HITO-OMOI(ひとおもい)

ひとを、ひととき、ひとへに想ふ短歌がメインのブログです。作歌歴約二十年、かつては相聞(恋歌)、現在は専ら雜詠です。

4430首目・・・白星が

2022-01-12 00:00:00 | 短歌

「白星が流るるとかや川抱(いだ)く四股名の関取失せにけるかも(新作)」


まぁ、相撲通なら大抵知ってる部類の話だろう。

かっては、相撲通を自認していた。何せ小学校低学年から、雑誌『大相撲』を毎月隅から隅まで読んでいた。

最高の贔屓だった北天祐が引退する頃までは、幕内力士の顔と名前が完全に一致していた。取り口も頭に入っていた。

そんな相撲に対する興味が、ほぼなくなったのは、朝青龍が「居なくなって」からだ。


【番外】
「浅瀬川広川藤ノ川大竜川昭和の最強関脇長谷川(新作)」


さて、川をお題にもう一首。

かの大鵬の連勝記録と言うと、45連勝。だが、テレビで流れるのは、連勝ストッパー戸田(後の羽黒岩)との取組ばかり。

まぁ、この一番を契機として、後にビデオ判定が導入されたから尚更だろうが、、。

されど、大鵬は、(これまた立派な)34連勝を、2回も記録している。2度目の連勝ストッパーが『浅瀬川』だ。この一番は、テレビでみていた。

戸田ほどのスピードのない浅瀬川なのに、なす術なく、じりじり寄りきられた。全く大鵬らしくない取組だった。

その3年ほど前のストッパーも『前田川』!。だが、こちらもテレビで見ていたはずだが、記憶が鮮明ではない。(前田川は、知っているのたが、、。)

さらに、話は続く。3回目に挑んだ35連勝を達成したときの対戦相手が『長谷川』!そして36連勝目が『藤ノ川』!(もちろん初代藤ノ川。『服部』に非ず。)であった。(そのまま連勝記録は45まで伸びた。)

不尽


コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 4429首目 大学ラグビー選手... | トップ | 4431首目・・・新しき »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (pinokio)
2022-01-12 14:14:36
フォロー有難うございます。
宜しくお願いします。
by 庭あそびパワースポット

コメントを投稿