昔、新宿のFugetsudoによく通ったものです!

そろそろ先が見えてきましたから、今のうちに記憶を書いておこうと…

失恋の追体験

2013年09月29日 | ファンタジア・その後

 君が国際結婚をしてアメリカに旅立ってから、僕を襲ってきたのは寂しさだった。

 失恋は僕は二回経験している。君との別離が、過去の失恋の感情を強く引き出してしまった。

 いろんな所に、事に、君を見出す自分がある。音楽を聴いても、TVのニュースでどこか二人で出かけたところの名前が出てくると、その時のことが思い出される。こんなことがいっぱい、いっぱいあるわけだ。

 最初の失恋は、絵描きの卵との別離だった。大学生だったから、本当の初恋だったし、心の入れ込みかたが深かったのだろう。今でも、Nさんの展覧会を探したり、絵を見たり、怒られながら年賀状を出したり、なかなか忘却のかなたに忘れ去る…ということはできていない。

 あの時も高円寺、荻窪、吉祥寺など、中央線の沿線の名前を聴いただけで、思いはNさんとの時間に戻って行って、別れた自分を悔やんだりしていた。あの時は、自分の感情に逆らって、論理性からの頭でっかちの怒りで別れてしまった。結果として、感情の処理が出来なくて尾を引いたのだ。おそらく今も…。

 君との別れは、やはり失恋だった。大切なものを手のひらからするりと失ってしまって、感情は波立っていた。心に、心臓のあたりに鈍痛が感じられるのだ。

 二俣の姉のマンションに住みながら、夜毎、ウイスキーのボトル三分の一くらいを消費しながら、厚いノートに、自分の気持ちを書きなぐっていた。毎晩だった。それは僕自身に対する悪態であり、時には君が残したいとおしい思い出の一旦だったりした。

 やはり、一番多かったのは、君と過ごした場所の思い出に感情が繋がったことだったかもしれない。そして、自分一人で身をおいてみるということはよくやった。



 当然、君とたくさんの時間を過ごした、君んちの葉山の別荘あたりを歩いてみるということになる。車で、横浜・横須賀道路を走って行けば簡単。逗子ICで降りればすぐだ。

 懐かしい急坂を登って、誰もいないことを確かめて、君んちの駐車場に車を入れる。そこからちょっと庭に入り込んで、振り返れば、江の島が見える。何度この風景を君と一緒に見たのだろうと思うと、懐かしさが胸を苦しくする。前の家の黒い犬も相変わらず吠えている。

 腐ってしまって、僕が片付けた庭のテーブルとベンチのコンクリートの基礎に座りこんで、僕は海を眺めている。頭の中には、雨戸の閉まった別荘の中の様子が浮かんでくる。ソファーベッドのモスグリーンのうえで抱き合った染みの痕とか、寒かったシャワールームの様子だとか、いろいろと浮かんでくる。

 近くの魚屋さんで作ってもらった地魚のお刺身が並んだテーブルも、別荘の中にある。

 一人で庭にいてもしょうがないので、車に乗り込んで下に下りてみる。港、パン屋さん、お酒屋さん、小さなスーパー、日影茶屋などを回ってみる。もちろん、君はいない。

 葉山から車を走らせて、御用邸前の蕎麦屋を眺めると、どうもつぶれてしまったようだ。長者が崎にはモダンなビラが建った。秋谷のカフェは、今も店を開けている。立石からの相模は、今日も波が荒い。時には駐車場に止めた車まで、しぶきが飛んでいる。

 佐島マリーナに寄ってみたけれど、車はホテルにしか止められないようだ。仕方なく、さらに車を転がす。

 林ロータリーを過ぎれば、荒崎まで…と心に決めて走り続ける。相模湾の夕日が輝くころ、荒崎の崖を登って熊笹の中を分けて頂上に立つ。君と、何度来たことだろう。相模湾の夕日を見るにはこんな素晴らしい場所は他に無い。白波が立って、荒崎特有の何本も海に向かって縦に走る岩の入り江に、しぶきが上がる。風は強い。汐の香りがする。



 城ケ島まで行くのは、今日はもう無理だから帰ろうと車を回す。林ロータリーまで、相模湾沿いに走って、それから横浜・横須賀道路を目指して山の道に入って行く。

 横・横を猛スピードで走れば、二俣は近い。心は楽しんだだろうか、それとも傷を深くしたのだろうか、わからない。

 なんだか僕にとっては、三浦半島は鬼門になってしまった感じがする。すべて、君のせいだとノートに書き散らす。失恋の実感がジワリ。

<この荒崎の写真はflickrより、Nao Iizukaさんの「荒崎」をお借りしました>
Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution 2.0 Generic License.
コメント

ファンタジア・その後

2013年09月08日 | ファンタジア・その後

<タイトルをクリックすると、絵が大きくなります>

 ファンタジアを2005年12月から2013年8月まで、7年8か月かけて、104のエッセイにまとめました。長い、長い、独白でした。

 このシリーズに最初からお付き合いいただいた方がいらっしゃるとすれば、7年8か月の年齢を重ねていらっしゃるわけで、書いている本人も同じように年を取りました。

 この8月の「かいま見たアメリカ人、そして別れ」が、この物語の終わりです。

 僕自身が“君無しで耐えうる強い心の準備”が出来ていたかというと、残念ながら、その尾っぽを断ち切れてはいない自分が発見されました。女々しいことです。最近は女々しいのは女性ではなく男性のようで、僕自身もその範疇に入るのだと思います。

 “君”は14年間、僕の精神的支えとなり、僕の存在を助けてくれました。しかし、それを十分に知りながらも、やはり君の女性としての最大の命題である、子供を作って、母親を生きるという道を閉ざしている僕の存在をどうするかを考えました。

 意志を持って分かれるのが正しいだろうと、結論づけたわけです。かなりの痛みは予想していました。

 幸い、関東2サイトと関西も統括する本部長になって、仕事はさらに忙しくなり、飛び回っているのは助かりました。新幹線の回数券を買って、京都に月3回は二泊二日の出張をし、そこで部下や関連部長と会議して決定しなくてはならない環境で、自分の気持ちを振り返る時間はありませんでした。

 一方、中途半端な僕の結婚にも決着をつけなくては、と思うようにもなりました。子供たちの巣立ちが迫っていたのです。カミさんは、主婦としてちゃんと僕を妻として支え、そして子供たちを育て、地域社会と役割を果せる人と見込んで結婚したわけですが、それは100%、達成されました。

 しかしながら、自分たちが設計した戸建を建てた時、二人の間に、全く違った価値観があることが分かりました。

 僕がこの人と結婚するまでに出会った女性たちは、みんな普通の人ではなく、得意の分野のある人ばかりでした。絵描きの卵とか、グラフィックデザイナーだとか、ピアニストだとか、女性経営者だとか、バンドのドラムスをやっている人とか…、テレビのアナウンサーとか、姉貴みたいな人とか。一緒にいるのが楽しかったのは、こういう人たちだったわけです。

 こういう人に、サラリーマンの嫁さんになってもらうことができるとは思えなかったのが僕の感じでした。が、それは後になって、間違いだったと思い知らされました。この人たちの大部分は、結婚し、立派に主婦をやっています。いっぽう、僕がカミさんに選んだ人に、僕は感情的に入れ込むことが出来てなかったのです。

 破綻が訪れました。

 僕が建てた家を、僕が出て一人暮らしを始めたのには、そんな経緯があったのです。もちろん、週末には子供たちに会いに帰りました。

 カミさん自身も、僕達の子供ができた頃から、二人の間には同じ価値観がなく、二人で共有することが無いと認識していました。カミさんもこの結婚の失敗を認めていたわけです。“君”の存在がバレた時、子供たちが巣立ったら別れようという合意が出来ていました。

 ただ離婚には、彼女からの条件がありました。それは、“君”と僕が分かれることというものでした。彼女のプライドがそう言わせたのだと思います。それは、僕にはつらいことだろうとは思っていましたが、その時になって考えればいいや…と思っていました。

 そんな状況で時間がたって、君との別れ、君のアメリカ人との結婚、渡米となったわけです。

 君が旅立った後、子供のこともあり、カミさんとのスタンスを変えることはできないままでした。

 しかし、僕も新しい自分探しをしてみようと考えました。やってみたい仕事があるということを知り、自分で仕事とは別に勉強し、それを仕事の場で実践し、手ごたえを感じていた僕は、25年間勤めていた会社を辞めて転職しようと考えました。常に新しいプロジェクトを走らせていくという仕事に、嫌気を感じていたわけではなかったのですが、二番目の僕を実現してみたかったのです。

 僕の勉強をスーパーバイザーとして見てくれていた、尊敬している先生に相談すると、自分は自分の後継者は育てないと言われました。僕としては、先生のお手伝いをしながら、自分の可能性を見出したかったわけですが…。かといって、その時、一人で独立してその仕事をやることには、まだ自信がありませんでした。

 そんな風に、君との関係は終わり、カミさんとの生活は子供の巣立ちが未だで終わらせることはまだできず、新しい仕事への転身も出来ず、ちょっと宙ぶらりんの不安定な世界に入り込んでしまいました。

 唯一の進展は、アメリカ西海岸で行われた3週間のインターナショナル心理学ワークショップに参加して、新しい自分を発見し、将来への転身の可能性を確かめることが出来たくらいでしょうか。

 これからは、「ファンタジア・その後」として、君と別れた後の僕自身の心の葛藤、君への気持ちの処理などについて、少し書いておこうと思います。お付き合いください。

 そのころ、一番心に響いたのは、サザンの「会いたいときに君はいない」の曲でした。


コメント