週末はアルビレックス!

サッカーど素人ながらアルビレックス新潟にはまりこんだ「八百政」家のアルビレックスな週末。(コメント表示は承認制です)

サポの心が荒んじゃいけない!

2018年04月16日 | アルビレックス新潟

チームに結果が出ないと、どうしてもG裏のサポーターの気分も滅入ってしまいます。「拍手多め!ため息少なめ!」が、いつの間にか「ぼやきだらけ、愚痴だらけ」になり、終いには「捨て台詞を吐いてスタジアムを後にする」って構図。これじゃぁ選手のハートを鼓舞できるはずもありません。まさに負のスパイラル。

昨日のグリーンスタジアムでの栃木戦、ボクの隣で若いアルビサポカップルが観戦しておりました。20代半ばくらいでしょうか。男性の方はサッカーに関して経験や知識がおありのようで、応援の合間に時々彼女に、「今のプレーにおける選手の意図は…」みたいな解説をしながら観戦をされていました。まぁ、よくあるスタジアムでの微笑ましい光景です。

ところが、後半になってアルビが立て続けに相手のロングスローから失点したあたりから、彼氏の様子が変わります。あからさまに愚痴や舌打ちが多くなり、コールもまったくしなくなりました。と同時に、ボクらの後方で応援されていたボクらと同世代のご婦人サポの、大きな声での選手への鼓舞が耳につくようになります。「ほら、そこ!○○しなきゃダメでしょ!」的な内容です。まぁあの試合終了までわずかの時間帯、2点ビハインドの状況下で、それぞれのサポーターがそれぞれの気持ちを抱き、それを言葉にしたり態度にしたりして選手に向き合っていたのは間違いありません。ボクらも同様です。それがあのアディショナルタイムにおける安田の「意地の一発」に繋がったと信じています。

しかし、彼氏の青年の捉え方はちがったようです。ゲーム終了のホイッスルが鳴り、栃木の黄色いユニを着た選手たちが疲労でピッチに倒れ込むと、彼は一言捨て台詞を残してそそくさとスタジアムを去りました。「後ろのババァのせいで負けた」

敗戦によってサポーターの心は荒(すさ)みがちになります。連敗はなおさらです。しかし、それじゃぁいけない。悔しいのは分かる。憤るのは分かる。ボクらだってそう。だけど、それによって心が荒んでしまったら、週末に地元の愛するサッカーチームを応援することが、自分の人生にとってつまらないモノになっちゃいます。青年の姿を間近に見ていた彼女がどんなことを感じ、2人の関係がどんな風になっていくんだろうか?と少し心配しているところです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 勝ったり負けたりしたい! | トップ | 出てこい!流れを変える男!... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうにも・・・ (千葉在住アルビサポ)
2018-04-17 08:39:39
八百政さん、私の近くにも同類の輩が居ましてね。スタメン発表の時点から「坂井いらねー」「鈴木辞めろ」と連呼にたまがされました!「これから闘うってのにどうよ」と周りの目・目・目。
で、負けて更にヒートアップ。挨拶時には所謂クソミソ罵倒。。。言いたい気持ちは分からんことも無いですが、我慢の限界に達した気短な私は思わず「居らねー奴なんていねーぞ!みんなガンバレ!」と一声。嫁からは「煽るの止めてよ!」と諭される始末。
どーにも押さえられませんでした。
反省。
もうこんな気持ちになりたくない!させないでください!監督も選手も、そして私を含めサポも。
闘え!ニイガタ!
応援スタイル (聖籠のしょ!)
2018-04-17 13:02:35
アウェイでの応援、ありがとうございます!
私は今期、全くアウェイに伺っておらず頭が下がります。

んー、にわか解説者みたいな方は確かにアチコチにいらっしゃいますね!
あれは他人に聞いて欲しい、のですかね?

まっ、応援スタイルはさまざまですから良い悪いは言えませんが…正直「ウザイ!」です(^O^)

今の成績や内容だと、愚直やため息も出ます。
週末は楽しみに試合を観に行くのに、負け試合ばかりじゃぁー心も荒れます。
やってる選手も大変だとも思いますが、お金を払って観に行く、ましてやアウェイにまで大人数で足を運ぶサポーターに対して、プロらしさを発揮して欲しいとも思います。

今は、監督、選手、サポーターがバラバラなような気がしますね。

気持ちは「J1 昇格」しかないはずなのに!

心を一つに応援が出来る環境を選手とサポーターが築けると良いですね!

次節のオレンジダービーには勝ちましょう(^O^)⤴
勝利こそが解決策なんだけど (八百政)
2018-04-24 04:40:51
>千葉在住アルビサポさん
きっと周りには「スカッとジャパン」気分の方もいらっしゃったのでは?
まぁ、彼らも彼らなりに新潟愛なんでしょうけどね。

>聖籠のしょさん
いったいいつトンエルを抜けることができるのやら…。
「次こそは」と信じて、今週末を迎えたいと思います。それまでに心を整えよう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アルビレックス新潟」カテゴリの最新記事