そとっこ 副店長 blog

ちいさな冒険家たちのアウトドアショップ・そとっこ副店長が、お店のことや子育てのこと、南信州での暮らしを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

産んだ日

2011-09-15 | ツブヤキ
今日は末っ子の誕生日です。

子どもたちの誕生日がやってくると
どうしたって必ず思い出してしまうのが
その子どもを産んだ日のこと。

特にこの末っ子の誕生の日のことは
なかなか忘れようがありません。

この子をお腹に宿し、臨月に入るかという頃、
父が末期癌で地方の病院に入院。
私もまだ幼い上の2人の子を姑に預け、
何度か東京と地方を行き来しましたが、
あっという間に帰らぬ人となりました。

父の仕事柄、地方と都会の2カ所に拠点を持っていたこともあり、
亡くなった地方で(それは今私の住む地方でもあるのですが)密葬を済ませ、
首都圏の父の自宅近くでの葬儀は1ヶ月後に執り行うことになりました。

そこから1ヶ月後といえば、
出産予定日3日前。
上の2人の子はどちらも予定日数日前に産まれています。
葬儀会場は東京の私の嫁ぎ先の家から車で2時間近くかかります。

いつもいつも私の健康には気を遣ってくれた姑。
曰く、
「子どもたちと一緒にしっかりお父さんを送ってくるから、貴女は待っていなさい。」
私と、いざという時の運転手役の夫は、2人で留守番をすることに。
久々に2人きりの静かなゆったりとした時間を過ごしました。

ずっとずっと幼な子に合わせた食事の数年間で、
食べたくても食べれなかったインド料理なんか食べにいっちゃったりして。。

夜7時。
「無事送ってきたから安心してね。」
「大勢見送ってくださって、立派なお葬式でしたよ。」
姑が子どもたちを連れて帰ってきました。

なーんだ、結局今日は産まれなかったし、
これなら私も行けたかも。

と思ったその瞬間。

うっ。

陣痛が始まりました。

カラダが大きくて分娩台の上でかなり苦しまされたけれど、
人一倍大きな泣き声で、
日が変わる頃に産まれた次男。

あれから9年。

格闘技。
機械いじり。
人。
辛い食べ物。
派手でオシャレな服。


思えばこの子は物の好みが亡き父に似ています。
図々しい性格もそっくり。

命はつながっていきます。

お誕生日おめでとう。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 川・川・川 | トップ | やっと実現! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いちご)
2011-09-15 19:08:24
おーなんと!!
うちの娘と一日違い!!
すばらしい時間を過ごした後、生まれてくるなんて!孝行息子ですね。

お姑さんもステキな方で。
いいひと (そとっこ)
2011-09-15 22:22:50
いちごさん、

いい人、大事な人って、
どうも早くに自分のそばからいなくなってしまう気がします。

来月には、その姑ももう7回忌です。
Unknown (ゆのちゃん)
2011-09-16 09:53:28
こんにちわ。素敵な話です。私も、ふっと、6か月前の娘の出産を思い出しました。

こちらの義理父が亡くなり丸3年目の命日の2日前、義理父の生まれ変わりのように娘は産まれました。亡くなる寸前には「もう、治療はやめなさい、体壊すとだめだよ。息子一人いるんだから。」と言ってましたが、根負けしたのか?
ジーちゃん生れ変わってきたのか?ジーちゃんに似ているかは、今のところ?ですが。

今後がお互い楽しみですね。
会えないけど。。 (そとっこ)
2011-09-16 11:05:20
ゆのちゃんさん、

義父さんがもし今も生きていらっしゃったら、娘さんの誕生をどれだけ喜ばれたことでしょう。

私もよく想像してしまうんです。
次男が悪さする度に、
ああ、父だったら自分自身も昔ワルだったから、
きっと意気投合して、
この不良ぶりを目を細めて楽しんだだろうなあ、なんて。

現実世界のタイミングって思い通りにはいかず、後悔も多いですが、
あちらの世界へ行っちゃった皆さんは、そんなことを気にもせず、空から覗いて楽しんでたりするのかな。
そうだといいですね。






コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツブヤキ」カテゴリの最新記事