おうまのバケツ

日本の馬産は変革の真っ只中。
小さいながらも夢はでっかく
ない知恵絞って奮闘中。

終盤戦。

2011-05-15 | 日記
出産もすべて終わりました。
今のところ、約半分が受胎して種付けシーズンも終盤戦といった感じです。

4月から5月にかけては、雨が多くて仕事も遅れ気味。
放牧地へ牧草の追播(種まき)をしましたが、雨の影響で入り口付近や牧柵沿いの部分は、
例年より草が無くなっています。放牧地のローテーションを考えながら放牧をしないとなり
ませんね。

震災の影響で、食べさせているサプリメント(配合飼料)が国内生産ではなくて輸入物(製品
は同じ)に変わりました。納品書を見ると20キロあたり770円上がってる・・・・・。
種付け料下げても、エサは変えられぬ。エン麦も値上がりしましたし、生産費は増えるばかり。
厳しさは増すばかりですね。

気分を変えてくれるような走りを、生産馬たちに期待したいところ。