おジャ魔女どれみと徒然

おジャ魔女のこと、

日常のこと、

いろいろ。

シライサンについて、その目隠し村

2020-09-16 00:11:00 | 映画
監督・脚本、乙一。






乙一!?!?!?


思い切った人選だなw
押井守の娘と結婚して映画業に触発されたんかね? 知らんが。

でも、けっこう面白かった。
話は無理なくスムーズ。ここは小説家ならではの構成力か。

イラッきたのは俳優かね
ヒロインはキョウリュウジャーの子らしいがね。キョウリュウジャー見てた身としてもちょっと擁護出来んぞ。

何なら看護師の脇役の人の方が驚き方上手かったw 
主人公はまだ何とかってとこ。終盤へかけて好きにはなった。

なんでホラーは軽視されがちなんかね? 映画ジャンルの中だと一番演技力いると思うのに。
こう見ると貞子の池田エライザとかけっこう上手かったんやな。比較すると分かるわ。犬鳴村の吉田彩花も今思えばけっこう貫禄あったな。

考えてみりゃリングは松嶋菜々子や真田広之が出てたんよね。人材不足感否めない。
日常系の映画ならわざとらしくない演技、それこそ下手ぐらいが丁度いい時もあろうが。ホラーみたいに非常識な内容だと役者の力に頼らざるを得ない部分はあると思うんだがな。

もう染谷将太が主演やりゃ良かったのにw もう一流使うしかないでこりゃ。
乙一は役者の演出までは出来んやろうし、そこは課題かな。

でも、ラストの秀逸さといい、ストーリーはピカイチ。
続編が素直に見たいと思える、そんな一品。

では、また




次やる時はお義父さんに監督頼めば?w

コメント   この記事についてブログを書く
« 囚われた国家について、そのL... | トップ | ゴーストマスターについて、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事