私の愛しいこどもたち

お空にいるげんちゃんへのラブレターと、
舞い降りてくれたげんちゃんの妹弟の成長と、
私の心日記です。



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2012-09-13 06:43:14 | Weblog
ネットではさまざまな情報が飛び交っています。

野菜、お肉、お魚、海草・・・

放射能汚染問題。


情報を見れば見るほど、何が真実で、何が嘘なのか、判断できません。

私は放射能に付いて無知。


だけど、体にいいものか悪いものかといえば、悪いものということだけ分かる。


それはどの情報にも共通していること。


「放射能は体にとって悪いもの」

また、すぐに反応が出るのではなく、何年後かに症状として現れるらしいし。




放射能は目に見えないし、どこに飛んでいるのかもわからないし、

野菜も、肉も魚も、口にするものすべて、自分で放射線量を測れる機械があるかってないし、どうやって防ぐのかとなると、

やっぱり、自分の信じてるものを選ぶようになります。



十数年後に「放射能が原因で・・・」という病気なんか、子どもをさせたくない。

守るべきことは、親が守っていかないとって改めて思うようになりました。


「放射能」、深刻な問題だと思います。


わが国の中で、放射能がだだ漏れなんですよね。

大問題だと思います。


普通じゃない。


がんばろう日本って掲げて、スーパーでは産地を表示してお魚を売っています。


でも、ニュースやネットでは、汚染問題が流れています。


アバウトな情報しかない中、

このお魚を買って、子どもに食べさせるということができないです・・・



でも、これは風評被害ということなのかな・・・


私にはわかりませんが、

自分が信じられるものしか、やはり子どもの体に入れたくないという信念は変わりません。

安全かどうかわからないものを、食べさせられない。


未来に希望や夢を持っている子どもに、絶対、何かあってはならない。



「仕方ない」って済ましたくない。


私は、この秋、畑を借りて野菜を育てることにしました。


すべての野菜というわけにはいかないし、
スーパーのお野菜に頼ることももちろんこれからもあります。

お肉やお魚も、スーパーで買うことになります。

でも、きっと、産地に目を光らせてしまう自分がいると思います。


お野菜についてはもともと、家庭菜園は好きなので、
前からやってみたいとは思っていましたが、

これをきっかけに色んなお野菜の勉強をして育ててみたいと思いました。


防虫ネットも安く見つけられて、いよいよ植え付け開始です。

うまくできるかな。


みなさんは食べ物について、どんな考えを持っていますか?


私はネットやテレビで流れる、
真実か真実じゃないのかわからない情報に
戸惑っています。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« う~ん・・・ | トップ | ニュース »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こはる)
2012-09-13 22:18:05
gennta母さんと同じ考えです!
こちらはA県ですがなるべく県産のもの、あとは納得できる産地のもの以外は食べさせたくないです。
少し前に3ヶ月くらい白菜が茨城県産しか売ってなくてその間はずっと白菜が食卓にあがることはありませんでした。
その他の食材も納得いく産地でないと何ヶ月も食卓にはあげません。
先日スーパーで桃の試食をやっていて店員さんが息子と娘に食べさせてくれました。
息子が美味しいと言ったので買おうと思ったら福島県産でビックリしました。
こんなにショックなことはないです。悔しくて本当に悔しくてすごく頭にきました。
でもお弁当とか惣菜も食べさせたりするので完璧には除去できていないはと思うのですが
やっぱりわざわざ福島県産を選んで食べさせはしません。
TVでは食べても大丈夫と言っていますが、
大きな病院の小児科医がよくないと、ここだけの話だよとこっそり教えてくれました。
畑、素敵ですね!gennta母さんのお子さんたちは幸せですね^^
収穫記事がまた楽しみです。
こはるさん (genta母)
2012-09-14 08:45:53
コメントありがとうございます!

こはるさんも同じ考えと知って嬉しいです。
幼い子どたちがいる家庭は特に、色々と考えさせられるものがあると思います。
納得のいくものを、安全なものを、信じられるものを、口にするということ、私はとても大切なことだと思います。
桃の試食、読んでいてぞっとしました。
市場に出ているものはもしかしたら安全なものかもしれないけれど、
でも、自分の目で検査したわけではないから、
なんというか・・・
ちいさなお子さんに試食を勧める店員さんは何の疑いも持っていないということなのでしょうか・・・
これもまた現実に起こっている事に対し危機感に欠けているような気がしてなりません。

復興について、もちろんできることはしたいと常々思っていて周りの国民が力を合わせないといけないときだと思っているけれど、ひとつ、「放射能」についてのことはまた違うものだと思ってなりません。
スーパーに掲げている「がんばろう日本」というのにも、疑問を感じてしまいました。未来ある子どもたちを守るには、ちょっと違うように思いました。

お野菜、またアップしますね^^









コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事