岡山大学ワンダーフォーゲル部

日々の部活動の紹介などをさせて頂きます

L養成 in 雪彦山

2018-12-31 21:57:27 | リーダー養成

こんにちは、3回生のラスカルです。

今回は122日に訪れた雪彦山についてご報告させていただきます。

当部では珍しくヘルメットが登場するほど、道中は鎖や岩場が目白押し。

面白い地形もたくさんあって楽しい山でした!

 

P-men

1回生 しっきー、のび太(SL

3回生 ベッキー、ラスカル(PL

4人です。

 

雪彦山キャンプ場で前日泊し、翌日の朝に山行開始。

登山口から大天井岳、地蔵岳を通り登山口に戻る一般的なルートです。

 

登山口からすぐに急登。開始5分でPLの心が折れかけます。

 

樹林帯を進むと突如現れる巨大な岩。

出雲岩です。間近で見ると迫力満点!

この先から岩場が目立ち始め、ロープや鎖もちらほら。

 

出雲岩を抜けると、長めの鎖がお出迎え。

雪彦山らしい光景にわくわくしながら、元気によじ登ります。

 

ひそかに楽しみにしていた、セリ岩。

しっきーは外付けしたナルゲンでつっかえていました。

 

鎖や岩場が続きます。

しばらく進むと最初のピーク、大天井岳に到着!

ここで、来たる裏登山道に向けて英気を養います。

 

裏登山道への分岐からはヘルメットを装着して進みます。

当部の倉庫でほこりを被っていた彼らもさぞ喜んでいることでしょう。

地蔵岳までの道は上級コース()と一般コース(ロープ)がありますが、

私たちは一般コースを進みます。

 

黄色のヘルメットから漂う工事現場感が否めません。

裏登山道を西から東へ進む場合は基本下りなので、慎重に!

もうすぐ地蔵岳、というところでのび太のザックがちぎれてしまいました。

かなしい。

 

鎖のない岩壁を登ると、地蔵岳に到着!

東に岩壁がそびえていて、1回生は雄叫びをあげて反響を楽しんでいました。

そして、登ったら下りないといけません。

ここの岩壁下りが地味に一番怖いかもしれないです。

高度感と足場の少なさに肝を冷やしました。

 

ここからさらに鎖やロープを繰り返すと、虹ヶ滝。

沢沿いの樹林帯をスリップに注意しながら進みます。

メルヘンな木にはしゃぎつつ樹林帯を抜け、

砂利道になってきたら最初の登山口までもうすぐです。

 

普段あまり経験できない刺激的な山行で、とても楽しかったです。

長くなりましたがここまで読んでくださりありがとうございました。

今後の活動にもご期待ください!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« L養成 in 伊吹山 | トップ | 新年のご挨拶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リーダー養成」カテゴリの最新記事