夜噺骨董談義

収集品、自分で作ったもの、見せていただいた品々などを題材に感想談など

リメイク 輪島塗 会席吸物膳鮎文様木地塗

2018-04-23 00:01:00 | 漆器
若干の割れ、欠け、そして表面の溜塗の変色があるので修理を出来ないかと輪島塗の方々に相談したのですが、結局今のままの状態を維持するのが最善の策という結論のようです。 . . . 本文を読む
コメント

端午の節句の飾り

2018-04-21 00:01:00 | 掛け軸
床の間は例年通りの飾りつけとなりました。 . . . 本文を読む
コメント

弔意

2018-04-13 00:01:00 | その他
弔意によりしばらくの間、休稿とさせていただきます。 . . . 本文を読む
コメント

初夏 奥村厚一筆 その11

2018-04-12 00:01:00 | 掛け軸
子供の頃、川で馬を洗う風景はよく見かけた光景です。小生のような北国では木材の切り出しなどで、馬というと冬にそりを使ったので馬というと冬の馬橇というイメージですが・・。 . . . 本文を読む
コメント

白藤之図 渡辺省亭筆 その19

2018-04-11 00:01:00 | 掛け軸
誠に申し訳ありせんが、本日よりコメントは事前承認とさせていただきます。 . . . 本文を読む
コメント

彩色山水図 藤井達吉筆 その19

2018-04-10 00:01:00 | 掛け軸
藤井は独学であり、転居を繰り返したため住まいはしばしば変わり、また大きな展覧会に作品を出品することもほとんどなく、画商に作品を売り込みもしませんでしたので、その点では浦上玉堂と大いに共通するところがあります。 *本日の朝の5時、家内が「さ~、起きて、5時よ。」と言いながら、小生にメモ用紙を渡してから食事の支度に階下に降りて行きました。そのメモ用紙には「太都岐知(たつきち)」と書かれていました。「なるほど、藤井達吉→たつきち→太都岐知ということか!」と思わず合点。本日のブログを朝起きてから見たようです。(本日早朝追記) . . . 本文を読む
コメント

瀧登鯉 石井百畝筆 その1

2018-04-09 00:01:00 | 掛け軸
描かれた画題や構図は多くの画家が描いているものと変わりありませんが、よく描かれています。胡粉の名手と言われていたのがよく解る作品ですね。 . . . 本文を読む
コメント

古九谷再考 青手椿文小皿

2018-04-07 00:01:00 | 陶磁器
小生の蒐集対象ではないのですが興味は尽きませんね。じっくりと見ていきたい再興九谷、古九谷の作品です。 . . . 本文を読む
コメント

鉄拐仙人図 寺崎廣業筆 その63

2018-04-06 00:01:00 | 掛け軸
ま~、どちらの仙人にしても人を食った作品・・・。杖を胸元にたてかけた李鉄拐は、ちょうど魂を吹き出した所で、もとの体は脱けがらとなってすでに死色を帯び、硬直し始めている様子を描いた作品です。けっして孫悟空のように自分の分身をたくさん出す術ではありません。 . . . 本文を読む
コメント

駿馬扇面図 西山翠嶂筆 その7

2018-04-05 00:01:00 | 掛け軸
午年には縁起のいい作品でしょう。競馬ファンにもいいかも・・・。 . . . 本文を読む
コメント

源内焼 その113 三彩唐草文輪花皿 

2018-04-04 00:01:00 | 陶磁器
豊富なバリエーションが源内焼の奥深いところです。同じ型でも三彩もあれば単色のものもあり、マニアックな蒐集対象というには違いがはっきりしており、これらで食卓を飾るのも愉しいでしょう。今回の作品程度の大きさなら取り皿でも面白いかと・・。 . . . 本文を読む
コメント

布袋図 寺崎廣業筆 その62

2018-04-03 00:01:00 | 掛け軸
女性に「布袋様」の作品を贈呈??富貴繁栄を司る七福神とされながら、所持品の袋は宝が入っているのではなく「堪忍袋」という点は意味深ですね。 . . . 本文を読む
コメント

本日は休稿

2018-04-02 00:01:00 | その他
最近は時間に追われてのブログ投稿となり、ブログのための原稿作成になってしましました。本来は好きな骨董の整理目的ですので、閲覧者、とくにコメントも多くない段階でブログの閉鎖も視野に入れての休稿とさせていただきます。 . . . 本文を読む
コメント (2)

掛け軸の改装完了

2018-03-31 00:01:00 | 掛け軸
気に入るものと気に入らぬもの・・・、それが原点ですが、気に入ったものにはそれなりのお金のかかる手入れと労力に要る気遣いが必要です。趣味とはそういうもの・・。 . . . 本文を読む
コメント

老松小禽図 今尾景年筆 その1(1/3)

2018-03-30 00:01:00 | 掛け軸
現在。展覧会が催されている「木島桜谷」(NHK日曜美術館にて二度も放映されています)の師にあたり、夏目漱石に酷評された「寒月」(木島桜谷作)とも関わりのある方です。 . . . 本文を読む
コメント