おやじ趣味ですがナニか? ~It is a hobby like old guy, but what?~

当ブログは東京2020オリンピック・パラリンピックの
オフィシャルパートナーでは
ありません(だからどうした!?)

ジョナサン@西葛西「若い頃、仕事で知り合った男性たちと逢瀬を重ねていたらしい母親」

2019年09月23日 09時22分13秒 | B級グルメ迷走記:洋食・ファストフード・ファミレス



以前より母から
休日に会って

ハイボールでも
呑みながら


互いの
近況報告をしようと
誘われていた。


どちらも休日出勤があったりと
うまく都合がつかなかったが
ようやく昨日会うことになった。

落ち合う場所はもちろん
老母が暮らす
都内最東端の区 江戸川にあり
荒川や中川を渡った地
ザ・リトル・インディア


西葛西(ウチから遠いんだ…)


お昼12時ジャストに
西葛西駅で合流し
いつものジョナサンへ。


 サントリー ザ・プレミアムモルツ 生ビール・ジョッキ 499円(税抜)


まずは
生ビールで


カンパーイ (・∀・)/


秋分の日イヴの昨日
陽射しはかなり強いものの
空気はカラッとしていて
最高の生ビール日和。

プレモルで喉を潤し
一息ついたとき
メニューを眺めていた母から
この…


 粗挽きソーセージのグリル 399円(税抜)



こちら…


 ケイジャンフライドチキン・2ピース 399円(税抜)


“肉食系”メニューの
リクエストを受ける。

相変わらず
肉好きな母を尻目に
“草食系”の私が
選んだ一品は…


 蒸し鶏とたっぷりキャベツのおつまみコールスロー 250円(税抜)


という
母親から


オマエは
ウサギか!?




ツッコミが入りそうな
一皿だった ( ̄▽ ̄”)ゞ


それにしても
さすがは“わが母セレクト”
このケイジャンフライドチキンが
ピリ辛の熱々でやたらとうまい。

これがビールに
合うも合わないもない!
(どっちや!?)

速攻で
ジョッキがカラになったので
お互いにハイボールへと
チェンジ・ザ・チャンポン。


 サントリー角ハイボール 399円(税抜)


来週の金曜日
ムトウさんと
カラオケに行くのよ…



問わず語りに
母からの報告。


二人で?


ここで息子は
確認すべき点を
キッチリと問う。


そりゃそーよ!


なにが
“そりゃそー”なのかは
不明だが要するに
カラオケデートをするらしい。

母好みの
“背が高く”
“歌が上手”

“7歳年下”
のムトウさんとの
お付き合いは順調の様子。


だけど
チューしたのは
1回だけよ!



以前にその件を
母から聞かされて
大笑いした私。

それを気にしてか
言い訳がましい
牽制球が返ってきた。

まあしかし
母が楽しそうで
息子としてはうれしい限り。


 ハウスワイン 白・デカンタ 299円(税抜)


でもムトウさんって
若い頃は出張が多くて
一度も子供を抱いたことが
ないんだって…



突然
母親の表情が
曇りだした。


そんなことって
考えられる?



それを聞いて
お母さん
ガッカリしちゃった…



ムトウさんはもう
ただのカラオケ仲間って感じ



何気ない発言が元で
母の気持ちはムトウさんから
離れつつあるようだった。


 フレンチフライ トリュフ塩仕立て 399円(税抜)


新しい
ボーイフレンドを
探せばイイじゃんw



苦笑いのまま私は
母に適当かつ無責任な
助言をした。


 カラマリフリット 250円(税抜)


 コリッコリ!!なんこつ唐揚げ 250円(税抜)


なおも
母の勢いは衰えず
亡くなった父にまで
話題がおよんだ。


一番上の姉さんの紹介だから
仕方なくお見合いしたけど
お父さんのことなんて
一度も好きだと思ったこと
なかったわ!


そんな
爆弾発言まで
飛び出す始末。

ヤキモチ焼きで
酒グセが悪く
了見の狭い亡きダンナへの
バッシングはしばらく続く。


ホント
お父さんのこと
全然愛してなかったわ!



母が一方的に話しているので
私はおつまみを食べながら
ワインを呑むしかなかった。



あっ
メール♡



女性の
カラオケ友だちからの
着信らしい。


ただ今
息子と呑んでますって
返信しておこっと♡



その息子は
母のストレス解消の相手をするために
呼び出されたことを痛感していた。


 ハウスワイン 赤・デカンタ 299円(税抜)


もう
勝手にワイン
頼んじゃお…



最近
アルコールを控えていたのに
私は全然酔った気が
しなかった。


お母さん
昔っから男には
困ったことなかったのよ



ついにまた
母の“若い頃のモテ自慢”が
始まった…。


 ビーフカットステーキ・140g 1,099円(税抜)


母は20代半ばから
ヤクルトレディをしていて
丸の内あたりのオフィス街が
母のテリトリーだった。


男のお客さんに人気があってね
いろんな人から
しょっちゅう食事に
誘われたのよ

誘われて
呑みに行かなかったの?


行ったわよ

実は
ホテルにも
行ったんじゃないの?


5回に
2、3回くらい
はね…

い、行ったんだ ( ・ᴗ・; )



ヤクルトを売ることで
客の腸内環境の改善に貢献しつつ
密かに客の欲望環境の改善にも
貢献していた母。


まだまだ
話してないことは
一杯あるのよ



朗らかに笑う母は
3日前に77歳になった。

この老母の
いまだ明かされていないソッチ系の話は
生きているうちに息子へ伝えきれるのか。

聞きたいような
もうお腹一杯のような
複雑な思い。


っていうか


死んだ父ちゃん
天国で激怒してなければ
いいけど…



母との食事は常に
新しい発見があって
刺激的だ…。


「ヤクルト売ってカルピスもらう、みたいな(笑)←ヤメれ!」 


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« セブンイレブン“もちもちお好... | トップ | おいしい無調整豆乳+チキン... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (姉御)
2019-09-23 13:03:29
お母さん凄いね。
だから洋ちゃんも凄いんだねー
Unknown (trance-tenshi)
2019-09-23 14:19:58
あーーーーー‼️出ました、いや、待ってました‼️
ムトウさん、いや、お母さんの衝撃告白シリーズ‼️
今回も楽しく拝見しております。
大爆笑 (hirorin)
2019-09-23 17:19:01
PCの前で今大爆笑して、息子に不審がられています。
はあ~お母さん、めっちゃ面白い。面白過ぎる。
そしてパワフル。それにしてもお若いですね。
腕にも手にも全然シミがなくて、おきれいですね。
今も‘ブイブイ‘言わせているのが分かります。

ムトウさんの件、お母さんのお気持ちが少し離れていくの、なんか分かるような気がするんです。
私も憧れているジャーナリストさんのツイート読んでたら、何かちょっと・・・???と思うようなことが少々あって、去年の熱は冷めつつあります。これは勝手に私がイメージして、それに合わないからと言ってるだけなんですがね。

お母さん、ヤクルトレディだったんですね。あの制服可愛いですよね。きっと優しくて可愛いヤクルトさんで、そりゃモテはると思います。一般家庭を回るより、オフィス街の方が売り上げもいいかと。

お母さん、そうなんですね。爆弾発言を!息子に。

昨日、テレビの「林先生の初耳学」に柴門ふみさんが出てて、女性の不倫の分析をしてました。なぜ、女性の不倫はばれないか。多分お母さんもそうじゃないかな?「罪悪感がないから」って。
私もそう思いますよ。てか、ないです。
でもお母さんと違って、私はすでにおとなしい生活をしておりますわ。
もう、このまま朽ち果てていきますね。
Unknown (shima_ym614)
2019-09-25 09:36:09
タカギーさん!お母様のモテ期は一生なんですね♥♥♥スゴーイ(笑)尊敬!!やっぱり何歳になっても理想を求める人は元気ですよねぇ。ヤクルトレディはそういう使い方もあるんだと勉強になりました(^^)お母様とのデート💑ブログ楽しみにしています☺
◇あねごさん◇ (タカギー)
2019-09-29 23:52:55
とんでもございません。
ワタシなど母のすごさに比べたらまだまだ序の口、使いっぱレベル。
サラっと過去の火遊びを子供に伝えられるその度量、相当のツワモノです。
自分など全然、足元にも及びません〜💧😌
◇いづさん◇ (タカギー)
2019-09-29 23:55:32
いづさん、今回の母との食事会で確信したのは
「この衝撃の告白シリーズ、まだまだ終わりそうもないな…」ってことでした。
個人的にTHE 虎舞竜の“ロード”を軽く超える50章くらいあるのではないかと推察しています。
さらに、ヘタすると私の父親にも疑惑が及ぶというDNA鑑定系のテーマにまで話が進展する可能性さえあります、うふふ☺️←笑えるのか⁉️
◇hirorinさん◇ (タカギー)
2019-09-30 00:00:22
楽しんでいただけてうれしいです。
これで気の進まない母とのサシ飲みをやった甲斐があります♡

おっしゃるように確かに母はパワフルです。
母と一緒に仕事をしたことのある、母より10歳以上年下の女性は、息子の私に「私、タカギーさんのお母さんの年齢になってもあれほど元気に仕事ができるわ分からないわ…」と語ったことを思い出します。
その心身的な余裕が、男性への好奇心を失わない秘訣なのでしょうかねぇ。

hirorinさんが以前におっしゃっていたジャーナリストさんへの思い、冷めつつありますか。
好意を抱いた相手に、自分と価値観が違う面を目にした場合「へぇ、こういう人なんだ…」と興醒めすることってありますよね。

私なんかも、勝手にイメージしていたのとマイナス方向に相違があると一気に冷めます。
それは非常に他愛もない理由だったりします。
字がヘタ(丁寧に字を書けない)とか、身の回りがだらしないとか、食べ方が汚い等で速攻で興味を失います。
まあ、要するにそれくらいでどうでもよくなる程度の好意だったのでしょうけど。

女性の不倫は罪悪感がないッスか⁉️
それこそ根底にあるのは女性の強さですね。
ボクなんてその際は、常に家内に申し訳ない思いを抱いて抱いておりました♪(←もちろん冗談です…)。
◇サリーさん◇ (タカギー)
2019-09-30 00:02:44
サリーさん、都内のオフィス街で見かけるヤクルトレディって私の個人的な印象では、若めのお母さん系の人が多く、
しかも茶髪率が高くてなんとなく「元ヤン」系の人って印象です。
なので“そういう使い方”をしようものなら裏拳とかで殴られそうで怖いですぅ😥

次回の母との食事会の日程はまだ未定なので、決まったらまたブログ内でお知らせいたしますね。
それにしても母と会っての昼呑みシリーズ、皆様からの反響が大きいなぁ〜 ( ̄▽ ̄”)ゞ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。