ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

信教思想の自由を祈って。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(新約聖書)

2018年09月22日 00時11分00秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド





   私たちは人をだます者のように見えても、
   真実であり、……

    (コリント人への第2の手紙第6章 8節 )


   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★


 わたしが住んでいる国はキリスト教をあまり良く思っていない。
 一見、信教の自由、思想の自由が認められ、自由に信仰しても良い
 ように見える。しかし洗礼を受けた人は大変である。
 ずいぶん昔のことになるが、わたしなど洗礼を受けているという理由で、
 大学のスポーツクラブをやめさせられた。そんなこんなで、主の道を
 歩もうとする者は家族からさえ差別を受ける。
 考えられないことであるが、家族の中で実の姉妹からでさえ差別を受けている。
 わたしのどこが悪いのかとずいぶん苦しんだ。
 しかし今現在は、いろいろと学んだこともあり、そんなに苦しまず、相手のことも
 理解できるようになりつつある。
 わたしなど差別されてもそんなに問題にしなくなったが、キリスト教国と言われる
 国々ともお付き合いをする時代なのだから、同じ地球の仲間としてもっと理解して
 ほしい。あなたが聞く音楽、ジャズやポップス、クラシックの音楽家もあなたが好きな
 スポーツ選手もキリスト教徒であるケースはけっこう多いのではないかと思うのだが。





   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★






      ↓:キリスト
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へにほんブログ村





『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 御霊によって導かれる。主イ... | トップ | もう一度。MO ITIDO。主イエ... »
最近の画像もっと見る

少女ジーザスの言の葉ランド」カテゴリの最新記事