チビのおしゃべり日記

お星さまになったチビへ
どんぐり母ちゃんが語りかけます。
ねえ、チビ・・・聞こえる?

2018年の在庫より(縄張りを勝ち取ったオナガの群れ)

2018年12月29日 | 日記
カラスを観察してみると、何となく仕草や行動が人間臭く見える時が有ります。

特に一羽で行動をしてる時などは、じーっと佇み
何かを考えてるようにも見えます。

もちろん、私が勝手にそう思うのであって、
カラス自身は何も考えて無いのかも知れません。

もし、言葉が通じるのであれば『何か悩み事でもあるの?』と
声をかけてみたい気持ちになります。

後ろ姿がこんなにも寂しそうに映る鳥は、他にあまりいない気がします。
私だけがそう感じるのでしょうか・・・

もし、カラスと会話が出来たなら・・・そんな思いもあり、
今回も、わたくしの勝手な解釈と想像で書いてみる事にしました。

     ********************
【2018年の在庫より・晩秋】






彼が見つめていたのはこのアーチの部分です。


大きくトリミングしてみると片方の風切り羽?が抜けてるように見えます。
この画像は秋に撮影したので換羽の時期だったのでしょうか?



       ***************************

【2018年の在庫より・夏】
始めて、この光景を目にした時、カラスがオナガとの攻防に敗れ
自分達の縄張りを追われたことを知りました。

大事な餌場をオナガの群れに占領されてしまったようです。



この子もオナガの幼鳥です。近くには親鳥の他に、成鳥も何羽かいるようです。


この幼鳥にも目力がありますね。


幼鳥達の様子を見守っています













       **************************
このカラスが、あの時のオナガとの攻防に敗れた本人なのかどうか、
今となっては分かりませんが・・・

『ねえ、君があの時のカラス君なの?』




『鳥』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 2018年の在庫より(カラ... | トップ | 年末のご挨拶は想い出の画像... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事