じいじのひとりごと

一人暮らし、ラブラドールのラヴが残り人生を伴走してくれます。

母の日に思う

2018年05月13日 | 日々のこと

母親は大正元年4月8日生まれでしてね、お釈迦様と同じと覚えています。

(正確には明治45年になるのでしょうか、、、母からはいつも大正元年と聞かされていた)

 

現代ならば小学5,6年生にもいるような小柄な体格でした。

戦前戦中、産めよ増やせよの時代、5人の子を産み育てました。

世の中皆がそうだったとはいえ過酷な生活だったことは言うまでもありません。

 

当時の農家は、いわば江戸時代とさほど変わらない、ほとんど人力でしたからね。

稲作だけでは現金収入が限られ、葉タバコや野菜、乳牛、ヤギ、綿羊、小規模養鶏等々、

早朝から夕方暗くなるまで休む間もなく働いていたのを覚えています。

 

戦後、時給自足で一応食べるものには困らなかったようですが、

肉や魚にはありつけなかったものでした。

もっと困っていた家庭もあり、栄養失調の子供たちも多かった。

 

ガスも水道も、炊飯器も洗濯機もなかった時代、、、

全ての煮炊きや風呂は薪と井戸水であったし、洗濯物も手洗い、、、、これも江戸時代じゃ

それだけでも大変な労力であったことは想像に難くないが、全てが農作業の合間に

こなしていたのです。

 

だが、働きすぎて早死にすることはないのですね。

母親は強し、99歳の天寿を全うしました。

 

私は何を恩返しできたでしょう・・・・何もない。

子たちが足を踏み外さず、心配をかけることなく来られたことくらいかな。

命を頂き、恵まれた時代を生かさせてもらったことに感謝する日である。

 

 

マイントピア温泉のついでにシャクヤク祭りに寄って、藁炙りカツオを買ってきた。

雨にも関わらず大勢で賑わっていました。

愛南町の新鮮カツオはやはり美味しいのです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 今日はラヴの独り舞台 | トップ | 今日の花 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はる)
2018-05-14 05:02:19
生活が過酷だった話はあまり聞いたことはないのですが、実家もヤギや鶏がいたようです。
父からは「ヤギの糞は臭い」話しか聞いていないの(笑
あれ?そういえば、うちの祖母も大正元年生まれでした。
シャクヤクが満開ですね!
晴れたらもっとよかったのに~。
カツオも美味しそうです。
美味しいカツオってなかなか無いんです。
羨ましい(笑
いつの時代も母は強し (Hじじ)
2018-05-14 08:51:24
今の時代では考えられないような苦労と思いますが、昔の人、特に母親は偉いです。
外では農作業、中では家事を担いながら子育てと息つく暇もない生活、だけど廻りが
同じような生活だったのでそんなもんだと納得させて頑張れたのかもしれない。
そうは言っても5人の子どもを育てるのは大変だったでしょうね。頭が下がります。
ottchさんとは年齢的に近いせいか、子どもの頃の生活環境はそのまま理解できます。

キレイに咲いているシャクヤク、雨の中ではまた趣があるように感じます。
カツオのたたき、お酒のおかずに最高、いいですね。
Unknown (ジョナサン)
2018-05-14 09:30:43
母の日 どこの店にも鮮やかなカーネーションが…
亡き母を思い出すのは働いていた姿です 今のように便利な時代ではなかったので朝から晩まで忙しく働いていましたね
父が早くになくなったので大変な苦労であったと思いますが一番下の私には知る由もありませんでした…
明治生まれで苦い戦争体験の話もよくしてくれました…
早いもので98歳で亡くなり今年で13年 孫達は顔も知りませんがお仏壇に手を合わせてくれます

芍薬 きれいですね
鰹 地のものは新鮮で美味しそう こちらでは鰹のタタキがお店に並んでいます
鰹のタタキ (ryo)
2018-05-14 18:41:58
本当においしいタタキって、ちっとも
青臭くなくて美味しいですよね。
生姜たっぷりが大好きですが、なかなか美味しいのに
ありつけません。
私の母は明治43年生まれでした。私は末っ子なので甘えてばかり。母の晩年は私が厳しく言ってたよいです。「風邪ひくな」「転ぶな」と..。
「叱られてばかりいる」と他所様にこぼしていた
そうなんです。
追伸 (ryo)
2018-05-14 18:44:33
すみません。書き忘れました。
ラヴちゃんの水泳!見ました。
すごいダイヴィング! 泳ぐのも豪快!
Unknown (sugi)
2018-05-14 19:51:33
こんばんは。
美味しい<鰹のたたき>を食べてみたいです。
なかなか<美味しいたたき>を、いただくことが出来ません。

ガス、水道、電化製品の無い時代の女性の仕事を想像しますと、現代に生活できていることに感謝しなければいけませんね。
それなのに、もっと楽をしようなどと考える自分自身を反省です。
Unknown (ottch)
2018-05-14 22:14:05
はるさん、
多分あの時代の生活は、はるさんの年代には分かんねえだろうなぁ
でも想像してみてください、煮炊きから洗濯まで・・・BBQとは違う
私も一時期 ヤギの乳を搾り飲んでいました。

朝獲れカツオ、スーパーのカツオとは全然違うのですよ。
Unknown (ottch)
2018-05-14 22:15:42
Hじじさん、
そうですね、一部の素封家を除けばみんな同じように貧しく、
そうでなくても電化製品など無い世の中でした。
特にあの時代の農家の母親は子育てしながら逞しく生き抜いたものですね。
頭が下がります。

刺身もタタキも美味しく、昼も夜もビールでした。
Unknown (ottch)
2018-05-14 22:16:47
ジョナサンさん、
ご同様に、母上も苦労しながらも長生きされたものですね。
戦前から戦後を生き抜いてきた母親の苦労は大変なものだったでしょう。
貧しい時代、助け合わなければ生きてゆけないから地域の繋がりも深かった。
現代はどうだろう、貧富や格差が広がり孤立する人達も多いと言われます。

地物のカツオは滅多に口にできないので、人気があるのですよ。
初カツオ、季節限定です。
Unknown (ottch)
2018-05-14 22:19:11
ryoさん、
地物のカツオを目の前でさばいて藁で炙ったタタキは、
スーパーのものとは一味もふた味も違うのですよ。
私はピリリとするニンニクを添えて食べます。

私たちの年代の母親は、ほぼ同時代のきびしい世の中を生き抜いてきたのですね。
私も子供たちから「風邪ひくな」「転ぶな」と言われ始めました。

今年は、もうこんなダイビングをさせることは控えます。
大人しく泳がせるだけにしましょう。

コメントを投稿

日々のこと」カテゴリの最新記事