おジャ魔女どれみと徒然

おジャ魔女のこと、

日常のこと、

いろいろ。

デッドサイレンスについて、その腹話術師

2020-09-28 19:38:00 | ジェームズワン
ジェイミーとリサのカップルの元へ届いた謎の腹話術人形。 
それはジェイミーの故郷にある伝説『メアリーショウ』、70年前から続く恐怖への誘いだった。


なんかアナベル2の記事がねーなと思ったら、アプリのトラブルで消されてたぁー
けっこう長文で気合い入れて書いたのになぁ。まぁ、半分以上文句やったんだけどw

これがジェームズワンの呪いかw
ということで怒りのジェームズワン映画レビュー祭りです。

死霊館以前の三作品。ソウはめんどいからやんないw
まず1作目、「デッドサイレンス」。

ジェームズワンによる元祖人形ホラーってとこ。
アナベルが2014年で、こっちが2007年。

なんか……すごい……面白いっすよねw
アナベルとかインシディアスとか、ジェームズワンホラーの要素やら片鱗が散りばめられてる。

それが90分、しっかり凝縮してまとめられてる。
主人公の肝の据わり方がちょっと謎やが、見る分には心強いというかホラー苦手な人でも見易くできてる。

味方もいつもの頼りない神父じゃなく刑事やしね。こっちの方が説得力あった。
内容は最後に特典を見ないと把握できない部分もあるが、まぁ、端的でいいんかね。ライトオフの蛇足に比べたらマシかなw

最近はプロデューサー業が主だけど監督としての手腕も凄いんやね。見直したわw
てか、リーワネルもおるんか。もう初期も初期。

死霊館シリーズもこういう初心を忘れずにさ、外野じゃなくもっと自分で陣頭指揮取れよって話やねw
実質、この映画が死霊館シリーズ、真の第一作目と言っても過言じゃない出来。俺は勝手にそう思っておくw

ジェームズワンの隠れた名作。ぜひ見てほしい。
では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« メランコリックについて、そ... | トップ | ダークハウスについて、そのD... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ジェームズワン」カテゴリの最新記事