘れたけど、この時点で共同研究(ワイルドタグ!)があり、その他に木星タグカードが複数枚あったことから、称号「外縁入植者」を取りに行く&木星のカード点で勝利を目指す方向でゲームに臨もうと思いました。

一世代目
上家がサターン!サターンは他人を含む木星タグカードのプレイごとにお金の産出が上がる企業で、ワイは完全に敵に塩を送るカタチになる((( ;゚Д゚)))。
でも、ここから頭を切り替えて企業やらプレリュードカードやらを選び直すのはワイには無理(ルール上許されてるかは不明)。
木星カードは中盤以降じゃないと連発できないからと、割りきって初志貫徹。
プレリュードで引いた3枚に2タグの使いやすそうなの発見!運が良ければ称号2つ目もいけそうと感じました。
1巡目に「極地の藻類」を、2つ目の称号の布石に打ち、2巡目に称号「外縁入植者」確保。

二世代目
初手番。「好極限性細菌」と「ラグランジュ観測所」で4タグ、一世代目のカード(植物)、企業タグ(木星)、ワイルドタグ2つで合計8タグ完成し、2つ目の称号「多角経営」確保。
科学タグがワイルド込みで3つになったので「ラグランジュ観測所」で引いた「AIセントラル」を絶対早めに打つことを決めました。

三~六世代目
序盤はお金の産出で他プレイヤーに差をつけられ、ドラフトは自分に利があるカード優先でピック。他プレイヤーの邪魔はほとんどしてる余裕なかった。でも「蟻」だけはカット(笑)。

盤外点しか取っていないと、寺尾民具レートが全く上がらず木星系の高額カードにたどり着けない不安があったところに「軌道ホテル」「人工衛星」を(ワイルドタグのおかげで)効果的に打つことに成功。これでMC産出+11。
標準プロジェクトで発電後「AIセントラル」で手札管理も楽になる。
その後「質量変換機」で発電力を6つ上げて交易しやすくなり、さらに「研究コロニー」でTRITONに2つ目のmyコロニー設置。事実上のTRITON独占に成功しました(他プレイヤーが交易でチタン1つ受けとると自動的にワイにチタンが2つ降ってくる。誰も行きたがらないから、ほぼワイのモノ)。「宇宙ステーション」で宇宙タグカードのコストが合計マイナス4となり、木星カードが打てそうな態勢になってきました。
あとは科学タグ・宇宙タグ・木星タグの勝利点付きガーデンやコスト軽減カードを中心に準備を整える。
ときどき盤面にも目を向けて、植林したり温度を上げたりチタン産出上げたりもしましたよ。
あと「好極限性細菌」のトークンと企業カード上の浮遊体などで勝てると踏んで、褒賞「偏心王」にエントリー。
よほどのことがなければ1位は確実と目論み1stエントリーできたのが有り難かった!
金星の開発に1回だけ貢献し「成層圏の鳥」で累積VP手段を得たころに、ゲームは終盤に向かうのでした。

七~十世代目
とにかく「AIセントラル」で盤外点になりうるカードを確保、生産力上げるカード等は売却。
「ワープ航法」で宇宙タグカードのコストは合計マイナス8金となり、毎世代産出と交易で4~5個のチタンを獲得し、お金のやりくりにメドが立ってきました。
「テラフォーミングガニメデ」「タイタンよりの窒素」「大輸送船団」と大型カードを連発して盤外点を稼ぎ、駄目押しの「商業特区」で3vp確定。
最終世代に褒賞「宇宙王」にエントリー、これは宅さんの助言がなければ見逃してました(^o^;)。

ゲーム終了時のTRは最下位の「35」
称号と褒賞で「55」
盤面点を加えて「62」(商業特区込み)
盤外点37点を足して「99」だった気がする。
得点より順位が大事と思ってるので、あまり自信ないけど概ね合ってると思います。

上家の「サターン」に木星タグカードが回らなかったのと、チタンがなまらエラくなってた対面の「フォボログ」にカード運で勝ったのと、地上戦を仕掛けてきた下家の「トールゲート」がドラフトで苦しんでたのもあり、九世代目には8割方勝てたかな~って感じでした。でも盤面にさわってないのは心情的に不安でした。終盤にどんどん森も都市も増えていったしね(^^;。

環境変わったのもあるけど「カード集める&木星タグ集める&高コストのカード連打」以外の勝ち方が分からないので、次は他の勝ち筋も模索してみたいなぁと思いました。

※この勝利を、ワイルドタグカード2枚というチート級の初期手札を授けてくれた【宇宙の創造神・イタンシャー】に捧げます。

「加ぁ齢ぃ」orz








コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 霊能力者 小田霧響子の嘘 | トップ | 秋だねえ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TAK)
2019-09-10 17:23:42
完勝でしたな。褒賞のだめ押しもあって、ぐうの音も出ないっすわ。
今回は、序盤の日和りと若干のプレイミスとコロニープレイしてみたかったのとで上手く立ち回れなかったわ。
良いとこ無しで同宅の皆様に申し訳無いっす。
もう少し精度上げてプレイ出来る様、精進致しますです。
うごぁ~ (異端者)
2019-09-13 08:03:02
プレリュードカードと選択企業は良かったはずなのだがだが…

あまりに良すぎたためヘイトを買ったのか人間力が無かったのかトホホ。
Unknown (oyot)
2019-09-13 08:43:39
たまぁ~に勝ったので大目に見てちょ( 〃▽〃)

イタちゃんが中盤から伸び悩んだのは両隣にドラフトで締めつけられたのかも。
ワッチが隣ならノビノビできたかも知れないねぇ('~`;)

卓さんのほうが勝率半端ないわけで、ニンゲンリョクは卓さんのほうが上回ってるに決まってらぁ

コメントを投稿

ボドゲ」カテゴリの最新記事