The day of MuNEHIKO

ザ デイ オブ ムネヒコ

AMBROSIO NEMESIS

2012-03-31 | 生活的


1週間以上頭痛に悩まされまして「果たしてレースに出られるンだろうか、、、」と悩んだ挙げ句、
思いついたのはドーピングです、
といういことで病院で「にんにくドーピング」を接種してみましたが
効果を体感できるほどでもなかったのは残念でした。

もう10日くらい乗っていない、
けど、レース前日だろうと特に焦りはありません。
去年肩を怪我して2ヶ月乗ってなかったのにパフォーマンスが落ちてなかった事を考えると
10日やそこら何をやっても変わらないよね。


-やっとこNewホイール投入-
9月の事故でお気に入りだったチューブレスシャマルがクラッシュしてからは
ずーーっと補欠の廉価版ホイールで頑張ってきました。

1ヶ月ほど前にサイクルハウスで手組ホイールなるモンを注文。
とはいえ銘柄やらパーツに疎いので「硬くてダイレクト感のある奴で組んでいただきたい」と
お願いしただけなんですが。

まずはこれをレースで使いたいなと。
但し店長曰く「レース用には重過ぎる」とのことでしたが
今まともなホイールといえばこれに頼るしかないのです。

タイヤの皮むきってことでマジ走り抜きで40キロほどトボトボと。


リムハイト1.3mmはローター面しかありません、ハブはレコードというものだそうです。込78000円は高い?

-ホイールインプ-
といっても私はバカだから細かい違いなんかよくわかりません。
チューブラータイヤの特性なのか、リムそのものなのか、スポークのテンションによるものなのか
天気が良いからなのか 風邪引いてるからなのかさっぱーーり分からない。

ただ一つ分かったことは ダイレクト感が鋭いのはイメージ通りで納得のお買い物だったということ。

予備で使ってたホイールはカンパの最廉価グレードで前後重量は2kg越えてました。
新しいこいつは1.7kgなので私には随分な軽量化すね。


走り始めて1時間くらい過ぎてからなんとかレースは出られそうな回復感、
クスリを飲んで早めに就寝します。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

体長不良が続いてます

2012-03-26 | 練習/サイクリング

■3/24(土)
あさめし練に参加する気マンマンでしたが
6時の時点でアメが降っていたのと体調が若干あやしいので
ゆるめの三上練に参加。

雨上がり直後だったこともあって集まったのは10人程度、
レーサーはわたしを除いてさのさんだけでした。

ノンビリ班?で横松郷という未開の峠にご一緒させていただきました。
心拍は常に60%以下、低強度すぎてカラダが冷えます。
あまりのノンビリペースに罪悪感がしばしば。
ノンビリ班はホントーにノンビリでしたがこんな乗り方もあるのね、、
と新鮮味を覚えました。


11時帰着の身だったので10時で離脱、
帰宅路の飯能寄居線を時速40キロ縛りで巡航、
高麗川区間は35キロを下回らないようにガシガシ踏み、
最後の武蔵台はフルダンシング+ラストはオールアウト気味にスプリントで
フィニッシュ。
やっぱこれだね。
と思ったが やはり体調不良、クールダウンとともに激しい胃痛、、、


午後は義妹さまが2人目の次世代は女児を出産されたとのことで
草加Cityへ。
生まれて3日目くらいだと人間というよりいきものという感じ。
タロが生まれたときもそんなことを思ったなーー。


■3/25(日)
本来ならレース前の最終追い込みなので
ガシガシ練を予定していたのですが、ひどく乗る気が思いつかないほどの頭痛。
朝食後にグッタリで15時まで眠ってたけど復調の兆しゼロ。

買い物でちょろっと外出して早めの就寝。



■3/26(月)
4時半に起きるが朝練をする気ゼロ。
頭痛に加えてノドが苦しい。
謎の体調不良はどうやら風邪っぽい。

当日中に治る気配はなく、これから熱が出る予感マンマンなので
火曜練と木曜練のキャンセルをいわさきさんに連絡。

先週からずっとひきづってる体調不良、
日曜のレースまでなんとか復調しなければ。。。




-fin-




Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

弱練

2012-03-23 | 練習/サイクリング
■3/22(木)高麗川練

謎の体調不良からたぶん回復、
久びさの練習

新車効果に加えていわさきさんの調子は上がる一方、
高麗川CCではとうとう追いつけなかった。
(何故かあそこは調子いいよな、、)

復路の高麗神社区間は終盤に千切れて
ラスト武蔵台の急坂で背後からの猛烈なアタックに反応できず
そのまま取り残される始末。

フアーーあ。なんて弱っちーんだ。

体力的にキツかったわけじゃない。なんせ集中力が続かなかった。
というか切れやすかった。
こんな日もあるだろう、、人間ダモン、、、と思っておけばいいか。。

気分的には負け練な日だった



1:02 27キロ 平均速度26.5





■3/23(金)ヒトリ練
5時半からチョロっと流す気分で。

クリーンセンターをダンシングのまま、20キロキープで駆け抜ける。
山王峠では1枚重いギヤで踏む、ケーデンスは80台まで下がるが気にしない。

三段坂の最後はフルフルフルもがきで心臓が飛び出すが
思ったほど心拍は上がらず95%止まり。(181bpm)

下赤口から家まで20分、53*12のおもーいギヤリング、
なるべくシート後方に座って下ハン握って前に押し気味(突っ張り気味)。
準急ペースの平地SFRで帰宅。



48分 23キロ 平均速度29.5
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

JBCF 下総クリテリウム E3 予選 DNF

2012-03-12 | 試合


実業団の開幕戦、下総クリテリウム(千葉県成田)

CycleClub3UP

・ごうだ さん E1
・みかみ さん E2
・いわさき さん E3
・まつむら E3

ワゴン車で現地6時半到着
初めてのコースは周回1,5キロ、念入りに試走を10周ほど。
そこそこのマジ走りで巡航して40キロくらい。
15分維持できれば逃げ切りも難しくないと思う。
スタミナさえあれば....

チーム4人の内、一番最初の出走は私。
今回は予選ありで決勝にすすむ形式
まず予選は10分+2周で12位までが予選通過という狭き門、
けど予選落ちする気はしない。


スタート15分前から位置取りに備えるが
脇から割り込まれ2列目、
でスタート

パンッ!!

クリートキャッチ良好
埼玉クリテ同様半周まで先頭で牽く
2,3周前々に位置、十分アピールできたし
埼玉クリテよりもゼンゼンラクチンだ。

のこり7分
スピード活性化でゴリゴリ位置取りが激化する。
下手な人(ライン取りが出来てない読めない)が多いので
怖い。
少し揉まれて集団中程までおちたが
唯一の登坂区間で空いてるアウト側から踏みなおして前々に復帰。


残り9分目で問題発生、
ハンドリングがフニャフニャだ。
ドドドっと勢いよく抜かれる。

踏んでも進まないので集団から降りて停止、
後輪パンク



あーあ。。
何時間も掛けて来たのにわずか9分で終わりか
何ヶ月も前から照準を絞って頑張ってきたってのに、、

チームに会わせるカオがない。


用無しになってから合田さんの決勝が終わるまで6時間もあるよ....

気を取り直していわさきさんの予選を応援

15位予選落ち まじか、、、、

その後はみかみさんの予選(2位)合田さんの予選(2位)
そこから自由時間が3時間あるので、スペアタイヤに履き替えて会場の外にでて
利根川沿いをインターバルトレーニング。
10キロ進んでも信号がありません。
こいつは楽しい。
が、
本日2度目のパンクチャー。


なんでこんなにパンクに泣かされるんだろ...

13時過ぎからみかみさんのE2 40分+2周がスタート
暇な私はホイールを持ってニュートラルエリアで待機。
単独の逃げが出来ては捕まりの繰り返しで
ミラノのすささんが3発目?の逃げが見事に決まりそのままゴール、
すごいなーー
集団スプリントで派手な落車!
みかみさんの目の前だったらしいがナイスライディングで交わして15位フィニッシュもさすがだ

どのクラスも必ず落車が起きててホント怖い。
特別なこの日は無事な身体で帰らなきゃイケナイのに....


さてごうださんのE1、40分+2周
クラスがベテランになるに従って何度も逃げが出来ては吸収を繰り返す様は
ロードレース本来の走り。
脚力だけじゃなく、読むチカラがとても大切なんだとおもう。

開始10分でごうださんが単独で逃げを決める、

吸収される。
何度か逃げる選手が現れるが追走がいないのですぐに集団に吸収されてしまう、
ごうださんは集団内で息を潜める。
疲れたてしまったのか、、、

残り時間10分、

集団から飛び出しているごうださんに追走3名が加わっている状態、
さらにhideさんが追走で加わり5人の急行列車の完成だ

残り2周、
バックストレートで集団に対して18秒、
ゴール地点でさらに差を広げて30秒。

スプリントじゃ勝ち目がないと悟ったので
この5人をゴールさせるためには猛烈に牽きまくったのだと、
ごうださんからレース後に聞いた

残り1周、
集団がスゴい加速で迫ってきた、
逃げの5人はスプリントに入るが、ごうださんは後を振り返り
集団に飲み込まれないことを確認してからゆっくりとゴール

いやぁーー
すごいレースだった。
走りでヒトの心を動かせるすばらしさに興奮した。

ほんとスゴい。

レース後
ごうださんから走り方、練習メニューの例など色々アドバイスをもらった。
結果を示せる人のハナシは説得力がある、さすが。

走った時間はほんの数分だったレースだけど
充実ある日でした。



Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

3/7高麗川練

2012-03-07 | 練習/サイクリング


二度寝にて5時起き、
予言ドーリであったかい

濡れドーロ、ついさっきまで雨が降ってたっぽい。

掲示板は見ずに集合場所へ。
やはり誰も来てない。
ヤッター 今日は中止、
キャンセルの知らせが届いてるだろうと
ケータイを見ようとしたら 闇の中からいわさきさん出現。

ねもとさんは事前キャンセルになっていたので
本日の高麗川練は2名様で発進

往路の暗闇はゆるーり行こうぜと言ってたのに
そこそこのペースで巡航します、(私のペースではなく)

さて一発目の武蔵台アタック、
いわさきさんが好調だ。
後刺ししようと思って余裕ぶっこいてたらとうとう追いつけなかった。

二発目は高麗川CC
同じ過ちは繰り返してはならない、
後方待機、ラストでペースアップした時に備えてプティ牽制、
終盤まで休むダンシングフォーム、

さほど離せずに高麗川CC入り口で折り返し



三発目はアップダウン多めで悪路な高麗神社ロード
いわさきさんが苦手で私は得意ではないが好きな区間だ。
心拍はずっと92~4%、33キロくらいでひっぱりました。
振り返ると千切れてない。 調子よさそ

四発目は武蔵台/復路
いわさきさんが先行、軽快に上ってる
タレ知らずな後姿が頼もしい。
こちらはあまり余裕がないぞ...

後半は先頭でガシガシ踏みまくった。
振り返る
ハッ!!
しっかり着いてきてるぞ

完全に調子を取り戻しつつあるいわさきさん、
コワイナー コワイナー

クールダウンに入った途端 胃がイタイ。
昨夜ボリボリ食べた大豆が原因かな、、、

明日も高麗川練、ということだが
アメの予言が出てるなぁぁ





1時間 26キロ 352mUP
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

埼玉クリテ最終戦 上級7位 

2012-03-04 | 試合
AM6:30 いわさきさんを乗せて現地へ。

会場到着
で、問題発生...
ウェアーやらグローブやら詰め込んだリュックをまるごと家に忘れてしまった。


急いで取りに戻ればギリギリ間に合うか、、
こんな時なぜか冷静、
慌てて行動してもいい結果を望めない気がしたのでキッパリレースを諦めた。
つまり最終戦DNSって。

バカ通り越してなんだろ、、、
言葉がない、、

ん~、でも走れないこともないんだ。
忘れたのはウェアのみでメットもシューズもボトルも揃ってる。
下は青いコンプレッションウェアを履いていたのでレーパンと大差ないし。
色に問題があるが、、、。

結果、いわさきさんのレースが終わった後でジャージの上だけ借りて走ることにした。
違うカテゴリだったことが救いだったね。




ジャージを受け取るまで普段着だしウォームアップする気になれず
車の中でギリギリまで熟睡。

複雑な気分、モチベーションも何もない。
アップなしでレースを走る、

とはいえちゃんと1列目を陣取ってスタート、
まずまずなクリートキャッチで出足は順調、
というか今までで一番快調なスタート。

半周のたんぼコーナーを抜けるとこまでずっと先頭キープ、というか飛び出してたっぽい。

風は吹いていたけどかなり弱めなのでほぼ無。
だから、
集団は大きめ。

3LAPまで先頭を数回牽いたけど、先頭から降りたときにローテに入れてもらえない。
ちなみにローテに入れてくれないやつらは先頭を牽かないというおそ末クン。
10番手くらいまで降りたころ、コーナーに差し掛かる。

コーナーの進入時の時だけ後ろからカッ飛んできて割り込むヒトが多いな、、
しかもたちが悪いのは立ち上がりで中切れを起こしやがる。
仕方なくブリッヂをかけなきゃならない。
でお約束にこの輩は先頭を牽かないというンだからリアルおそ末君

こんなだから集団内でローテ-ションが存在してなかった。
走り方が分かる方々数名も同じこと感じてたのか、
アホらしい、、
積極的な牽きは止め止め

とはいえ、巡航速度は結構高めで
1戦目は激走と感じた平均速度41.5キロに対して今回は42.2キロ(ガーミン上)

最終的に集団のサイズは20人くらいだったかなーー、、

ラスト半周、橋コーナー900メートル地点で3番手に位置。
様子を伺っているとかなり早めだ
アタックが掛かった

タイミングを逃して追い駆けが冴えずゾロゾロ抜かれた

持ち返そうとスプリントで追う

ここの道幅は狭い、、
並んだ瞬間 ハンドルとハンドルがぶつかりそうだ

ほんと狭いよな、、

危険回避でチカラを抜いた。

幸い駆け始めが早すぎたので垂れた数名を軽くパス、
余力を残してゴール時の速度は49.7キロ、
最低60キロは出さなきゃスプリントとは呼べない。

リザルトは7位、
安全と引き換えた割には十分だ。

とはいえ、ハンドルをぶっ叩きながら
ゴールした瞬間に後悔の念が押し寄せた。

位置は悪くなかったのにスプリントのきっかけをジブンが作らなかったこと。
ロングスプリントは得意なのにボケボケしてたこと。

緊張感の中で冷静な判断が出来なかった。
あんなに脚が余ってたのにもったいない。
これだからバカは勝てないんだな....


来週のJBCF開幕戦で挽回しなきゃだぜ



-fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加