音の絵本「AN」ブログ

猫のANはピアニスト。母であり、先生でもある。
ANのスト-リ-を自由に描いていく。

            

2016年8月 今月の人

2016年08月05日 | 今月の人
今月の人・・・・Tくん

Tくん 元気な年長さん。

Tくんはピアノを弾くのがとても好きなんだと思う。

レッスンでは最初に出席シ-ルを張って、
リズムワ-ク、視唱、ドリルの確認、スケ-ル、
初見演奏、エチュ-ド、楽曲へと進んでいくのだが、
Tくんは練習してきた曲を早く弾きたくてたまらない。

毎回、「ねえ、せんせい、はやくピアノ弾こーよー。」
「ねえ、聴いてよ~。俺、もう弾けちゃうよ~」と連発。
いつも、「今度、あの曲が弾きたい」「今度、あれやろうよ~」と
私をリ-ドする。

こんな風景は当たり前のことではない。
生徒たちに「どんな曲弾きたい?」と質問すると
「わかんない」「なんでもいい」と答える子供の方が、
もしかすると多いかもしれないくらいである。

そして、Tくんのすごいところは、私が腕の使い方や音の響きの違いなど、
良い方法、良い音と悪い方法、悪い音をやってみせると、両方の真似をして、
「わかった!こうだね!?こうやると悪い音が出て、こうやると良い音が出るね。」
「ホントだ!こうやったら先生みたいな良い音になった!俺、わかった!」と
手をたたいて無邪気に喜んでいる。

私にとって、なんとも幸せな空気である。

Tくんをみて、私も常に無邪気でありたいと思う。
常に好奇心で満たされ、素直にピアノの響きに、音楽の流れに敏感であり、
弾きたい曲をステキに弾けたら・・・幸せである。

○十年( ;∀;)ピアノを弾いてきたが、
子どもの頃、「ピアノっていいな!あの曲弾けるようになりたいな」って
思ったあの感動をいつもいつも忘れずに、
もう○十年ピアノを弾いていきたい(^^)v

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 音の絵本「AN」 音楽祭2017 | トップ | 第40回ピティナ・ピアノコン... »
最近の画像もっと見る

今月の人」カテゴリの最新記事