The day of MuNEHIKO

ザ デイ オブ ムネヒコ

榎坂インターバル

2011-08-31 | 練習/サイクリング

筋肉痛から明けたばかり
気がつけば6日連続の朝練、

5時現地集合、VSいわさきさん

3往復×2セット、
セット間に10分レスト走
前回まで5本1セットだったので気分的にかなりラク

■往路 600m 平均勾配7.8% 最大13%
■復路 350m 平均勾配4.9% 最大5.1%

1往 2:02 ○ アップ扱い、全開でもがいたら最速time
1復 1:06 × わずかな差で届かず

2往 2:41 × 回復できず遅れた
2復 1:05 ○ ぶん回して少し離した

3往 2:51 × 回復できず遅れる
3復 1:01 ○ ぶん回して千切った

-----レスト走-----

4往 2:03 ○ 完全回復、もがきまくって1本目とほぼ同タイム
4復 1:06 × 1度も先行できず

5往 3:00 × 疲労たんまり
5復 1:03 ○ 意地でぶん回して先行

6往 3:14 × 最初から着いていけず脚パンパン
6復 1:00 ○ 出し尽くして最速time

結果 6勝6敗 引き分け。
サドンデスで決着したかったけど時間がなかったので黙ってました。

-反省-
復路は斜度が緩いし距離も短いので脚色に合うのか、勢いで持っていける。

問題は斜度のきつい往路が弱い。
心肺より先に脚が売れ切れになる。
ダンシングでトドメをさしてしまうようで
シッティングに戻ったときにゼンゼン進めなくなる。


1:26 30km 獲得標高600m




すんなり掴まり立ちできるようになったけど
立ち上がる時や体勢を変えるときに体幹を使えていない(出来上がってない)うちは
立ち歩きは難しそーです。

よつんばい期ならではの動きがすきです。
立ち歩きできるようになったらハイハイする姿はもう見られなくなるんだろーか、、、
だからもー少し見ときたいな、、、、

-fin-
Comment

榎坂インターバル

2011-08-29 | 練習/サイクリング


月曜にインターバル練やることをすっかり忘れてた。
起きた時点で前日秩父練の後遺症でカラダ全体が筋肉痛パンパンのむくむく、、
回復走に変更したいなー。けどジブンから言い出したからなーー、、、

榎坂集合、
いわさきさんちょい遅刻気味で登場、
坂を反復するインターバル5本

2分坂もがき+1分レスト
1分坂もがき+1分レスト
かなり堪えます


結果:4勝6敗
■往路 600m
1 2:23 ×
2 2:34 ×
3 2:12 ○
4 3:07 ×
5 2:19 ○



■復路
1 1:09 ×
2 1:12 ×
3 1:04 ○
4 1:18 ×
5 1:02 ○

序盤は2本連続で持っていかれて”今日はホントにダメ助だ、、、”と思っていたのですが
3本目から調子が上がってきてスプリントでいただき。
4本目で垂れてダラ~ンダラン。
5本目で振り絞ってスプリントでいただき。

5本1セット予定終了、
4勝6敗。負けました。

軽く流して解散、、、
ダウン終わって、さーかえろーと思った瞬間、
いわさきさんからまさかのおかわり的挑発
(まつむらさんは弱いヨナーとか云われた ニャロメ)、、
半ばやけくそで引き受けましたよー


-おかわり-
■往路
6 2:40 ×
7 2:15 ○

■復路
6 1:18 ×
7 1:02 ○

結果:2勝2敗

全体的に共通していることは負けた場合、ダラッダラに垂れていて
勝った時はかなりハイペース。

筋肉痛だらけでも全敗にならないことが分かってちょとラクになった。
ただし筋肉的には回復を先送りにしただけだから良くは無い。

1:26 30km 獲得668m 




不器用な仕草、、、いつまでもそのままでいてくれーー。

-fin-
Comment

秩父練withカワマツ

2011-08-28 | 練習/サイクリング


わたしはいつも練習開始時間は遅くても6時、
早朝弱いというかわまつとなかなか都合がつかないのですが
わたしとの練習の為にムリをして練習6時に迎えに来てくれました。

”今日は調子悪いですよ、着いていくのが精一杯です”
また出たよ、お約束のうそつきフレーズ

来月、彼も走るという秩父宮杯向けの試走に向いました

秩父まではポタベースで行こう、
と話したのに走り出したらお互いが守ろうとしないもんだから
一山越えた40キロ以上先の秩父に到着した時点でわたしはもうヘットヘトだ。

初めて走るカワマツにコース案内で1LAP(10キロあります)
2LAP目は勝負ドコロと思われる2箇所の登坂を含めたラスト3kmを
レースペースで。


間に軽くコンビニ休憩を挟んで帰路へ。



復路は山伏峠を越えるまで登坂が20キロくらい続く。
炎天下じゃなかったのは幸いだけど久しぶりのロングライドで
かなり脚を酷使したけどカワマツ的にはなーんとも無いっぽい。

悔しいので名郷から原市場まで既に使い果てたバカ脚にムチを打って
高速巡航で牽きつづけました。(もがき続けたというか、、)

45キロ以上で巡航、
ところどこ無謀な”もがきアタック”で50キロまでペースアップ、
これを数回繰り返しましたが、全てのアタックに対応、
ほぼスプリントで最大加速しているってのに横に並んでくるし、、、
最後まで千切ることはできませんでした。

トップフレームが完全にヒビ割れてるってのになんたる強さ。



4時間6分 
114キロ 
獲得標高1278m


-fin-


Comment

三匹獅子舞 下名栗諏訪神社

2011-08-28 | 生活的

埼玉県指定無形民俗文化財の獅子舞。

いきなり獅子舞ですか? という感じですが
名郷往復の夜トレで諏訪神社を通過する時、
独特の笛と太鼓の音が聞こえていつも気になっていました。
おじさんに何かと尋ねたら「とにかく観に来い」と云われたのが去年の夏。

女房とふたりで観にいってヒタスラ感動しました。
、、ということでまた今年も

戦時中も休むことなく168年ずっと継承しているとのこと。


日本刀を見せ占めてるところ
樹齢100年以上の大杉に囲まれた諏訪神社


からくさ模様でおなじみのルックスではなく
風流系と呼ばれる関東、東北に分布してる民族芸能です。
ほぼ一日掛けた6部構成のお芝居になっています。

ついに日本刀を手に入れ咥えて喜ぶ舞

最初から最後まで見るのは到底ムリなので(タロ的に)
終盤の一番盛り上がるとこ、2時間くらい観てきました。

特にエンディングは大盛り上がりで
感動のあまり目頭が熱くなる、、、
あの感覚を文章で表現するのはむりです。
文化って何だろう、、深く考えさせられるいい体験。

飯能最高
-fin-

Comment

あさめし練

2011-08-27 | あさめし練

予言的にはアメ。
路面ウェットだけど曇りだったので集合場所へ、、、

本日のメンバ
パインヒルズ あきさとさん/まつむらさん
3UP いわさきさん/まつむら

さみしめの4人で発進、
アプローチはややのんびりペース、
いわさきさんの牽きが一番いー感じだった
長渕の交差点に今村さんは現れず、、
この信号が珍しく青だったので息を整えることなくスタート、

■二ツ塚峠 
峠マスター不在のあさめし練なのでパインまつむらさんややリラックスペース
で進み、イーブンペースだったので走りやすかった。
最後のダラダラ直線まで引き脚意識で走りラストはシッティングスプリントで。
LAPタイムは意外にも過去最速の7:22 SPD22.7/32.1 HR91/95%
あきさとさんまでもがきまくったけどわずかに届かず3着。

■梅ヶ谷峠
中盤からあきさとさんが千切れ3人でひた進む。
中盤以降の斜度がキツくなり始めたころ、いわさきさんがアタック!
瞬発力のあるかなりいい感じのアタックに見えました。

わたしは対応できずマイペースで追う。
つづら折りの最後でいわさきさんを捕まえられそう、、
だったけど間に合わず。。

■梅郷SP
いろんなところから車が飛び出しては減速の繰り返しでとても勝負できる
雰囲気じゃなかったけどまつむらさんが飛び出したので対応してビミョウに2着

■榎峠
毎度のことながら材木屋手前あたりから千切れて最後尾。
あきさとさんが息を吹き返した感じでいわさきさんとやり合ってたっぽい。
着はビリ。

■バーディ坂周回 吹上トンネル~小曽木街道~バーディ坂
1LAP
バーディ坂までの巡航はややのんびりペース。
バーディ坂から追い込むのかとおもったら皆さんけっこう緩めだったので
駆けたらまつむらさんまであとちょっとという感じで2着通過
いわさきさんは出勤時間なのでここでお別れ。

2LAP
平坦区間、約30秒先のまつむらさんの背中を追う。
踏ん張っているがなかなか差が縮まらない。
振り返るとあきさとさんが追ってきてる。
吹上トンネルで駆けてみたらあきさとさんとの差は広がったみたいで
バーディ坂を上った時は既に姿は見えず2着通過

3LAP
まつむらさんが少しずつペースを上げてるようで
(それでもかなりのんびりペースなんでしょうが、、)
だんだん見えなくなった。
バーディ坂でやっと背中が見えたが射程距離ではなく
そのまま成木SP2着通過でゴール

気分が良く脚も残っていたので3UP練にはしごしようかと思ったら
アメが強く降り出してそのまま帰宅

2:09 61km 909mUP








-fin-
Comment

金曜練

2011-08-26 | 練習/サイクリング

ちょい寝坊気味の4時20に起床、
できるだけストレッチには時間を掛けたいけど時間ないので10分だけ。
集合場所のクリーンセンターをちょっとだけ遠回りして
心拍90%まで2度あげておく。

あべさん、いわさきさん、わたしの3人で発進。
わたしは要6時帰還の都合で1時間、だけど内容濃く。




■コース■
小曽木街道~バーディ坂~成木街道~松ノ木トンネル~小沢トンネル~原市場~

成木街道に入ってからが始まりっぽい感じで
結構な強度をキープ、松ノ木トンネル手前からアタック開始、
しかしトンネル内であべさんに捕まり、小沢トンネルはあべさんが余裕でトップ通過、
松ノ木トンネルでいわさきさんをかなり引き離したのに
小沢トンネルでは先行されてしまった。

ダウンヒルで名栗に降りて10キロほど先でスプリントという事でしたが
スプリント狙いは無視して全力走でどこまでいけるか、、、
とにかくハイスピードで巡航し続けました。

いわさきさんの牽きが一番安定したスピードで 
あべさんの牽きになるとペースが落ちて
わたしの牽きでハイスピードまで上げる。
協調性は無視したのでかなり走りづらかったのではないかとおもいます、、、

でもこれでいいんです。(勝手だよね)

攻められるだけ攻めて
脚が、
心肺が、
果てるまで(つまりオールアウト)使い果たそうというテーマでしたので。
かなり走りづらかったと思います、すいませんでした。
が、またやると思イマス (スマセン


1時間9分 33キロ 384mUP 
HR 81/95%(割とavgが低いですね、、、
SPD 29.8/75.9km/h


-fin-

64bit対応の動画編集ソフトです(体験版あります)for PC↓
サイバーリンク


Comment

ぼろぼろだったあさめし練

2011-08-24 | あさめし練


4時に起きて猫ども(ニャん太郎とドロ)にえさをあげる。
外はまだ真っ暗。
数週間前だったらこの時間はもう明るかったのに。
夏がそれ程長くないような、、、

集合場所のヤマザキまでちょっと遠回りして軽く心拍をあげておく。
どうせ見ない”心拍計”を今日は着けずに出発。

集合場所では
あきさとさん、いわさきさん、わたしの3人でややさみしく出発。
笹仁田峠で まつむらさん、おのさん、うつのさんが合流。

☆パインヒルズ
あきさとさん
まつむらさん
おのさん(はじめまして

☆3UP
いわさきさん
まつむら

☆HINO
うつのさん(はじめまして

■二ツ塚峠 6着
序盤はスロー、途中先頭に出た時にペースを上げてみたらヒトリで飛び出した形になり
誰も付いてこないのでペースダウン。あれ、どうしたんだろう、、、

と思っていたら
セメント屋あたりで千切れてそのまま峠通過。

多分 いつもよりもスローペースで、ヒトリで走った時よりも
遅いLAPタイムだった。 何故だろう。。

■梅ヶ谷峠 6着
こちらもミドルペース。
ラストの橋を越えたあたりで付いていけず ここでもダントツびりっけつ。
この時点で”もう帰りたいなー”って2回思ってしまった。


■梅郷SP 2着
調子が悪いのかどうか分からないが調子がいいということはなさそう。
いわさきさんがきっかけでみなさんがグワーっと一気に加速、
反応が鈍いわたしはみなさんの背中を後から追う。

スプリントで加速、先頭のまつむらさんを一発で抜いた、
これは簡単だなーーと思っていたら まつむらさんがターボのごとく再加速、
ロードバイクがあんなにトラクションを掛かけて加速できるのか、、、
まるでオートバイのような瞬発力(ほんとすごかったんです
あまりの加速具合に反応できず2着。

■榎峠 6着
信号待ちでぼけぼけしてたら取り残されていました。
あとちょっとであきさとさんに届きそうだったけど ここもビリ。
あー もうやだ。。

ここでうつのさんとお別れ

■成木SP 5着
やっとわたしがマトモに走れるステージにたどり着いた。
成木の下り区間で無謀な一人逃げをしてみようかと思ったけど
既に時速50キロを越えてるのでやめた。

更に小学校のあたりから無謀アタックを思いついたけどここもやめた。
(弱気になったから)
神社エリアを通過、アタックを思いついたけど
妄想にしか思えないのでここもやめた。

バーディ坂下通過は赤信号から青に変わる微妙なタイミング、
軽トラがいたのでゼロストップ。

こりゃ ”微妙ダナー”とまつむらさんがつぶやいていたので
エネオスまで頑張ってみなさんを牽きました。

右からまつむらさん、左からおのさんが一気に加速
どっちの後ろに着こうか迷ったが既に脚が売れ切れ、
みなさんの豪快なもがきっぷりを遠い後ろから見つめて
せつなくおしまい。

こんなことじゃ自信なくすなァ、、、


■反省■
モガキ中に気持ちが切れる瞬間、
脚ではなく、だいたい心肺が辛い。

わたしは登坂を心拍91~93%くらいで走っています。
あさめし練はそれくらいじゃないととても着いていけない。
体がデカイから仕方ないんだろうけど。
他の人はもっと低い心拍域で走ってるんだろうか、、、。

とにかく高強度域の持久力が足りない。。?
根性も足りない。

成木は必ず1着を取れてたのに今朝は何もできなかった。
原因不明だけど今日は不調だったところもあったのかな、、、



-fin-




サイバーリンク
Comment

JCRC第7戦日本CSC(修善寺

2011-08-21 | 試合

Time 1:02 
Dist 30km 
777mUP 
SPD29.6/66.6km/h

出走時間は7:42という早朝レース、
会場は富士山の先にあるので早朝というか深夜3時に家を出発。

出発早々アメでした。
中央道を進むにしたがってオオアメ
スタートでこの調子ならDNSしようと思ったけど
会場に到着するとアメ上がり直後という感じ。

■試走
初めて走る日本CSCは登坂と下りだけのコースレイアウト。
アメは降ってないけどコースは完全ウェッティ、
レース前だというのに早速ジャージ、シューズも完全ウェッティに。

□■C2クラス 6LAP 30km□■

■1LAP 9:21
スタートの合図”バンっ!!”
まずは苦手なクリートキャッチ、1発で完全成功!
スタートと同時にアゲアゲペースかと思いきや結構のんびり。

地域柄なのか、コース柄なのか、天候柄なのか、謎。

あべさんがしばらく先頭を牽く。
あべさん向きのコースもあってか調子よさそうな牽き。
最初の登坂は先頭から10番手以内、
最初の下り区間で位置取り、ライン取り、混戦でクラッシュがあると予測してたので
予定どーり5番手以内で下り進入成功

下りでコーナーが一番きつくなったとこであの音が、、、、
いつ聞いても独特で衝撃的な音。
つまり予言があたった、、
序盤、下りコーナーでクラッシュ発生。

巻き込まれた人数はそれほど多くなさそうだけど
先頭以降は集団を形成しないバラバラ状態(になってたと思う。
ひとまず危険回避は成功。

バックストレートのダラダラ登坂、さほど斜度はきつくない。
コース最後の下りを1番手で進入したかったのでちょっともがいて下りに進入、、
下りながらもトップギヤを踏んで60kmオーバー。

ゴール地点手前の最後の登坂へ惰性で進入、緩そうで緩くない、、
脚を掴まれる感覚でやや重い登りに感じた。
集団からすこし遅れ始めて2LAP目へ、、。


■2LAP 10:35
メインストレートはだらだらとした登り。
登坂らしい最初のコーナーを駆け上がる
ジャブ的に登坂がきつく感じているようで
この時点で最後尾になってしまう。

下りコーナー進入で 千切れ始めた。
バックストレートでは完全に千切れてしまった。
先頭集団の背中を数えたら11人。

レースはあの中で起こっているというのにわたしは一人旅が始まってしまう

■3LAP 10:24
1分遅れでスタートしたDクラスの逃げに交わされ
いわさきさんを含む追走集団にも交わされる
バックスレートだけ何故かやや向かい風、
ちいさいヒト1人に交わされ一人旅は続く。

■4LAP 10:36
一人旅継続、
強度、心肺、いずれもレースペースとは思えないくらい低い。
完走するためだけに走っているような感じ。
かといって、ゾロゾロと抜かれるわけでもない。
唯一わたしを追い抜いたちいさいヒトはわたしと同じペースなためか、
目の前でずっと付かず離れず。
二人で回していこう!と合図をして下りに進入。
レース中最も遅いLAPTime

■5LAP 10:29
ちいさいヒトがあまり積極的に牽いてくれない、というか辛そう?
同調してくれてる気配もあまり感じない。
つまりわたしと相性が悪そうなので、お互いなかったことモードで走る。

■6LAP 10:06
後方から2~3人が上がってきて最初の登坂で抜かれた。
下りコーナーで遅れた分を取り戻す。

わたしは下りが下手な方だと思っていたけど
みんなも結構下手なのか、ウェッティで怖いのか みなさん下りが控えめに感じました。
多少の遅れは下りで取り戻せる。
バックストレートのダラダラ登坂なんとか背中を捕らえる。
ラストの下りコーナーでロックオン、
最終ストレートのダラダラ登坂でスプリントし3人抜いた、、
最後のヒトリまであと少し、、、

ホイール半分届かず ゴール、レースが終わった。

着順不明 多分15位以内だと思います。(12位であると判明
あべさんは約束どーり5位入賞、

彼向きのコースだっただけに入賞という結果をちゃんと残せてよかったですね。
Bクラス昇格おめでとうございます。

いわさきさんは今回も惜しく8位。
あと2人交わせば入賞できたのに。

■反省点
苦手なコースとはいえ、根性がない。無さ過ぎる。
走っている時は”ここで使い果たしたら後が続かない(汗)”
なんて思いながらも終わってみれば
弱虫の単なる言い訳だったとか思えない。

ボロボロになりながらも全力を尽くたとはとてもいえない。
脚の張りも残らず最高心拍数も練習時より低い。
予想してた着順より遅くなかったとはいえ 完全に甘ったれていました。

じぶんのレースが終わった直後に土砂降りのアメが降ってきた。
帰りはいわさきさんが夜勤だということあって、あべさんの表彰式を見ずに
修善寺を10時前に脱出、
にも関わらず、東名で通行止めに遭い、中央道でも渋滞にはまり
7時間の運転で17時にやっと到着。
渋滞慣れしないワタシにはグッタリダメージ。


-fin-
Comment (1)

JCRC7戦 日本CSC 前日

2011-08-20 | 練習/サイクリング

明日(8/21sun)はJCRC7戦目(日本CSC修善寺)
C2クラスは約36名で争うレースです。

わたしはチューブレスタイヤを使用しているのですが
接地面を見たらトレッドが見えていました。
つまり完全消耗状態で数週間走っていたようで、即交換。

タイヤの皮むきと軽く脚を回しておきたい的にゆるーく走りました。
前日に抱えていた疲労がだいぶ解消されて気分的にかなりラクになりました。

1:06 28キロ avgspd25.6キロ


■明日のレースは......
私の不得意分野でもある登坂メインのコースでは
全く歯が立たないのは承知なのですが
カワマツ曰く”実力が明確に現れるコース”とのことなので
どの程度の実力なのか診断してまいります。

天気予言的には伊豆地方はアメらしく
レース中の天候はビミョウなのですが、急な下りでクラッシュが毎年多いとの
ことなので余計荒れそうな予感。

とにかく前 前で走るようにがんばろ。



ハイハイン中のタロ、
わたしは心が汚れているので味がわかりません。
Comments (5)

ユル練三練荘(金曜練

2011-08-19 | 練習/サイクリング

■8/17(wed 夜ポタ 47キロ
週末のレースに向けた最終調整”あさめし練”を寝坊してしまいました。(バカ
今週、高強度で走ったのは月曜だけ。
特に焦らず 夜にノンビリサイクリング。

あさめし成木逆走ー小沢トンネルー名郷

成木街道が未だ土砂崩れで通行止めだったので
あさめし逆走コースを淡々と登る。
適度な斜度が5キロくらい続いて修善寺的にいい感じ。

気分がいいので名郷を往復。



■8/18(Thu 朝ポタ 28キロ

体重管理的軽走

理想体重でレース当日を迎えたい。
登坂メインのコース、わたしにとってだいぶ不利な
なのでカロリー消費する程度に走っとかないと増えそうで怖い。

昨夜と同じコースをナゾルが 疲れが抜けてない感まんまん。
出だしからペダルが重い。
どこまで走ってもペダルが軽くならないので名郷をパスして帰宅。

仕事が終わって帰宅した夜もグッタリ、疲労を持ち越してしまいました。

■8/19(Fri 金曜練 withいわさきさん

前日の疲労を持ち越したままの金曜練。

あさめし成木逆走ー小沢トンネルー原市場

レース前ということで平坦路はポタモード、
登坂は高強度、ショートな1時間だったので助かった。

ラストの平坦路はおしゃべりサイクリング
”登坂でダンシングに移行したときに
ややペースが落ちるので気をつけるように!”といわさきさんから助言をいただく。

今までは体重が重かったからあまりダンシングしなかったけど
体重が軽くなってからちょくちょくするようになったので
目立ったんだと思う。

ジブンでは気付かないことを遠慮なく指摘してもらえる仲間に感謝です。



-fin-
Comment

8/16Tue 夜ポタ 16km

2011-08-16 | 生活的


盆休み最終日は”いえのひと”として。
といってもたいしたことをしたわけではなく
日ごろあまりできない掃除やら部屋の整理、たろと遊んだり、
うんぬんしただけです。

某タベホ店で昼を取りやや食べ過ぎて罪悪感、
夜にかるーく走って夏休みが終わりました。


フロはいるとこ


-fin-

Comment

山王峠 反復練習5本

2011-08-15 | 練習/サイクリング


8/15(月
参加者 あべさん こじまさん まつむら

JCRC修善寺対策として山王峠で反復インターバルを5本
こじまさんは大腿部に埋め込まれたプレート除去の為
午後に脚の手術が控えているのに来てくれました、、(痛


×一本目 11:55 avespd33.7
序盤なので約束どーりのハイペース
3段目であべさんが飛ぶようにペースアップ、
序盤なだけにあまり飛ばしたくない、、
というか飛ばせないノロ脚なわたしは2番通過

△二本目 12:35 avespd31.3
あまりよく覚えてない。
峠ではあべさんが連続でトップ通過
わたしはこじまさんからも遅れて峠はビリ。

○三本目 12:28 avespd32.9
いつも三本目あたりで辛くなって”何を言い訳に帰ろうかな”と邪念が沸く。
終了後、こじまさんも”後は勝手にヤッテクレ”的に降りようかと思ってたとか。

坂二段目で最後尾からも千切れた。
先頭のあべさんから10秒くらい遅れてる
もうだめだ、、、
”っていつも思うんだけどほんとかなー”と思い、無理やり吹っ切ったら
結構脚が回って、あべさんをパスして峠1番通過。

△四本目 12:38 avespd30.8
ラスト一本に向けて脚溜め的なスローペース
今日はいわさきさんいなくてよかった、、
彼が居たらこんな時はガンガン引っ張るに違いない

坂全般的にあべさんがアタック+ペースアップで引き離しに掛かる
わたしは余力がないので頻発的に合せられない。
こじまさんは大きく遅れることなくしっかり着いて
全体的にも安定した走り、

○五本目 12:43 avespd32.1
序盤はノロノロペース、
坂一段目 あべさんを牽制、 特に動きなし
坂二段目 あべさん先頭でペースアップでグイグイ引き離しを掛けてきた
こじまさん二番手、わたし三番手、遅れることなくくっつき虫
坂三段目 登り始めはペースを合せて 3分の2くらいからスプリントで1番通過

○ラストゴールスプリント
かなりフライング気味と思えるくらい遠いところからアタック、
逃げるつもりというより、クタクタにさせたい為のアタック。
一度ペースを落として仕切りなおし。
と思わせといてまたアタック(今度はスプリント)で1着


インターバル解散後は物足りないのでひとりで走りました。
筋肉痛になりたかった(明日超回復したい)ので
名郷往復(区間40km)をアウタートップ(53*12)でSFR?


■反省■
6月から体重を4キロ落とせたので以前よりは登りやすくなった?
けど、技術が身についたわけでも強くなったわけでもないので
さほど変わらないかもしれない。
更にまわりのみんなも強くなってるだろうからよくわからない。

高強度が長い時間続くとすぐに垂れちゃいます、つまり持久力不足。
だけどメンタル的に弱いだけかもしれない。ほんと。

高強度+長時間で鍛えたほうがいいと思う。


3:14 93キロ 獲得955m

-fin-
Comment

8/13(土曜 あさめし練

2011-08-13 | あさめし練

盆休み初日はあさめし練

参加者

パインヒルズ
まつむらさん
あきさとさん

3UP
あべさん(途中から
いまむらさん
いわさきさん
まつむら

久しぶりのあさめし練はメンバーちょっとさみしめの4人でスタート
アプローチ区間はかなりゆっくりペース、
この日は牧場坂(激坂)が控えてたのでギリギリで走りたくなかったから助かった。

■二ツ塚 4位通過
序盤は信号につかまったりアタックがなかったりで
ゆっくり目だったけどわたしのペースはあがらず最後尾まで落ちる。
ラストの直線でいわさきさんを交わし、あきさとさんまであとわずか、、
タイムは7分25秒。 わたし的には十分なタイム。

■牧場坂 6位ビリ
アプローチ区間はもっさりペース、
速いまつむらさんが何度もペースを上げるために飛び出すが
誰も同調せず、、、
気持ち的にはわたしも同調したかったけど、激坂を控えてるので
弱気になっていました

■梅郷 着不明
夏休み&盆ということで奥多摩に続くこの道は交通量がやたら多い。
スプリントお預けかな、、と思っていたらみなさんが勢いよく発射。
先頭を牽いていたことと、あっけにとられたこともあって
流すだけ。
そのあとあべさんがニューフレームで合流登場

■榎峠 7位ビリ
青信号から発信と同時にアタック、といっても弱めに。
材木屋入り口で飲み込まれ ビリ着

■成木
アプローチ区間で速いまつむらさんと高速ローテで逃げ?
信号で捕まり飲み込まれる。
ラストのスプリントは特に冒険をすることもなく冷静に距離と脚を見積もって
1着でゴール。


-fin-
Comment

金曜練

2011-08-12 | 練習/サイクリング


●参加者
いわさき
あべ

●コース
クリーンセンター~山王峠~小沢峠~成木

時間が短いのでアップ区間とか無視でハイペースで牽きました

-山王峠-
あべさんが先頭になるとややペースダウン、
アタック299の疲れが残っている様子です

ラストの坂、勾配10%のとこ)でアタック成功、
あべさんもいわさきさんも調子があがる前だったようでてっぺんいただきました。

謎の体調不良で先週は仕事を2日も休んでしまい、
かなり体力が落ちてしまったのではないかと心配でしたが、まずまずな感じで安心。

-小沢峠-
坂を下って原市場から名栗までの平坦(実際は1~2%)も緩むことなく時速35キロくらいで
ガシガシ牽かせてもらいました。
が、脚はここで使い果たした感じで
1.5kmの小沢峠は序盤からボロボロの最後尾。

”峠”になるとやっぱりあべさんは速い。
このあたりから脚も回るようになったらしく余計速い、
わたしはのぼり始め直後で既に彼の背中は見えませんでした。

いわさきさんもイーブンペースで崩れることなく峠をクリアした模様。
いわさきさんの背中も途中から追えなくなった。
峠ではやっぱりわたしはブタ脚です。


-成木スプリント-
アプローチ区間は下りだったからだいぶ回復、
ちょっと早めだけどバーディ坂下信号から飛び出してみましたが、
アタックといえるほどの鋭さがなかったので、一旦緩める。

ラストちょい上りはじめ区間からいわさきさんが仕掛け始めて
追従、ラスト100切った頃に加速して先着いただきました。

-反省-
小沢峠をマトモに登ろうと思ったらペース配分を考えたほうがいいのは
わかっていましたが
最初から全開でいくというのが今朝のテーマでした。(いいわけっぽいけど

結果的に小沢峠の入り口で果ててしまう程度のチカラなんだということ。

来週末には”初”の伊豆CSCでレース、
週末
Comment

火曜練 あさめしコース with いわさき

2011-08-02 | 練習/サイクリング


土~日~月~ずっとアメが続いていたので
まともに乗れてませんでした。

■メーターのはなし

1ヶ月くらい前にガーミン500のケーデンス&スピードセンサーが
ホイールとガチャガチャ干渉して以来スピードだけ
マトモに表示しなくなったので、電池を入れ替えたり
マグネットを付け直したりしたらスピードは復旧したけど、
ちゃんと動いてたケーデンスが表示しなくなり大変コマッタ

ガーミン500は1画面に最大8項目まで任意で情報を表示できまして
斜度、心拍数、心拍強度、距離、平均時速、ラップタイムもろもろ表示させてました。
、、けど
レースの時に全部見てる余裕なんかないし
練習で走ってるときでさえ必要な情報かどうか考えた結果、「殆どが必要ない」という気がして
今はスピードとケーデンスのみという簡素な表示にしてます。
これがなかなかいい感じで、特に心拍数なんか見ない方が調子いい。

心拍数の表示についてはゴーダさん、ミカミさん曰く、
「もうこれでアップアップか、、」的な見方をするならないほうがいいって
云ってまして、すぐに実践したところ、なるほどなっとくです。

■火曜練 あさめしコース
本日もいわさきさんと2人で出発。
2人だというのにあさめし練の時とさほど変わらぬ巡航速度でアプローチ区間を駆け抜ける。
わたしが先頭の時はやや速度が落ちてしまう。
この前の金曜はアプローチでがんがん飛ばした挙句、全敗だった。
今朝はアプローチ区間で垂れたくなかったのでカンベンしてください


●二ツ塚峠2.73km LAP比べ 

今朝 7:32 
SPD21.7/35.5.
HR93/95

土曜ソロ
7:40

金曜8:33 

今朝が一番調子がよかったみたい。
土曜のソロは割りに速かったけど温存して望んだから参考タイムとしては微妙
金曜はやっぱり垂れてたようです。

今朝は珍しく二ツ塚、梅ヶ谷、榎、全峠でいわさきより先着できた、、、フー

で、ラスト平坦の成木のスプリントはあさめし練含めても過去最高速度だったよーな。

バーディ坂下から高速で逃げて(たしか45キロは出てた)巡航し続けて
ちょっと千切れ気味になってればいいな、、と振り向いたら いわさきさんはピッタリ張り付いていて
今にも射されそうだったので一旦ペースダウンして牽制、
加速してくる気配がないので再アタック、、。
だいぶモガキまくったのに横に並んできたので これでもか ってくらいモガきました。
ほぼ同着でゴール、いわさきさんは速いですね、、、(56キロくらい出てた

「調子がいいですね」と云われたけどたぶんいわさきさんの調子が上がらなかった
だけだったような、、、
わたしはジブンが調子がいいのか悪いのか、いつもよく分からないんです。


そんな朝練でした。 ありがとうございました



Comment