親子の面会交流を実現する全国ネットワーク

私達は、親子が自由に交流出来るよう、面会交流権の拡大や共同親権・共同監護社会の実現を目指して活動しています。

破綻した国際夫婦の子の返還 早い条約加盟図る 外務省(朝日新聞)

2011年01月31日 04時20分41秒 | Weblog
●破綻した国際夫婦の子の返還 早い条約加盟図る 外務省 (朝日新聞)
 平成23年1月26日

http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY201101260512.html

 国際結婚が破綻(はたん)した夫婦間の子の取り扱いを定めた「ハーグ条約」について、外務省の佐藤悟外務報道官は26日の会見で「できるだけ早く関係省庁との調整を終えて、加盟できるようにしていきたい」と早期加盟を目指す意向を明らかにした。

 ハーグ条約加盟国同士では、一方の親が相手に無断で子を国外に連れ去った場合、子の返還を請求できる。米政府などは、日本人の親が子を無断で連れ帰るトラブルが増えていると問題視し、日本政府に条約加盟を求めている。

 菅直人首相は春の訪米時に一定の方針を米側に伝えたい意向とみられ、関係省庁の副大臣級会議を新設し、検討を進める。菅政権内には法務省を中心に「日本人の親が不利な扱いを受ける恐れがある」といった慎重論がある。(2011年1月26日21:46)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ●「ハーグ条約機に共同親権導... | トップ | ●国際離婚問題 子の福祉を優... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事