HITO-OMOI(ひとおもい)

旧作をアトランダムにアップしていましたが、16年秋から約7年ぶりに作歌を再開しました。ようやくペースが戻ってきたかな。

あの人の言葉想いだす 夕焼けの高瀬川 その1 3640首目

2017-05-16 03:46:41 | 短歌


      


キミが待つホームにたどり着くためのみっつの下り自動階段(新作)





このシーンで中村ゆりが言う台詞。「ちょっとだけ、思てます。」・・・この関西弁は脳髄にひびく。恥ずかしながら、たまらない。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都の女は 生きるために泣... | トップ | あの人の言葉想いだす 夕焼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌」カテゴリの最新記事