親子の面会交流を実現する全国ネットワーク

私達は、親子が自由に交流出来るよう、面会交流権の拡大や共同親権・共同監護社会の実現を目指して活動しています。

改正民法、実効性乏しく 子との面会、養育費 (2012,9,9 読売新聞)

2012年09月09日 16時12分36秒 | Weblog
法務省の初の集計結果によると、民法改正後の離婚届け(協議離婚)について、子との面会交流、養育費についての取り決めがあったのはそれぞれ全体の48%,49%に留まっていたとのことです。

水野紀子(東北大教授(民法)の談話で、欧米・韓国では養育計画を裁判所が許可しないと離婚が認められず、日本の離婚制度がいかに子の福祉にかなってないかが指摘されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Children First シンポジウム | トップ | 給食中 強制引き離し 学校... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全く酷い話です! (ころりんパパ)
2012-09-27 03:30:45
「子供は自分の所有物、離婚して親権を取った以上は
 非親権者に対して復讐あるのみ」といった自己中心
的な感情のままに行動することが許されているのが
「日本」という法治国家の現状です。
あまりに酷すぎます。 
子供の気持ちと未来を考えれば面会交流と養育費は
セットで論じられるべきことであるのは自明です。
しかしながら、一刻も早く欧米各国と韓国等の法治
先進国のレベルに到達する為には法制度の整備と
人間力の向上が欠かせないと思うのはまだ一部の
日本人しか認識できておらず、事態は絶望的ですね。
相談するところがない (パ~ぱ)
2012-10-06 03:50:52
離婚が成立して1年半経過しましたが、とうとうこちらからの連絡を無視するようになりました。
男女共同参画の活動内容に重大な問題があると思います。各自治体にある女性センター系の施設での指導内容の調査。ある政党の議員、宗教団体の関与、日弁連、自治体を巻き込んだ仕組みの解明と正常化。DV防止法の欠陥はもちろんです。
この法律を作ったのは小宮山洋子先生でしょうか?必要な法律ではあっても、この運用実態を知っていて放置したのであれば、国会の招致喚問を求めたい。

Unknown (くろきり)
2013-05-26 09:36:55
養育費の事についてだけ法律が改正され…
非親権者が子供と『会う事』だけは何も改善がないですね。
公正証書や調停調書で養育費や子供と『会う事』について
取り決めをきちんとしても、子供と『会う事』にだけは…
拘束力が弱く、非親権者は泣き寝入りをすることが多く感じられます。
実際に私も、元妻の嘘で子供たちに会えなくなりそうな
事態になりました。
(私は養育費を離婚調停時の「調停調書」作成時に
取り決め、その通り支払っています)

私が離婚調停時に調停の監査官に聞いた時です…
子供との面会について、親権者が約束を何度も破ったらと
聞いた所「その都度面接交渉権の調停を申し立てればいい」と
言われました。
そして、「間接強制等の措置を起こすと子供の会えなくなる」と脅されました。
こういう事も考慮した法律改正を是非とも国会で議論して頂きたいなと
痛切に思っております。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事