師匠くん自宅療養中。

2018-04-11 22:34:19 | しあわせの日々
先週土曜日に退院してきた師匠。
一週間も離ればなれになったのはこれが初めてだものだから、帰ってきてからのもっちゃんの嬉しそうな様子ときたら。


「師匠くん・・・・❤️」

師匠もすっかりリラックス。



入院中とはずいぶん違ってますな・・・。
お見舞いに行った時母に甘えまくってメロメロふみふみだったのに、自宅に戻った途端、全然構ってくれません( ;∀;)

元気そうではありますが、糖尿の診断を受けた以上、一生懸命治療に励まなければなりません。
今までのように、おねだりしてもおやつは貰えません。
一日に決まった量は、師匠85グラム、もっちゃん54グラム。これを一日二回に分けて与えます。
師匠は低血糖を起こしてはいけないので、体重をある程度キープする必要があるためちょっと量が多めなのです。もっちゃんは一応、通常の子の適正量ですが、ずいぶん量が違うように感じます。

きちんと食べたらインスリン注射。食事と食事の間は概ね12時間空きますが、器がカラッポになっても時間まではお預けです。
これ、師匠達も慣れるまでちょっと辛そうですが、実はしもべたる我々にとってもかなりの試練なのですよ・・・。

想像してみてくだされ。二時間も前から、器の前に座ってキラキラした目でじっと見つめられるんですよ!
目が合うと、かわゆ〜き声(または情けない声)で『にゃにゃ〜ん・・・』とおねだりするのですよ!
それでも心を鬼にして耐えていると、師匠はテーブルに上がって、トースターの周りをペロペロ舐めるんですよ・・・。
これに耐えねばならないのはとても切ないです。しかし、食事管理が今後の師匠のしあわせにつながるのですから、ここはしっかりしなければ!
一番、頑張っているのは師匠と、一緒に食事療法頑張っているもっちゃんですからね。

数日、低血糖の発作が起きないかとか、ドキドキしながら様子を見ていましたが、今の所問題はなさそうです。





食事の後は、毎日一緒にお昼寝タイムを楽しむ師匠ともっちゃん。
二匹くっついて大きなハート型に!!❤️


今週末には、師匠、また病院に行って血糖値の検査をしてくる予定。少しでも改善されてるといいなあ・・・。


おっとりともとなりはきょうもしあわせ。

 にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加