ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

言の葉(少女ジーザス):神さまごめんなさい。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。

2018年02月16日 00時11分00秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド




   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★


 30年以上前、わたしは長崎へ行った。
 有名なところは全部見てまわろうと思い、まず浦上天主堂へ
 行った。りっぱな天主堂だった。
 天主堂の庭に大きな天使さんの像があった。
 わたしは天使さんを見て思わず立ちすくんだ。
 顔の右半分が茶色く焼けただれていた。
 天使さんは言った。
 「人類のひとりひとりが神への信仰を殺そうとしたのです」と。
 わたしは涙も出ない。
 長崎はいたるところに教会がある。
 日本の約60%の教会があるとあとで聞いた。
 そこへ原子爆弾を落としたのだ。
 もちろん日本の教会の60%があると知っての上である。
 このことは日本の教会だけのことですまされない。
 天使さんは言う。
 そして主ご自身が叫ぶ。
 「人類ひとりひとりが主であるわたしへの信仰を殺そうとした」。
 わたしは涙も出ないまま叫ぶ。
 「神さまごめんなさい。主イエス・キリストの御名によって。アーメン」。
 そして今現在思うことは、原子爆弾はけっしてゆるされないではなく、
 けっしてゆるしてはいけないのだと。



   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★






      ↓:原子爆弾
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へにほんブログ村



『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« あの人が言われることは何で... | トップ | アリマタヤのヨセフ。主イエ... »
最近の画像もっと見る

少女ジーザスの言の葉ランド」カテゴリの最新記事