東京悪女会/ダンディ・ウーマン(公式ブログ)

東京の女性管理職を中心とした異業種キャリア・ウーマンの集まり。春夏秋冬の集まりには唯一人だけ、旬のホストを御招きする。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第103回無事終了しました!

2018-07-17 11:26:08 |  うねめの鼻息
今年の暑さは尋常ではありませんがそのさなか、
第103回が終了しました!

今回のホスト氏は仕事面では勿論熱い
情熱をお持ちですが、趣味や友好関係でも
大変熱いものをもっていらっしゃるとご推薦者
からお聞きしていたので実際にお会いするのを楽しみに
してました。

結論として、実際のホスト氏は「本当に熱い」ダンディでした!

朝の大雨が夕方にはすっかり上がり
渋谷の会場では会が始まるとすでに
そのホスト氏がステージの上で演奏する
DVDがスクリーンに映し出されています。

1970年代の大スター、懐かしのベンチャーズを
中心とした、いわゆる「エレキ・サウンズ」中心ですが
ビジネスマンの趣味とは言えない位洗練された
スタイルと演奏です。 参加者は事前に何も
聞かされていないので「あれ、この人誰???」という
不思議な面持ちだったのですが、後ほどその
演奏者が今夜のホスト氏と聞いて「!!!」に変わりました。
それが最初のサプライズでした。

次のサプライズは、ホスト氏が25年前に読んだ
ある小説・エッセイ集の原作者に憧れていらっしゃると
お聞きしていたので、その著者を探しだし、当夜
ご対面という段取りを仕掛けていました。

そのご著者はかって当会の
メンバーだった!というおまけまでついて
会は大いに盛り上がりました。

ご著者が25年前と変らずエレガントで美しいだけでなく
「大人の女性」に相応しいアルトの声で
御話いただく「25年前の悪女会」には
参加者一同、感激の面持ちでした。

当夜の会場はホスト氏ご推薦の
野菜たっぷりのイタリアン料理。 料理に合わせた
「野菜・フルーツのファッション」が今回のドレスコードでしたが
各自、それぞれに考えたファッション・コーディネートは
さすが!でした。 

他にもここでは表現できない大変面白い
仕掛けがあったのですが、それは参加者だけが知る
特権になっていますのでどうしてもお聞きになりたい方は
当日出席の30名のメンバーにお聞きくださいね。

各テーブルを回り、ワイングラスを
ご一緒してくださったホスト氏は
最後の参加者が退場するま御見送りくださったところまで
完璧な「ダンディ」ぶりでした。

益々、ダンディ氏が会長をつとめる
ファストフードのメニューが好きになりました!

   (うねめ)


コメント

サンプル百貨店って知っています?

2018-06-01 13:45:42 | タウン・ウオッチング
友人に教えてもらったサンプル百貨店の
デモンストレーションに行ってきました。
食品、飲料、化粧品などを販売している企業との
コラボで新製品が試せます。

何回か参加しましたが
参加者数が500名! 全員女子!
それもオピニオン・リーダーのような
方ばかりなので気後れしてしまいますが
新製品を楽しめるので毎回、楽しみにしています。

今回はエスニック料理の素材が
沢山有って楽しめました。


    (うねめ)
コメント

第102回の御報告

2018-05-08 16:47:36 |  うねめの鼻息
2018年4月27日(金)にホテルニューオータニで
開催されました第102回東京悪女会/ダンディ・ウーマン
は無事終了いたしました。

これまで何回も利用した事のある名門レストラン、
Kato's Restaurantでの開催という事で
興味津々でしたが、ドアを開けるとそこはすっかり
モダンな雰囲気のIT Roomになっていました。

ただ、レイアウトを大幅に変更したせいか
人数に制限があり、最大30名収容と伺っており
今回は御申し込み順、先着30名で参加を打ち切らせていただきました。

そのため、キャンセル待ちの方が続出するという前代未聞のことが
起こり、事務局幹事一同、大いに慌てましたが
何とか無事に....といいたいところですが当日の
スタートでいきなりハプニングが発生しました。

御申し込み時に、出欠が確定しましたら後で連絡しますと
おっしゃったまま、当日ご参加されたメンバーの方が数名
いらっしゃって事務局一同、呆然!となりました

料理のほうは何とか間に合うとしても
テーブルセッティングのスペースがどうにも
難しく、レストラン御担当の方に事情を説明して
何とか、急場をしのぐことが出来ました。

他にも今回はたくさんの「予期せぬ出来事」が
準備段階で有りました。 第102回のテーマは
「宇宙美女」だったので、会場を何とか「宇宙仕立て」に
したいと当初、考えて準備を始めました。

プラネタリュームや「天空」をイメージした
レストランを何度か訪問したのですが
この会の仕様とは合わず、結局何回か使わせていただいた
ホテルにお世話になることになったのです。

食事も、「宇宙食」などのアイデアが有ったのですが
この会は食事とアルコールを楽しむ事も特色になっているので
この案はあっけなく、却下!

世界で一番美しい星空といわれるニュージーランドの
夜景を映像で見る、というアイデアも練られたのですが
諸般の事情でこれも却下!

一番困ったのは会場のIT機器と事務局幹事のITとの
相性が悪く、どのPCを使うか、どんなコンテンツを使うか
については最後まで解決策が難しかったです。

途中で紹介された映画「アルマゲドン」からの映像、
宇宙をテーマとした音楽等の挿入についても大いに
悩みました。

今回の幹事の皆様は悩みが多すぎて、頭が禿げるのでは
ないかと、傍で拝見していて本当に心配しました。

しかし、さすがは東京悪女会/ダンディ・ウーマン
の選ばれし幹事の皆様、当日本番では
それまでの苦労の後は全く見せずに
にこやかに、楽しくプレゼンテーションをして
いらしたのには驚きました。

勿論、大いに食べ語りそしてワインを楽しんだ事は
言うまでもありません。

今回のゲストは日本でも数える程しか存在しない
「ホンモノの宇宙飛行士」でしたが、その貴重な体験談や
訓練時代のNASAの状況などをお聞きすることが出来て
会場は一挙に「宇宙女(そらじょ)」が増えてしまったようです。

東京悪女会/ダンディ・ウーマンのロゴマークは、
三日月をイメージした素敵なマークなのですが、それが30年前に
決まった時に、本会が既に宇宙に関係していると聞いていましたが
今回はその事実を実感した素晴らしい会でした。




    うねめ
コメント

第101回の御報告

2018-02-21 16:23:50 |  うねめの鼻息
2018年最初の会、第101回が昨日開催されました。

今回は本年最初の会なので、1月に「新年会」として
開催したかったのですが、ホスト氏が御仕事柄
1月は超ご多忙で全く時間がとれず、本年最初に
取れる日程というのがこの時期になって
しまったのです。

その様なご多忙な時期にこの会にいらしていただけた
という事でメンバー一同は少々、興奮気味だった
ような気が致します。

3月に上演されるミュージカルを中心に
「エンターテイメント」を軸にした内容を
企画しておりましたが、その狙いはホスト氏の御気に
召したようで、準備を進めていた事務局一同、
胸をなでおろしたものでした。

上演されるミュージカルの舞台が
ロンドン、という事で食事もローストビーフ、
シフォンケーキ等のイギリス料理を準備。
事務局幹事達もそのミュージカルを
思い起こすような扮装で登場したので
冒頭から盛り上がりました。

途中、ホスト氏の「若き日のやんちゃ時代」を
知る人のサプライズコメントがあり、更に
盛り上がりました。

最後の花束プレゼンテーターには
「美しき御役人様」をお願いしてきっちりと
格調高い、東京悪女会としての品位を保った
つもりですが参加された皆様の御感想は
いかがだったでしょうか?

少しでもホスト氏と御話したいと希望する
メンバー達が殺到してなかなか開放されずに
申し訳なく思っておりましたが最後まで
にこやかに御一緒していただきました。

会が終了して御車で帰えられるホスト氏を
御見送りしましたが、夜目にも輝く
シャンパン・ゴールドのレクサスで
颯爽と銀座の街を去ってゆくホスト氏は
まるで「白馬にまたがった王子様」のようで
有りました。

   
    (うねめ)

    
コメント

次回の御連絡(速報)

2017-12-14 13:17:01 | 発起人代表挨拶
第101回となります次回は
2018年2月20日(火)開催となります。

当初、新年会を兼ねて御正月の開催を
計画しておりましたがホスト氏のご都合が
どうしてもつかず、最短でのスケジュール調整
の結果この日になりました。

現在、事務局幹事の皆様と
会場選び、コンテンツ作りなど
鋭意作業を進めております。

1月半ば頃に次回の
ご案内状をお送りする予定を
しておりますので
皆様のスケジュールもどうぞ
宜しくご調整をお願いいたします。


東京悪女会/ダンディ・ウーマン
   発起人代表
コメント

久しぶりにタウンウオッチング!

2017-11-30 15:14:41 | タウン・ウオッチング
時々、街中マーケティングを兼ねて
女子の集まりに出かけます。

今回は女子500名が集まった
サンプル百貨店の会合に出席して
新製品の開発ストーリーや試食、試飲です。

年に数回あるのですが今回の
会場が我がオフィスから近かったので
参加できました。

これが今回の紹介商品。
以前はもっと食品、飲料が多かったので
持ち帰れなかったので、宅急便で
送ってもらっていたのですが
今回は袋一つで持ち帰りOKでした。

サンプルも最近はやたら薬関係が
増えてきていた健康志向が伺えます。
ただ、毎回「便秘薬」が入っているのには
辟易しています。

「クイック・クッキング」のキーワード
もこの数年、続いていますね。
時短を一番感じるのはこんな時でしょうか。

すべてのサンプルについて
コメントが求められるのでこれから
数日間は「サンプル消化」に必死です。


     (うねめ)
コメント

第100回のドレスコードは「も・み・じ」

2017-10-25 14:46:53 |  うねめの鼻息
無事に第100回が終了した事は前回
お伝えしましたが、その後の「終戦処理」も
無事終えることが出来ました。

毎回終了後は会場その他の支払いを
含めた会計報告、記録写真・諸々の資料の
整理、各方面へのお礼状、そして幹事一同の
反省会兼打ち上げ。

この一連の作業が終了して
やっと「完了」になります。

大抵の場合、次回・次々回との
平行作業になりますので発起人代表は
脳内がかなり混乱して時々
「???」な発言がありますが
寛容な皆様は微笑みながら(目だけは怒っていますが)
淡々と準備を進めてゆきます。

今回も終戦作業を皆様と
一緒に進めながら、この
コサージがふと目に留まりました。

第100回のドレス・コードはメイン・スピーカの
アイデアで季節を反映した「紅葉」でした。

当日の参加者の装いは、なじみ深い童謡の歌詞通り

♪ 赤や黄色の かえでやツタが~ ♪

のファッションで華やかに会場を
かざっていただきました。
メイン・ホステス女史の鮮やかな
緋色のショールの見事だった事!

毎回、幹事の皆様が
お揃いの「キー・アクセサリー」で
登場するようになったのはいつ頃だったかは
思い出せないのですが、最近では その
「事務局アイコン」が話題になっています。

それを充分に心得ている事務局メンバーと
協議を重ねて誕生したのがこの
「紅葉コサージ」なのです。

実は、「紅葉」をイメージした
アクセサリーは店で売っているだろうと
軽く思っていたのですが、実際購入に出かけたところ
そのようなイメージのアクセはどこにも売っていない!
という事が判明しました。しかもそれが発覚したのが
開催5日、という際どいタイミング。

ヤバイ!という連絡が入り事務局メンバー一同が
青くなりました。スカーフやネイルでごまかしても
事務局メンバーがそれではねえ...
そんな状況の中で、「私、オリジナルの紅葉の
コサージを作ります!」と手を挙げてくれた方が
いらっしゃるのです。

その方は、御本業だけでなく
諸々の活動をご自身で推進して
いらっしゃるのでとてもそんな
時間や余裕はないのでは?と
思ったのですが、「大丈夫です!」と
引き受けて作成した下さったのが
この作品。まるでプロが作ったようでは
ないですか....

当日ご参加の皆様は多分、
市販のコサージかと思われたのでは
ないでしょうか? それ位素敵な
出来上がりでした。

このコサージは
勿論「東京悪女会/ダンディ・ウーマン」博物館
に納入されます。これまでの会で使われた
生花以外の「事務局アイコン」はほぼ、全て発起人
代表が管理していますので、(多分)AKJO40周年位には
全部並べて展示されるかと思います。



   (うねめ)





コメント

第100回のヒロインは白百合の君!

2017-10-23 11:24:39 |  うねめの鼻息
節目となる今回、第100回にどなたを
お招きしようかと長くメンバーの皆様と
協議を重ね、女性の会なのでやはり女性に
お願いしよう、という事になりました。

とはいえ、これまでにも国会議員様、
オリンピックメダリスト、作家、などの
お仕事に携わっていらっしゃる著名な
女性をお招きしていましたので
それ以外の方となると、これはかなり
難しい作業になりました。 皆様と相談しながら
あれこれ考慮した結果、素晴らしい事に
気がついたのです!

この会のオリジナル・メンバー(敬意を込めて
プラチナ・メンバーとお呼びしていますが)
に、第100回のホステスとして最適な方が
いらっしゃるではないか、と。

ところがその方は、30年前から既に
メディア・マスコミが追跡をする
著名人であり、現在では殆ど接近不能に
近いと風の噂にお聞きしましたので、かなり
不安に思いながら、この第100回の
準備がスタートしたのです。

まず発起人代表が彼女にお願いに
上がる日時を決める時に既に
2ヵ月後、3ヵ月後先の話になりました。
アチャー!

それくらい御公務&ご講演&海外出張に
お忙しいと理解はしていましたが実際、当会に
お招きするのは大変難しい作業でした。

が、そんな状況の中でも御本人はにこやかに
「日程さえ会えば、喜んでいきますよ~」と
おっしゃっていただけたのが大きな支えとなり
10月12日の開催となったのです。

毎回、東京悪女会/ダンディ・ウーマンで
何が行われているかは参加者のみ知ることができる
特権なのですが、今回も今までにない
オリジナリティ溢れる素晴らしい企画で
40数名の参加者を堪能させてくれました。

勿論御講演内容そのものも大変素晴らしく
時間が短いにもかかわらず深い感動を
参加者全員に贈っていただけました。

今回は時間の関係でご紹介いただけなかったのですが
日本文学、特に古典文学における彼女の深い御理解と楽しみ方の
秘訣等ぜひ、聞かせていただきたいと思います。

会の終了後、今回の幹事たちと
反省会をしている時に出たのですが
彼女の魅力を一言で言えば何?
と問われれば、多分

賢さとチャーミングさの絶妙のバランスが
人々を魅了する

に尽きるのではないかと、という意見に
一同納得して実に学ぶ事の多いまさに
記念すべき第100回でした。

この花束は、日比谷花壇様作成のオリジナル
「白百合の花束」ですが、
彼女に誠に相応しい色と香りではなかったでしょうか?




     (うねめ)







コメント

次回、第100回の準備が進んでいます!

2017-08-25 14:20:49 |  うねめの鼻息
早いもので、当会の創立30周年記念行事が
終わってから、2ヶ月近くたってしまいました。

暑い暑いと言いながら
お盆行事、夏休み等色々
忙しいイベントが続いたので本当に
「あっという間」でしたが
ふと気がつけば
30周年に告ぐ、当会にとっては大切な節目の
会が近づいているのです。

100回目の東京悪女会/ダンディ・ウーマンです!

会が立ち上がったときには
まさか30年、100回も続く等とは
誰も想像していなかったと思います。

その間の苦労話というのは全然なくて
「ふと気がついたら、100回目を迎えてしまったわ」
というのが本音だと、メンバーの皆様はおっしゃいます。

この会が立ち上がったときから
ず~っとメンバーでいらっしゃる
オリジナル・メンバー、いわゆる「プラチナメンバー」も
元気に30周年記念の会に御出席されていらしたので
「歴史の証人」としての感想もお聞きする事が出来ました。

発起人代表は、第100回のホスト氏をどなたに
お願いしようかとあれこれ考えていたようですが
結論として、はやり第100回の主人公はその「プラチナメンバー」に
来ていただくしかない、という結論になったようです。

ただし、その方は超過密スケジュールの日々を過ごされているので
なかなか日程が確定できなかったのですが先ごろ
やっと概要が纏まったと聞きました。

第100回は10月12日(木)に有楽町方面で
開催との事ですが
毎回、この会の名物となっている
「AKJO Presentation」
今回も、皆様が驚かれるような趣向があります。

事務局幹事の皆様は現在
猛烈なスピードでその準備に入っていらっしゃいますが
とても私のような『ど素人』が手足を出せる領域では
ないと先日、知らさせました。(泣)

しかしながら、何とか事務局幹事の
皆様のお役に立たねば、お役ご免にされてしまう
と、歯軋りしながらウロウロする毎日です。

当会メンバーの皆様へのご案内状は9月初旬に
配信予定と聞いていますが私のところに
ご案内状が届くかどうか....

心配で夜も眠れません!(ちょっと大袈裟)



      うねめ(



コメント

宴の後始末

2017-08-03 11:19:23 |  うねめの鼻息
創立30周年記念行事が終わって1ヶ月がたちました。

当会の代表は、毎回の会が終了するたびに敢行する
「終戦処理」に翌週から取り組んでいましたが、そばで見ていても
鬼気迫る(ちょっと大袈裟!)ものがありました。

膨大な写真・資料を整理して悪女会博物館に納めねば
ならない下記の

アルバム・記録の作成、
御来場頂いた御来賓へのお礼状
ビデオメッセージをお寄せ頂いた皆様への
『お土産』と礼状の発送
事務局幹事の皆様への写真の焼き増し
お世話になったホテル・制作会社さまへの
写真とお礼状の発送
会計報告

等の作業で、実は先週一杯
大変のようでした。 こういった始末は
早くしないと忘れる・混乱するのが
分かっているだけにこれは時間との戦いだー!
と取り組んでいる代表の髪の毛は
後ろから見ているとまるで逆立っているようでした。
(怖くて長時間見ていられませんでした!)

それと平行して事務局の皆様との打ち上げも
敢行したのですが、何しろ幹事が10名いらっしゃるので
日程がなかなか合わず、ついに2回の打ち上げが
必要になってしまいました。

何回かかっても、幹事全員の皆様と
打ち上げを絶対に御一緒したい、と
いう代表の強い意志があったのですが
同時に会の開催日3日前に『名誉の腕骨折』を
された幹事の快気祝いもぜひ一緒に!という
狙いもあったのです。

7月7日の直後は一種のショック状態が続いていた幹事の皆様も
やっと、無事にやり終えたという実感をジワジワと
感じていらっしゃるようです。

私は、もうこんな大変な思いはコリゴリ!と
思ったのですが、他の幹事の皆様は
楽しそうに、『毎年やってもいいわね』
とおっしゃるのです。

このパワーこそが東京悪女会/ダンディ・ウーマン
らしいと、つくづく思ったものでした。

私はとりあえず『休息モード』に入りますが
次回、第100回の幹事の皆様
どうぞ、宜しくお願いいたしま~す!



      うねめ 
コメント

創立30周年記念行事が終わりました!

2017-07-14 12:43:11 | 発起人代表挨拶
7月7日が当会のお誕生日である事は
周知の事実ですが、ではなぜ、7月7日かというと
最初にこの会を立ち上げようか、と有志数名と
話し合ったのが1988年の4月頃だったのです。

会の概要が決まり、名称も決め、さてどなたを
第一回目のホストとしてお招きしようかとディスカッションを
重ねました。 何しろ30年前の事ですので
いきなり「悪女会にいらして下さい!」という
我々の願いを聞いてくださるホスト氏がいらっしゃるのかどうか...

その時にお名前が浮上した一人のダンディ氏。 この方しか思い当たらない
と言うくらい、この会にぴったりのイメージの方でした。

そして思いを込めて、ご臨席をお願いに上がったのが
5月頃でしたでしょうか。今から場所や日程をきめるのであれば
7月初旬かな、その頃であれば7月7日の出席は可能、との
御快諾を頂いた事がきっかけでした。

その日が七夕様である事は後から気がつきました。

そのため毎年、この日にはいつもより
ちょっと気合の入った会を開きます。
10周年、20周年、25周年と
節目ごとには大きなレセプションを開催して
これまでお招きしたホスト氏、
この会を応援してくださる皆様、
新旧の悪女会メンバー達が
一同に会してきましたが、30周年となる今回は
これまでにない大きな会合になりました。

今回の開催場所がこの
赤坂プリンス・クラシックハウスです。
昨年、リニューアルされてそれは豪華に変身した
あの名門、赤坂プリンスホテル。

実は、旧赤坂プリンスホテルで2000年4月に
東京悪女会/ダンディ・ウーマンは第43回を開催
しているのです。

当時のフジサンケイグループの御重鎮氏を
ホストにお迎えした時に「会のタイトルと会場を
をいかがいたしましょうか」と御相談したところ

赤坂プリンスホテルに「富士の間」が
あるのでそこで開催してタイトルは
「フジは日本一の山」にしよう、と話が
纏まりました。

毎回、こんな風にして会を構築してゆくのですが
その時は会場、タイトル、ホスト氏の3つがぴったり
シンクロして素晴らしく豪華な会だったことを
よく覚えています。

それから17年たち外見はそのままに、
場所だけ少し移動した建物で30周年記念の会を
開く事になったと決まったときは大変不思議な
巡り会わせを感じたものでした。

そして7月7日、東京の空模様と九州地方の大雨被害を案じながら
第99回となる東京悪女会/ダンディ・ウーマン
創立30周年記念の会が開催されました。

今回お迎えしたお客様は120名近くになり
大変賑々しく、しかも和やかな『大人の会』となり
御来場のみなさまにも楽しんで頂けたかと思います。

この会を準備していただいた事務局幹事(10名)の
皆様は15ヶ月間の準備期間中、数え切れないくらいの
会合、メール交換、意見交換を重ねてこの日を迎えられたのですが
そんな苦労は微塵も感じさせないくらい完璧なドレスアップ、メイクアップでした。

それ以上感動したのは、開催ぎりぎりまで仕事と
この会の準備で心身ともに疲れが蓄積しているはずですのに、
にこやかなスマイルでゲストの皆様の「おもてなし」にいそしむ
幹事の皆様の姿は、当方も感動するほどでした。

諸々のハプニング・サプライズがあったものの
スケジュールは滞りなく進行して、会は予定通り終了する事が
できました。

何回か訂正し、推敲した進行表の最終稿は第5稿でしたが
当会メンバー、唯一のプロフェッショナル・アナウンサーが
見事に会を締めくくってくれました。

忙しい七夕様の夜に駆けつけてくださった
多くの皆様に深く感謝する事は言うまでも
ありませんが、同時に遠くから見守って下さる方々に
『これからも宜しくお願いします!』と心の短冊に託しました。



東京悪女会/ダンディ・ウーマン
発起人代表







コメント

当会の創立30周年記念の会、間もなく開催です!

2017-06-27 12:00:59 |  うねめの鼻息
皆様には既に御案内しましたが、
この会のお誕生日、来週の7月7日(金)に
創立30周年記念の会を赤坂プリンス
クラシック・ハウスで開催されます。

この会場の下見に準備委員会の皆様と
出かけたときに、あまりの豪華さに普段着の
私は逃げ出したくなりました。

広々としたスペース、豪華なカーテン・シャンデリア・
インテリア、緑が目にしみる庭、そして
選りすぐりのイケメン・黒服の皆様!

これまで約100回も開催してきているので
東京の「豪華なパーティスペース」は大体
経験してきていますが、その中でも抜きん出た
雰囲気が醸成されています。

その後の打ち合わせで
食事やその他のメニューも確認させて
頂きましたが、これが又!超豪華で
メニューリストを見るだけでヨ・ダ・レが...

(発起人代表から、厳しい目線が! スミマセン!!)

今回はメンバーの中から10名の委員の皆様が
準備してくださったそうですが毎回、有能なメンバーの
集団ですのでその企画力、行動力、調整力は
目を見張るものがあります。

そんな中で、ミソッカスの私はカーテンのウラで
息を潜めながら事の成り行きを見守っている、
そんな状況です。

毎回、節目となる会合では沢山のお客様を
お迎えしますが、今回はついに100名を超えることに
なり、これは当会にとっては前代未聞のイベントになります。

御来賓の皆様、お招きしているお客様、そして
当会のメンバーの全員がスマイルで7月7日の夜を
迎えられるよう、準備委員会の皆様+みそっかす1名で
準備を進めます!


       うねめ
コメント

創立30周年イベントへ向けてパワー注入してきました!

2017-06-07 14:33:07 |  うねめの鼻息
丁度、1ヵ月後の7月7日に当会の
創立30周年記念日を迎えます。

御関係各位の皆様には既にご案内状を
お送りしていますが御出欠の御返事を
まだされていらっしゃらない方はぜひ
お早めに当会代表まで御連絡下さいませ。

会場は150名近く収容可能のキャパが
ありますのでぜひ沢山の方にいらして頂き御一緒に
楽しく記念日を祝っていただきたい
と事務局幹事の皆様はおっしゃっています。

かく言う私ですが、このイベントの準備委員会が
立ち上がった1年半前から、じつは幹事の皆様と一緒に
準備をお手伝いしていました。

通常の会合は4-5名の幹事の皆様が
お世話役として活躍されますが、周年記念行事は
10名程度の幹事の皆さまがチームに分かれて活動
されます。

これまで10周年、20周年、25周年と大きな
イベントを成功させていらした幹事の皆さんは
超ベテランぞろいなので大船に乗った気持ちで
私はの~んびりさせていただいているのですが
それでも毎回の会合時の緊迫したやりとりは
お聞きしているだけで身が縮む思いをしています。

数え切れない打ち合わせを乗り越えてきて
開催まであと1ヶ月という昨今は『完成図』に
磨きを掛けていらっしゃるようです。
内容に関しては当日まで公開超厳禁なので
詳しい事をお伝えできないのですが豪華な
会場に負けないような凝った演出のようです。

私が出来る事と言えば、今回の会の成功を神様に
お願いする事くらいかな、と思いつき「微笑みの国」
タイ国へ出かけ、バンコック→アユタヤと回って
神様にお願いしてきました。

この国はあんまり暑いので(今、雨季&熱気で日中気温は38度位です)
仏様も昼寝(涅槃神)していらっしゃる位の優雅な国。
パワースポットが国のあちこちにあると聞いて、そのパワーを沢山
頂いてきました。 ホテルのそばにあるこの仏様には朝晩おまいりして
会の成功をお願いしてきましたのでバッチリです!

と、言いながら皆様が忙しく立ち働いている間
海外逃亡をしていた言い訳をしています。(幹事の皆様、ゴメンナサイ!)
でも責任をもってこれだけはいえます。

第99回の30周年記念の会は、大丈夫
大成功です!

皆様もどうぞお楽しみ下さいませ。


     うねめ






コメント

第98回の御報告

2017-04-21 17:16:12 | 発起人代表挨拶
今回は、大変珍しい東京悪女会/ダンディ・ウーマンでした。

「ホスト氏がいない!」

実は、「いない」のではなく最初から
お招きしていなかったのです。
当会のメンバーに差し上げた御案内状には
「今回の主役は東京悪女会/ダンディ・ウーマンのメンバーです!」
と記載してありましたので皆様は当然、その事を御承知の上での
今回の開催でした。

当会の名物、「素敵なダンディ・ホスト氏」がいらっしゃらないと
参加者数も少ないのでは?と予想して少し小さめの部屋を用意したのですが
実際は他の会と変らない人数になり、場内はぎゅうぎゅう詰め状態でした。

ペーペーの私など、「恐るべし、東京悪女会/ダンディ・ウーマン・パワー」と
最確信した次第でございます。

ドレスコードが「春爛漫」でしたので全員が本当に素敵な
ドレスで御参加され、ホテルの一室にはまるで沢山の花が
咲いたような華麗(加齢ではありません!)な雰囲気でした。

「改めまして自己紹介」のコーナーでは、皆様の仕事・私生活・趣味などの
御紹介があり、他では聞かれない貴重な話をお聞きできました。

最後に今回の事務局から参加者全員に薔薇の花のプレゼントが
サプライズであり、大いに盛り上がったのですがその後
さらに「ビッグ・サプライズ」があったのです。

それは、東京悪女会/ダンディ・ウーマンの古くからの
メンバーの皆様が当会の代表にある事を『ナイショ』で
仕掛けていたのです。

詳しく述べると代表がプンプンされるので(多分)
詳細は割愛しますが、人生の節目を迎える代表に
メンバーの皆様からの『贈り物』を準備されていたのです。

それがこの花束!

この薔薇の花達は次回(7月7日)の東京悪女会/ダンディ・ウーマン
創立30周年記念のレセプションへの号砲と知り、全員が
納得いたしました。


それにしても
ずっしりと重いこのサプライズ・薔薇の花束を頂いた時の
代表の驚いた顔は後世に残ることでしょう。

それをご覧いただけなかった
今回御欠席の皆様、大変残念でございました…


      (うねめ)
コメント

2017年最初の東京悪女会/ダンディ・ウーマン、終了しました!

2017-01-27 15:27:54 |  うねめの鼻息
アメリカの新大統領が誕生して4日目、という
世の中のざわつきが続く中、AKJOの第97回が
開催されました。

新大統領誕生にともない世界各国の
多くの大使館スタッフも交代すると聞いて
新年早々大変だなあと思いました。

日本でも現在、天皇様の世代交代の時期に
ついて、真剣に討議がなされていますが、
新しく世代が交代する事は、本当に大変な
事なのですね。

さてそんな世間の喧騒のさ最中
第97回の会合が先日開催されました。
ホスト氏のお好きな「寅さんのテーマソング」
と共に御入場されたのですが
今回のドレスコードはホスト氏の
お好きなラベンダー・カラー、
ということでご覧のような素敵な
花束を用意していました。

いつもお世話になっている日比谷花壇さまの
デザイナー氏が今回も特別にアレンジして下さったのですが
ホスト氏もちゃんとラベンダーカラーのネクタイを
御着用されての御登場、とても素敵なダンディぶりでした。

それだけでなく、ホスト氏に『用心棒』として
ご同行いただいたスタッフの方も何とラベンダー
カラーを御着用。 どんなに忙しい時でも
遊び心を忘れない、その心遣いと余裕は
我々も大いに見習わなければと思いました。

さて、肝心の内容ですが
ホスト氏が他国語(4ヶ国語!)に堪能と知った
プレゼンテーターは突然ホスト氏に
「○○語でこんにちわ、って何といいますか?」
とお尋ねしたところ、ニッコリ笑われて

「忘れました!」

この一言で会場内は大爆笑でした。

又、我々が秘密裏に準備したホスト氏への
サプライズ・映像は御友人の
宇宙飛行士からのメッセージが上映されたのですが
これには本当にびっくりされたようでした。

海外とのテレビ会議の為、
限られた時間ぎりぎりまで御一緒頂いた
後、ご退席されたのですが最後の
ホスト氏の素晴らしい日本語でのスピーチは
我々の心に深く残りました。

出来ればもう一度、お会いしたいです!
と私が思わず声に出すと周りの
当会のお姉さま達からも大きなうなずきが
ありました。

See you again!

         (うねめ)
コメント