昔、新宿のFugetsudoによく通ったものです!

そろそろ先が見えてきましたから、今のうちに記憶を書いておこうと…

移転先を考える

2015年02月15日 | ファンタジア・その後

 伊豆高原には、僕の心臓の病気を専門的に対処してもらえるクリニックや、病院がないと分かったことはショックだった。迂闊にも、すみかを選択するときに医療環境の考慮が薄かったのだ。それだけ、それまでは健康だったといえるだろう。さてどうしよう‥。


 <大室山>

 伊豆高原に住み続けるか、それとも医療環境の整った所に移転するかと迷った。移るとしたら、何処だ。長く住んだのは横浜だから、希望としては横浜。もしくは生まれ故郷で、大学時代から住んだ東京も候補地だった。

 しかし、気温の温暖化が進んで、東京でも夏には41℃などと、テレビが伝えていた。蒸し暑いのが大嫌いだから、ちょっと考えなくてはと思った。それに、横浜や東京のマンションの値段がとても高い。一度、戸建を買った身にとっては経済的に厳しい。

 伊豆高原に移ってまだ6年目のことだから、また転居かと気が重い。これまでの候補地選びの経験から、医療のほかに、都会で、しかも自然があるところ、気温が高くないところ、もちろんあまり寒くないところと考えると、仕事で二、三度行ったことのある仙台が頭に浮かんだ。

 気象庁のデータを過去に遡って調べてみた。すると過去30年間の平均気温で、仙台のそれは、東京に比べて通年で4℃弱、低いことがわかった。冬、つまり12月から3月の厳冬期を外せば、平均2℃くらい低いだけだ。温暖化の環境では住みやすそうだと思えた。降水量(雨と雪)、はあまり変わらない。気候は東北とはいえ、一応太平洋側なので、日照時間なども一年で50時間ほどの差だ。


 <仙台市>

 テレビの天気予報を注意してみていると、僕の思っていることが正しそうだと見えてきた。東京の天気予報パターンと仙台のそれは酷似している。全国の天気予報で見ていると、東京と仙台はだいたい同じ天気だ。太平洋側の平野ということが、そういう気候を生んでいるようだ。

 三陸や蔵王の自然にも近いし、都会。100万人を越える制令指定都市だ。いいかもと思った。都会であるということは、僕には重要だった。

 Nさんに相談したら、まぁいいんじゃない…と了解を得た。彼女にとって、初めて横浜を離れて住んだばかりの伊豆高原。やっと友達も出来始めた彼女にとって、ここから再び離れることは、かなりのストレスだったはずだけれど。

 仙台は新幹線を使えば、東京へ1時間40分というのも魅力だ。東京や横浜の友達とも、まぁ時には会えるようだ。

 しかし、最大の問題はやはり金だった。僕は、離婚した妻と二人の子供に、僕の持っていた不動産全部と、退職金のまとまった金の1/3を渡していたから、僕が自由にできる蓄えはたいしたものではなかった。

 2500万円で買った伊豆高原の戸建てを売るしかない。それができなければ、仙台にマンションは購入できない。できるだけ高く買ってもらわなくてはと、不動産屋さん選びに苦慮した。全国展開をしている仲介業者、二社と、地元の伊豆高原で別荘などを売り出している中堅の業者を選んだ。

仙台のマンション選びは難しかったが、ネットのありがたさを痛感させられた。遠く離れた伊豆から、仙台のマンション情報が得られるのだ。もちろん、先端医療の東北大学病院に近いことは、前提条件。心房細動に対応する先進技術も整っていた。これが仙台への移転の目的だったのだから。

 さらに、僕のうちにはNさんのほかにカロがいた。犬がOKのマンションはなかなかない。これも苦労したところだった。金額、地域、環境、プラスいぬOKの条件で調べた。ネットでのサービスが完備しているのは、やはり全国展開している大手不動産屋さんになる。

 絞っていくと、結果として10棟くらいのマンションが浮かびあがった。しかし、現物をこの目で見ておかなければ、本当の選択はできない。三カ所をみるつもりで、三井リハウスに連絡を取った。

 9月になって、一人で仙台を訪ねた。暑い日の続く日で、東京を離れることが正しい選択だと思わせる時期だった。三井のリハウスで、条件を述べて、候補になるマンションを三つ見せてもらうことにしていた。

 仙台の繁華街、クリスロードに近いビジネスホテルに宿を取り、その夜は、三陸の生牡蠣を食べさせてくれる店を紹介してもらって、ハウスハンティングに備えた。こんなに旨い牡蠣を、産地を比べながら食べられるって、シャブリを開けた。

コメント

My Bucket List (棺桶リスト)を作る

2015年02月01日 | ファンタジア・その後

 遺伝性の難病、肥大型心筋症とその結果の心房細動を持つ僕は、どこかでみたThe Bucket List(棺桶リスト)を作ってみようとやり始めた。これは、アメリカでは普通に行われていることらしいが、死ぬ前にやっておきたいことをリストアップして、実行していくということだ。




 <バケットリスト>

<この写真は、flickrからPareeさんの“The Bucket List”をお借りしました>
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

 僕の心臓の発作は、突然やって来て、突然の死への道が現れるということだから、死というものの現実味が僕には見えてきた。時間を大切にしたいと思うようになった。

 まずは、くたばる迄に「会っておきたい人」のリストを作る。「行ってみたい場所」のリストを作る。「やっておきたいこと」のリストを作るというように、頭の中の棚卸をやるわけだ。

 会いたい人のリストを作っていたら、当然だけれど、アメリカに嫁にやった君が現れた。僕の処女作の本や、親父の、姉の絶筆などをアメリカまで送ったけれど、やはり、一度は会っておきたいという気持ちがどこかにあった。たとえ会えなくても、君の気持はどう整理されたのかを知っておきたかった。僕の君との気持ちは整理がついていたはずなのだが、どうやら、感情は燻りつづけているらしい。

 アメリカの住所は分かっていた。カウンセリングの研修会で東京に出た時、出光美術館の広いロビーで、君への葉書を書いて送った。親父と姉の7回忌と3回忌を同時にやった田舎の寺に近い米子から、僕の心に残っている君への未消化な気持ちを書いて送った。

 僕自身が自分の気持ちを整理して書いた。会ってくれとか、アメリカから帰ってきてほしいとか、そんなことは書かなかった。僕自身も、Nさんという人を見つけて、犬のカロと3人で、平和な生活をしている身だったのだから、自分の今日的な実生活があった。

 ただ、運命のいたずらで始まった君との秘めたる恋について、僕の君に対する気持ちは理解しておいてほしいと思った。それも、くたばる前に、やっておきたいことだった。

 返事が来ることを期待してはいなかった。あんなに強い心で、君をアメリカに嫁にやったのだから、再び、二人の世界を作れるなんて思ってはいなかった。僕が引きずっている君への気持ちを述べて、僕の宿題、棺桶リストに、〇を付けておいたかったからだ。やはり返事は来なかった。



 <僕のバケットリスト>

 次に着手したのは、長い間訪れていない、僕の心の第二の故郷、イタリア・ミラノへの旅だった。述べ2年以上、イタリアに住んでいたわけだから、くたばる前に、最後の帰郷をやっておきたかったのだ。それに、僕のイタリアに対する気持ちも本に書き残したいという気持ちがあった。

 問題は犬のカロだった。その頃はまだ、カプセルを体内に埋め込む体制が出来ていない頃で、イタリアへの入国に関しては、狂犬病やワクチンの証明書があれば、そのまま入ることが出来た。イタリア・モンッツアに住む、古いイタリア人の友人に聞いてみたが、イタリアでは若干の制限はあるが、まあ、犬連れでの旅に大きな支障はないようだった。

 しかし、調べてみると日本の動物検疫は遅れていて、成田で3か月の係留が義務付けられていた。成田まで状況を見に行った。でも、それはNさんにとっても、僕にとっても、受け入れがたいひどいものだった。夏の3か月をここで暮らさせることはできない。さてどうしたものか。

 体力に自信がある裡にと、イタリア行の希望は育っていった。長岡・順天堂の先生は、危険は避けた方がいいとアドバイスをくれた。同時に、頓服を含めて、これだけの薬を持っていけば、なんとかなるだろうとも言ってくれた。さらに、僕の病気の説明を英語で書いてもらった。本当はイタリア語にしたかったのだが、それは僕のイタリア語の力不足で、はちょっと無理だった。病名と、薬品かはなんとかイタリア語で一覧表を作った。



 <イタリア語の薬の一覧>

 カロの件では、かかりつけの獣医さんに相談した。いろんな施設を紹介してもらって見に行くと、ちょっと安心できない。最終的には、獣医さんのところで、一か月間、預かってもらえることになった。一緒に家族として旅が出来ないのは残念だったけれど、カロは日本に残していくことにした。

 4週間のイタリアの旅は達成できた。田舎まで入り込んでおきたかったトスカーナで、時間を使った。まあ、これが最後の旅になっても、棺桶リストには〇が付く。



 <ドゥオモ>

 これで、大切なやることの二つは完了することが出来た。


P.S.
 一か月後、僕たちが帰ってきてカロを動物病院に迎えに行ったら、知らんぷりをされた。彼は怒っていたのだろうか、それとも、動物病院の食事時間の方が気がかりだったのだろうか、わからない。
コメント