けいいちの日記

「けいいち」が綴るスポーツネタを中心としたブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋華賞

2007-10-13 | スポーツ雑記
明日、秋華賞が行われますが、今回は秋華賞史上二度と見られないほどのハイレベルなレースになるのは必至です!
というのはご存知のように、秋華賞にダービー馬が出走するのです。そのダービー馬であるウォッカ。宝塚記念は重馬場に苦しんだせいか8着に沈みましたが、このブログでも触れましたが、ダービーではラスト3Fをディープインパクト以上のタイムで駆け抜けたのですから、牝馬というカテゴリーをはるかに超えている能力の持ち主なのですから、普通に考えれば◎でしょう。
しかし不安な点は休み明けということです。バランスオブゲームという鉄砲名人もいますが、GⅡないしGⅢで一度使ってからGⅠに臨むのが競馬では常道ですから、このレース過程は疑問符が付くところです。

レース過程を見れば、ダイワスカーレットがベストです。
桜花賞ではウォッカの末脚を完璧な先行策で封じ込め、トライアルとなるローズSでも同じようなレースで文句のつけられない勝利でした。
しかも、スカーレットは全6レースで連を外していませんし、先着されたのがウォッカとアドマイヤオーラ(この馬は牡馬です)なのですから、この安定感は評価すべきとことでしょう。
問題は新馬戦以来の2000mのレースでしょうか?距離適性があるとは思いますが、桜花賞ではマイル向きのスカーレットが有利だったと思いますが、ウォッカとの関係で考えれば距離延長は明らかにウォッカ有利でしょう。

ただウォッカとダイワスカーレットの2強は能力に差はないと思いますが、他の牝馬がかけ離れているかというと、それも違ってきます。
スプリンターズSで快勝したアストンマーチャン、NHKマイルSを制したピンクカメオと、牡馬や異なる世代でのGⅠで3歳牝馬が年間5勝しているのは驚異的ですし、おそらくこれからも起こりえないぐらいの現実を私達は目にしているのです。
スペシャルウィーク、キングヘイロー、セイウンスカイ、エルコンドルパサー、グラスワンダーがひしめいていた98年の3歳牡馬(当時は4歳)が最強世代との呼び声は高いですが、牝馬に関してはこの世代が史上最強だと思います。

そんなハイレベルな世代で無冠であるベッラレイアも秋華賞戴冠の可能性は大いにあると思います。
ベッラレイアはオークスでローブデコルテに最後の最後で差しきられましたが、あれはローブテコルテ騎乗の福永祐一のファインプレーでしたし、走破タイムだって2分24秒台と「普通の牝馬の」レベルならばクラシック馬になっていたはずです。
ローズSではスカーレットに屈しましたが、距離延長はベッラレイアには歓迎です。
しかも騎乗が武豊とこれ以上ないものですし、ダイワスカーレットとウォッカが叩きあいで消耗したところをまとめて差し切る展開は十分考えられるからです。

個人的にはウォッカ、ダイワスカーレット、ベッラレイアは横一線だと思います。
心情的には無冠のベッラレイアに秋華賞(クラシック)戴冠を果たしてもらいたいと思いますが、どうなるでしょうか?
いずれにせよ、今年のGⅠで最も豪華なレースになるのは間違いありません!
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 敬意がないのが全て | トップ | 間違いなく日本のエース »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

能力の違い (峠を越えてもまだ先がある)
 14日の京都競馬「秋華賞」(G?芝内2000?)は、メンバーが揃った。ダービー馬ウオッカ、桜花賞馬ダイワスカーレット、オークス馬ローブデコルテ、NHKマイルCのピンクカメオ、そして前哨戦のローズSでダイワに続いて??着したベッラレイア、レインダンス。  一番能力のあ...