親子の面会交流を実現する全国ネットワーク

私達は、親子が自由に交流出来るよう、面会交流権の拡大や共同親権・共同監護社会の実現を目指して活動しています。

●公明党 共同親権制度導入でPT(プロジェクトチーム)を設置

2010年11月25日 04時49分22秒 | Weblog
公明党 共同親権制度導入でPTを設置
出典:公明新聞 平成22年11月19日
(公明新聞は、公明党機関紙局が発行する日刊機関紙)

公明党政務調査会(石井啓一会長=衆院議員)は18日、衆院第1議員会館で部会長会議を開き、「共同親権制度導入検討プロジェクトチーム」(PT)の設置を決めた。
 離婚後、親と別居した子どもの交流が絶たれる事例が増えている現状を受け、離婚後の親子の面接交渉権確立を含めた共同親権制度の導入に対する環境整備について、本格的に検討を進めていく方針だ。
 同PTのメンバーは次の通り。

顧問 松あきら
座長 大口善徳
事務局長 高木美智代
~~~~~~~~~~~~
大口議員(参議院議員・東海ブロック比例代表)の政策秘書は、国会勉強会にも数度参加され9月の議員会館陳情では、ハーグ条約批准問題も詳しく話されていたとの事です。
~~~~~~~~~~~~
(他党の状況)
自民党法務部会でも、11月18日にハーグ条約がとりあげられました。
外務省、法務省を呼んでヒアリングが行われています。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ●『面接交渉』→『面会交流』... | トップ | ●外国人家庭の争い迅速解決へ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事