広島の山歩き(日記)

主に、広島の山を歩いています。
山のカテゴリーは「ひろしま百山」に準じています。

2018.4.14:消えた三ツ石尾根ルート

2018年04月13日 | 広島県西部(大竹・佐伯)地方

三石尾根ルートがあるという話は、それとなく知っていた。

この度、行きませんかと誘われたので、ネットで色々と情報を探した。しかし、立ち入り禁止になった四ノ宮コースは、ちらほらと情報が見つかるが、この三ツ石尾根ルートは、ほとんど見つからない。探し方が悪いのか、皆無に等しい。

宮島の公式ルート(紅葉谷コース、大聖院コース、大元コース)では無いにしても、これほど情報のないルートもない。

船の上で、三石尾根を確認。左の谷間にロープウエーが見えるので、その右手の尾根が三石尾根だろう。

港を出たのが8時45分。車道を歩いて、博打尾尾根のとりつきに着いたのが、8時56分。

稜線に出たのが、9時2分。ここから緩やかな尾根道を歩き、9時17分、紅葉谷からの登りと合流する。

途中、見晴らしの良い所で、尾根を確認。左が三石尾根、右が獅子岩駅付近、右端が弥山。

ここからはやや急な尾根を登り、途中、包が浦への分岐を左に見ながら、さらに登ると、ロープウエー榧谷駅の手前のピークに着いたのが、10時1分。

昔と違って、この道は格段に歩きやすくなった。

榧谷駅の下をくぐり、少し登ると右手に三ツ石尾根の分岐がある。10時12分。もちろん標識も何もない。あるのは踏み跡だけ。

ここの石の上でで少し休憩し、さて本日のメインルート。情報がほとんどない三石尾根は一体どんな感じになっているのか?ちょっとワクワクする。

10時25分、これが三ツ石のいわれか、

薄い踏み跡を追っていき、緩やかな下りを標高差60m位下ると、踏み跡は尾根から外れ、やや右にそれる。この辺りから赤テープが頻繁に表れるから、歩く人もいるようだ。

地図を見ると、ここから急斜面を降りて下のベロ尾根に降り、北に向かう主尾根に続いている。

木を掴みながら降りる急斜面の途中、展望が開ける。およそ標高差50mも下ると、やや緩やかになる。

ややゆるやかになってからは、掘れた道に、両側から押し寄せるシダの枯葉。膝とか腰まで草が来るのはよくあるが、顔までくるシダの枯葉をかき分けたのは初めてだ。標高246m辺り。

人が歩かなくなると、こうもなるか。もう勘弁してほしい。見える倒木もあちこちにあるが、シダの中に見えない倒木や切株もあるので、用心しながら歩く。

標高130m辺りまで下ると、高木樹林帯で地面に日がささず、さすがにシダはなくなるが、枯葉が多いので、滑らないように注意して下る。

尾根の末端に降りたのが、11時22分。標高70m位の所。写真の右が尾根の終端

目の前には大木がある。なにやら霊気を放っているような大木。観光コースからは離れているので、普段は誰も来ない静かな場所に、立っている。

目の前の説明書きを見るとかすれた文字で「久久能智の聖木」と書いてある。

ネットで、広島大学デジタル博物館によると、

  • 紅葉谷に生えているモミの木のひとつ.
  • 立札には,「宮島で一番美しい木であり龍昇の神木と言われています ご聖霊は『出雲大神様 八大龍王神様』」とあるが,出典は不明で公式の案内ではない.
  • 宮島に生育するモミとしては比較的大きい部類に入るが,最大のサイズではない.

とあるが、なかなかいい雰囲気で、三石尾根はもういいが、ここはまた来てみたい。本日の最大の収穫はこれかもしれない(笑)。

ここからは川を横切り、川向こうの紅葉谷コースの遊歩道に戻る。

11時31分、紅葉谷駅への分岐の傍に、ベンチがあったので昼食。余計なことだが、テーブルの隙間からトマトの芽が出ていたのにはびっくりした。

昼食をしながら行きかう人々を何気なく眺めていたが、そのうちの大半が外人であることに気が付いた。

見ると、日本人は、まず大抵ロープウエーの駅に行く。

紅葉谷を歩く人は、ほとんど外人。外国の方はのんびりと歩き、自然を楽しもうとしているように見受けられた。つまりは、自然との楽しみ方の文化が違うのだろう。

そういえば、先日博打尾根で、レジャーシートを敷き、その上でのんびりと寝転がって読書をしている白人の青年を見かけたっけ。

さて、このコースは、現状では初心者はやめた方が良い。もっと人が歩いて、シダが刈られ、ルートが明確になり、ロープが張られるなどコースが整備されれば大丈夫かもしれない。

相棒からのメールでは「そう難コースでは無い感じですが、一応 ロープと簡易ハーネスかスワミベルトとカラビナ、ザックへ入れておきます。」と言うことだった。一応私も、念のためにシュリンゲとカラビナを用意していったが、出番はなかった。ありがとうございました。

最後に、同行者のまるさん(ハンドルネーム)が、この時の動画をYouTubeにアップ(宮島三つ石尾根を降りる)されましたので、紹介します。

沿面距離:6.2km、所要時間:3時間37分、累積標高:523m、

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ジオグラフィカとYAMAP... | トップ | 2018.4017:猿の大群と遭遇(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

広島県西部(大竹・佐伯)地方」カテゴリの最新記事