そとっこ 副店長 blog

ちいさな冒険家たちのアウトドアショップ・そとっこ副店長が、お店のことや子育てのこと、南信州での暮らしを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うまっ☆

2009-07-29 | おいしいモノ
タケノコの季節はタケノコだらけ。
アスパラの季節はアスパラだらけ。
きゅうりが穫れ始めるときゅうりだらけ。
トマトときたらもう・・

どうしたって、近所はみんな似たようなものを作っているので、
お裾分けにいただくものも
同じものばかりになり、
冷蔵庫はいつもぱんぱん。

そして近頃うちの台所はトウモロコシの山。

毎日毎日おやつに出して、
バーベキューにも使って、
お弁当にも入れたりして、

それでも食べきれない。

でも、どんなに飽きてきても、
この、
娘の友だちのMちゃんのおじいちゃんの作るトウモロコシは、
いくらでも食べたい絶品です。
甘い甘い。
身体にしみ入る優しい甘さ。

農法に頑固なこだわりのあるこのおじいちゃん、
トウモロコシだけでなく、大根も市田柿も、
ホントに味がいい。

今日も娘たちの仲良しグループをみんなまとめてプールに連れて行ったら、
おじいちゃんからたーくさんいただいちゃった。

こんなおいしいのいただけるのなら、
6年女子軍団の運転手としてこき使われてもかまいません。
がんばっちゃいますっ

子ども専門アウトドアウェア&グッズのお店【そとっこ】



コメント

嗚呼、北海道!!

2009-07-26 | こどもタチ
近場でキャンプや川遊びなどのアウトドアは楽しんできたものの、
次男の喘息もあり、長男の少年野球もあり、
お姉ちゃんの好みもあり、
みんな揃っての長旅は実はほとんどしたことがありませんでした。

そんな我が家始まって以来の壮大(?)な計画がこの夏企画されていました。
1000円高速で、本州の端まで行って、
私の父のルーツである青森県下北郡でお墓参りして、
津軽海峡をフェリーで渡って、
函館、苫小牧、富良野、旭川、滝川、雨竜。
テントで自炊しながら広大な北海道を満喫して、
動物にも沢山触れ合って、
ラフティングもして、
前から行きたかったあのガーデンを堪能とか、
お話を聞きたかったあの方に会う、とか、
湿原をトレッキングとか、
それはそれは我が家に取っては、エキサイティングな、
そしてお店にとっても有意義な経験となる、
凄い夏、になるはずでした。

やっと喘息も心配なくなって、何泊も外で泊まれそうになってきたし、
お兄ちゃんもお盆は野球が休みだし、
お姉ちゃんもこの計画なら、とえらく乗り気。
夫も私も、2年半、そとっこをほとんど休みなくやってきた自分たちへのご褒美でもありました。
予約開始から3分で満席になってしまうという帰りのフェリーの予約も
死にものぐるいで頑張りました。

それなのに・・

おお、神様。
意地悪すぎるよ~

次男、学校にて
大負傷。
ちょっとやそっとじゃない。

つめがはがれて、肉が飛び出て、
骨が割れた。
つまり、 指が半つぶれ。
縫いまくり。
内出血もひどい。
どす黒くなっちゃって悲惨な指。

痛みなんてそりゃあ、
尋常じゃあなかったようです。
あまりの痛みに、本人、現場の記憶は曖昧です。

私は縫う前には見ていないのだけど、
半壊状態を見た夫は、とても元通りにはならないと思ったそう。
幸いいいお医者さんにあたって、ほぼ形は戻してくれました。

でも、
絶対濡らせない。
土いじり厳禁。
化膿の心配あり。
通院も続く。

これじゃ、
ラフティングどころじゃあない。
キャンプで泥だらけなんて論外。

かといって、
水に触るな、
土に触れるな、
なんてキャンプはあり得ない。

もし、化膿したりしても、
北海道じゃあ、
今回手術してもらった病院へも
すぐには戻れない。

我が家の壮大な計画。。。
やむなく、
断念。

お姉ちゃん、号泣。
私半べそ。

夫&兄ちゃん、いじける。

本人はといえば、
「まあ、いいじゃん、冬にスキーしに北海道行こうぜ。
飛行機でビューンと行って、豪華ホテル泊まってさ。」

うーん、君のその性格、いいけど、
パウダースノーのスキーもかなりいいけど、

その計画じゃだいぶ予算も壮大になりそうだねえ。

子どものいる生活。
なかなか思い通りには行きません。

いつもいつも振り回され、
重々分かっていたつもりだけど、
今回はやられたなあ・・。

つらいっす

子ども専門アウトドアウェア&グッズのお店【そとっこ】

コメント (4)

虫の館

2009-07-21 | こどもタチ
なんだか足の関節が痛くて、
と、先週末の少年野球の練習には参加せず見学していた長男。

帰宅すると、手には素敵(?)なお土産。

この時季クワガタなら割合手に入りやすいこの辺りでも
ここまで立派なカブトムシくんをゲットできるのはかなりラッキー。

しかも、
どうやって取ったの?
と聞くと、

「練習を見ていたら、オレの足元に落ちてきた。」

どうもこの人のところへはいろんな生き物が集まってきます。

山奥で川遊びをしていたら、
目の前の木にミヤマクワガタがちょこらんと引っ付いていたり。
大きなギンヤンマが手の上にとまってくれたり。

そんなこんなで時に虫かごから抜け出したクワガタが部屋の中をブンブン飛び回る、
なんていうエキサイティングな事態も。

そうそうそう言えば数年前には、
遠足から帰ってきた彼のリュックのポケットを開けたら、
巨大なオオカマキリにギッとにらまれ、
私、吹っ飛びそうになりました。
外に出してポケットの中を見ると、
WOW!!!
そこにはこれまた巨大なカマキリの卵。

しかし君、
身重で人間様に捕まっちゃって、狭いとこに閉じ込められて、
こんな真っ暗闇で、
よく出産したねえ。
思わずこわーい顔した母さんカマキリを
ねぎらってしまったものでした。


子ども専門アウトドアウェア&グッズのお店【そとっこ】








コメント

どっちも大事

2009-07-18 | お店のコト
メーカーさんの新作展示会があったり、
キッズもののフェアがあったり、
今月は毎週のように古巣東京に通っています。

人波にゆられながら、この頃、
月日の経過をひしひしと感じます。

6年前、信州に移住した当初は、
自然を求めて引っ越したくせに、
何もかもが新しい世界で、
慣れない習慣や人間関係に疲れてしまい、
色々なことが思い通りに行かず、
時折東京に戻ると、
とってもホッとしたものでした。

また信州に戻る時には
頭の中に『北の国から』のテーマソングが流れ
大変だけど未来に向けた試練に戦いにいくのだと
気張っていたものでした。

田舎はまるでイーハトーボかのように妄想していた
勝手な都会人だったなあ、と反省したものでした。

この頃は、何だかちょっと違います。

東京へは大抵商用で行くのでなおさらですが、
「よし、気合いだ。」
と意気込み、頑張って周りの人々に歩調を合わせ、
すっかり足が痛くなって高速バスに乗り込み、
夜半に地元のバス停につくと、
一面の草の香りにホッと安心。
自分たちの居場所に帰ってきた感覚。

でも、そんな気持ちにやっとなれるようになったのは
自然が素晴らしいから、が理由ではなくて、

この6年、色々な仕事での様々な人との出会いがあり、
語り合える友だちもでき、
一緒に子育てしあうママ仲間ができ、
どこに行っても知っている顔ばかりになってきたこと。

これがあってこそなのです。

自然がどんなに素晴らしくても、
それだけでは心豊かに安心して生きていくことは無理。
実感します。

でも、お店としてのそとっこは、
田舎だけでも生きていけません。

育った時には当たり前だった都会のあれこれが
今また新鮮な目で見ることができるのも事実。
出張の度に都会の圧倒的な情報量や優れたセンスから
いつも多くを学んで帰ることができます。

またそとっこの多くのお客さまは都会に住んでいます。
今はネット上だけだけど、
いつの日かそんな都会のお客様との直接の交流も持てるようになりたい。
これも今とっても大きなモチベーションとなっています。

でも、もちろん、この地のベースも大切に、
可能であれば、都会のみんなに
ここの自然の素晴らしさや、
農に生きる人々の文化の豊かさを、
知ってもらえるような活動もしていきたい。

どちらも大切にしていくには
もっとお店自体成長していかなくちゃなりません。

「よし、気合いだ!」

子ども専門アウトドアウェア&グッズのお店【そとっこ】

コメント (2)

昨日のツヅキ

2009-07-10 | こどもタチ
今朝、目覚めるやいなや、

次男いわく、
「今日は超いい夢見ちゃったなあー。」


「どんな夢?」

次男
「短冊に、クリスマスに好きなおもちゃが手に入るように
って書いたでしょ。
そしたらなんとそのお願いが叶っちゃった夢!!」


「・・・。」


この子は、すべてをお見通しで
私をワナにはめているのだろうか・・。


詳しくは昨日のブログをどうぞ↓↓



子ども専門アウトドアウェア&グッズのお店【そとっこ】

コメント

お願いのお願い。

2009-07-09 | こどもタチ
七夕の短冊が
「くりすます・・」から始まってる。

???

「くりすますにすきなおもちゃがてにはいりますように。」


やられた~!!



昨年のクリスマス。
数年来レンジャー系のおもちゃばかりほしがる次男のプレゼントを
どうしてくれようかと、
サンタさん、
悩みに悩みました。

そんな時期、ちょうどそとっこでは
二子玉川で期間限定店を開催中。
すぐお隣の玉川高島屋の本屋さんに行くと、
そこには、クリスマスプレゼントにお孫さん用の本をラッピングしてもらう
ばあば様がたの長蛇の列。

よし、これだ、
とサンタさん、
子供三人にそれぞれ興味のありそうな分野の百科事典を選び、
ラッピングしてもらい、
数日後のクリスマスの夜には枕もとに忍ばせたのでした。

おもちゃを心待ちにしている次男は屁理屈を言うであろうことが想像できたので、
「今年はね、サンタさんはね、
君たちが賢く大きくなっていくために
今一番必要だと思うものを、
考えに考えて、心を込めて、
くれるらしいよー。」
と丁重に前フリをしておきました。

クリスマス当日。
ちょっと残念そうな顔をしながらも
前フリのおかげで、サンタさんには文句が言えないと悟っている様子の次男。

あの時からずっと温めていた思いが
この短冊に集約されたようです。


子ども専門アウトドアウェア&グッズのお店【そとっこ】














コメント

梅雨に咲く

2009-07-02 | ここのコト
ガクアジサイの仲間かな。
ガクが八重花になっているところがとてもきれい。
葉っぱが青々としているところを見ると
この場所がとても気に入ってもらえているみたい。

ガクアジサイの花言葉は
「謙虚」だそうで。
まさにその通り、
勝手口を出た裏通りに、
清楚に、謙虚に、咲いています。



子ども専門アウトドアアウトドアウェア&グッズのお店【そとっこ】







コメント

ヘッドライト最新利用法

2009-07-01 | お店のコト
週末に我が家に隣町に住むお客さま一家が遊びにきてくれました。

実店舗のないネットショップなので、
家にはオフィスしかないのですが、
そんなオフィスにこうやって最近時折、
地元のお客様兼お友達がお買い求め兼お遊びに
来てくださる機会が増えました。

この日のお目当ては
ヘッドライト。

二人の小学生君たち、以前からヘッドライトにとっても憧れていたんだそう。
スゴイ。
憧れるものが通だ。
と、店長副店長感激。

マムート ルシード と パナソニック 2way ヘッドライト

を夏休みのキャンプのナイトハイク用にお求めいただきました。
2人は早速興奮しながらオフィスのデスクの陰に入りこんでみたり、
廊下を走りまわったり。
見ているコチラが楽しいひとときでした。

ヘッドライトはネットでも当店の根強ーい人気商品の一つ。
夏休みに向けて日々全国各地へ旅立ってゆきます。

登山やキャンプの必需品ですが、
私も常備してます。
ナイトハイクはなかなか行かないけど、
子育て必需品なんです、これ。

何の用途にって?

子どもたちの耳かきをする時にとってもよく見えて最高。
これを手に入れてからめちゃくちゃよく耳あかがとれるんです。
爽快

子ども専門アウトドアウェア&グッズのお店【そとっこ】



コメント