おやじ趣味ですがナニか? ~It is a hobby like old guy, but what?~

当ブログは東京2020オリンピック・パラリンピックの
オフィシャルパートナーでは
ありません(だからどうした!?)

タニタカフェ監修 オーガニック 無調整豆乳+MARUCHAN QTTA ガーリック&ペッパー味

2020年02月16日 20時48分32秒 | 料理は挑戦だ!:豆乳を入れたら大体のモノはうまくなるのか!?



【特別企画第七弾】
日清派の私が挑戦!
マルちゃんのQTTAを全種類食べつくす!

〜#16 ガーリック&ペッパー味〜



私が仕事の拠点としている
虎ノ門の事業所には
昨年の後半より
ミャンマーからの技能実習生が
2名勤務している。

いずれも
23歳前後の
可愛らしい女性。

二人とも本国にいるときから
日本語を学んでおり
来日してからも
社内の日本語研修を受けているため
日常会話はそこそこできる。


勤務の終わりに日々
レポートを提出してもらっているが
日本語の文法はほぼ理解しているし
漢字も書くことができる。

日本語以外
不得手なオジさんは
ただただ感心するばかり。


ちなみに
休憩時間における
彼女たちの会話は
もちろんミャンマー語で
こちらはチンプンカンプン。

でもときどき
その内容を日本語で
説明してくれる。


イマ
ワタシタチハ
ミャンマーノ
スイーツノハナシヲ
シテイマシタ♪

ソレハ
トテモアマクテ
オイシイデス♡



そして
こちらがその料理に興味を示すと
後日作ってみんなに振舞ってくれる。

そんな気遣いができる
ミャンマーの子たちのメンタリティは
私たちに非常に評判がいい。


さて
今まで何度かごちそうになった
彼女たちお手製のミャンマー料理。

どれもがおおむね未体験の
どこの国にも当てはならない
エキセントリックなテイストで
いかにも

異国の料理

って感じで
新鮮な体験だった。


逆に
日本料理の感想を訊くと
予想どおりで
全般的に甘いとのこと。

そりゃそうだよね
ミリンや砂糖を使った料理が多いんだもの
辛い味付けが主流の彼女たちからすれば
デザートをおかずにごはんを
食べているようなものかも。

ところが
ラーメンは口に合うようで
寮の近くのお店で
たまに食べているとか。


そんな彼女たちが教えてくれる
ミャンマー語の発音が
超激ウルトラ難しすぎて
一生マスターできそうにない私が
選んだ今回のQTTAは…



ガーリック&ペッパー味


これは
QTTAには珍しい
塩味ベース。

そこに
ニンニクとコショウをきかせた
あっさり系でありながらも
パンチもありそうな期待の一杯。



とりあえず
フタをめくってみる。


目に入ったのは
ダイス状にカットされた
赤と茶色の物体。

ちなみに
“目に入った”といっても
ブツが飛び出して眼球を傷つけたって
わけではないので誤解なきよう(←誤解するか!)。



なお
入っている
具材の詳細は

味付挽肉
たまねぎ
フライドガーリック
トマト加工品


の4種類。


フタを開けた瞬間から
ニンニクの香りが立ち上り
激しく食欲を刺激する。


いつもの通り
豆乳を3倍に希釈して火にかけ
沸騰したらカップへ注ぐ。

そして
3分間の湯戻しタイムが
終了し…



できあがり!


温められたニンニクの
さらにパワーアップした匂いが
湯気を伴い鼻先をかすめる。


これって
絶対にうまいヤツだ
そして絶対
朝に食べちゃダメなヤツだ…



私の予感は
確信へと変わった。

当日が休日で
本当によかった。


うわっ
ニンニクくさっ!



近くにいた家内が
思わず口走った。


いただきまッス!



塩味ベースのスープと豆乳は
盤石のコンビネーション。

互いに互いを
引き立てあい
奥深いコクを醸す。


そこを舞台として
ニンニクとコショウが
遺憾なく暴れまわる。

しかしその陰には
バジルの風味もあって
どことなくイタリア寄り。

さらに
具材のトマトと挽肉が一層
イタリア感に拍車をかける。



そんなスープと具材が
絡まった幅広麺は
もはやパスタ。

いつもの麺が
今回は不思議と
フェットチーネのように思えてくる。

ツルっとして
モチモチで
喉越しよくて
調理時間3分のお手軽な
なんちゃってパスタ。


これって
定番化しても
イイんじゃね?



そう思うほど
おいしい。


この一杯を
前述のミャンマーの子たちに
食べてもらったら
どんな感想を抱くだろう。

心根のやさしい彼女たちだから
それほどでなくても
きっと


オイシイデス (-´∀`-)



いってくれるような
気がする。


老婆心ながら
彼女らが日本にいる間に
日本製カップ麺のおいしさに
目覚めないことを祈る。

なぜなら帰国後
“カップ麺ロス”に陥っても
われわれはどうすることもできないから。

つくづく
カップ麺は罪なヤツ
だと思う。


「ボクはつくづくオマエがアホなヤツだと思うけど…」


コメント   この記事についてブログを書く
« タニタカフェ監修 オーガニッ... | トップ | おいしい無調整豆乳+MARUCHA... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。