岡山大学ワンダーフォーゲル部

日々の部活動の紹介などをさせて頂きます

6月PW in 後山

2018-08-30 17:34:07 | 6月PW

こんにちは、3回生のラスカルです。

 

6月末に夏合宿メンバーで後山へ行ってきました。

駒ノ尾山登山口から後山へ縦走する途中にダルガ峰までを往復し、

再び後山から駒ノ尾山登山口へ戻るルートです。

天気が心配でしたが、当日は暑いほど晴れてとても良い山行になりました!

 

メンバーは

3回生 りんちゃん、ラスカル(PL)

2回生 信玄、センター(SL)

1回生 監督、しっきー、のび太

7人です。

 

前日泊するテント場までは車のため、寄り道し放題。

つちのこを探したり、滝を見に行ったり、蛍を探したり。

少年のようですね。

 

山行当日の早朝、いざ出発!

 

 

登山口から駒ノ尾山頂までは整備された木段をはさみながら登っていきます。

登り始めてすぐ樹林帯に入りますが、間伐が行き届いて明るいのが印象的でした。

勝手にもっさりした樹林帯をイメージしていたので、びっくり。

 

途中の休憩舎から臨む美しい山並み。

みんな一斉にシャッターを切っていました。

登りが続きますが、綺麗な景色を見て気合も十分!

 

登山口から1時間ほどで駒ノ尾山頂に到着。

このあたりから日差しが強くなり、気温も上がり始めます。

 

続いて駒ノ尾山~ダルガ峰の往復です。

ここはアップダウンが激しく、この往復でかなり体力を削られました。

今回は夏合宿に向けての体力養成が目的なので重装備でしたが、

軽装備なら楽しい道だと思います。

アタックザックではもう行きたくないです。

 

駒ノ尾山の分岐まで戻ってきたら、目指すは後山。

ここからはのんびり稜線歩きだろうと安心していましたが、意外と起伏が激しいです。

下ったと思ったら登り返して、の連続。

ただ、常に展望もよく、道もころころ変わるので飽きません。

しっきーの顔より大きいサルノコシカケもあります。

各ピークで休憩をはさみながら、分岐から1時間半ほどで後山に到着!

 

道のりが険しかった分、頂上に着いたときの達成感はなかなかのものでした。

お昼ご飯を食べたり撮影会をしたり、体力が回復したら下山開始です。

 

また長い道のりが続きます。

あとは下るだけなので心なしか足取りも軽く、会話も弾みます。

駒ノ尾山を過ぎて樹林帯に入れば、あと少し!

後半はみんな「足が、足が…」とぼやいていました。

信玄はつま先が痛いから後ろ向きで下るという破天荒ぶり。

 

往路より長く感じる木段を30分ほど下ると、見覚えのある駐車場が…

みんな一斉にダッシュ!

7時間以上に及ぶ山行でしたが、全員無事に下山できました。

お疲れ様。

 

今回は夏合宿メンバーでの初めての本格的な山行でしたが、

1回生含め体力も申し分なく、とても楽しい雰囲気の山行になりました。

夏合宿のブログも楽しみにしていてもらえると嬉しいです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大山 山開き | トップ | 6月PW in 和気アルプス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

6月PW」カテゴリの最新記事