広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

絵本を自分で読めるようになるには

2016-11-29 00:11:46 | 学研教室

みなさんは月にどのくらい本を読んでいらっしゃいますか?

大人が本を読む。

この姿勢を子どもたちに見せることは重要な意味を持ちます。

その姿をみて、子どもたちは成長するのです。その姿をみて

育っていくのです。

ネットが登場し、短いスローガン的な言葉に目が向きがちですが、

一つ一つ選び抜かれた言葉で書かれた文章はとても奥が深いものです。

前回からの続きです。

子どもたちにいかに本好きになってもらうか…

とっても簡単なことなのです。

図書館に連れていくことです。

なんだそんなことわかっている!と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

連れていったあとが大切です。

この本おもしろいね~。この本知ってる?といいながら、

子どもたちはたくさんの本に触れ合います。

そのあとです。そのあとに子どもたちが好きなことをくっつけて行うのです。

例えば、子どもたちが好きなら「マックに行こう!」図書館に行ったらマックに行ける!とインプットするのです。

また、「アイスを買って帰ろうか♪」

図書館に行ったら、アイスクリームが食べられる(^^♪

こんな感じで、本(図書館)+子どもたちがわくわくすること、好きなことを

組み合わせるのです。

そして本が好きになりかけたとき、シリーズもの読むように進めていくと

一気にはまっていきます。

本は楽しいを脳にインプットしてください。

少しずつ少しずつ、本=楽しい、うれしい♪と。

「うちの子、まったく本を読まない(>_<)」と思うのではなく、

おうちの方も一緒に楽しみながら、本と触れ合うように…

こんな絵本おすすめサイトもご利用ください♪

 無料体験学習 受付中!

 

ただいまキャンペーン実施中♪

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 絵本を読める子どもに | トップ | 計算力と文章問題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学研教室」カテゴリの最新記事