新緑のじゃんけん

みやもとおとめの書いた詩作品の公開や日々の生活で出逢った詩の紹介をさせていただくページです。

ごあいさつ

初めまして。 「詩」の世界はとても個人的なものではありますが、どこかのどなたかとささやかに共有できましたら…とブログを開くことにしました。よろしくお願いします。 みやもと おとめ

新詩集「やさしい出会い」

2018年07月01日 | 詩(日々…)

詩集「やさしい出会い」を上梓しました。前詩集「笑顔のリレー」2012年から後の日々のおもいです。

カフェ、から始まり、通勤の風景や、自然、家族、そして恋……と、水内さんのマジックで素敵に仕上がっています。

編集 水内喜久雄さん  表紙絵 茶畑和也さん  たんぽぽ出版 7月1日発行です。定価800円+税

もうしばらくするとネット書店などでも注文できるようになると思います。どうぞよろしくお願いいたします。

コメント (2)

ねがい

2018年06月10日 | 詩(同人誌)

ねがい

    みやもとおとめ

わたしの中を
行ったり来たり
行ったり来たり
何百往復もしたあとで
ようやく出ていった言葉が

あなたの中で
行ったり来たり
行ったり来たり
何往復かさせてもらえたなら
どんなに嬉しいことでしょう

 

「みんなの詩集 夢ぽけっと」2018年夏号(最終号) テーマ「私の詩」

ずっと、私たち素人詩人達の勉強の場であった、みんなの詩集は最終号となりました。

詩を書きたいな、と思う人は誰でも投稿でき、水内喜久雄さんの手によって編集されて、

すてきなイラストレーターさんの表紙をいただいて、50号。

50号のお題は、「平和」と「私の詩」でした。

コメント (2)

詩とファンタジー

2018年04月30日 | 詩(投稿…掲載)

1年前の今頃、「詩とファンタジー」に掲載された「鳥かご」という作品を、詩とファンタジーの、2017年の年間「優秀賞」に選んでいただきました。やなせたかしさんが大切にされていた、心に光る「星屑」をかたどったという、小さな美しいトロフィーをいただきました。詩を書きたいな、と思わせてくれる私の周りの全ての事に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

コメント

2018年04月09日 | 詩(同人誌)

みんなの詩集「夢ぽけっと」春号に投稿した詩です。お題は「四季」

 

新しい芽を
優しく起こす
木の芽雨

生き生きと
木々が輝く
青葉雨

賑やかな気持ちを
そっと冷やして
秋湿り

今まで多分
このくらいまで
生きてきて

これから冬は穏やかに
降ったりやんだり
時の雨

コメント

電車で 小さな詩集(同人誌)18号

2018年03月10日 | 詩(同人誌)

電車で

隣のお客が少しずつ少しずつ傾いて
一日の疲れを
私に預けそうになっては
ふっと 立て直す

私もどれ程気づかず
見知らぬ人に
傾いてきたかしら

電車はうなずくように揺れて
窓の外では
夕暮れの町が飛んでいく

 

@みやもとおとめ

コメント

プロフィール 詩歴など

2018年03月10日 | プロフィール

2018年3月10日更新。

 本気で詩を書き始めたのは、2007年秋からです。ちょうど10年ほどたったのだなあ、と感慨深いものがあります。
 詩が集まると、パソコンでプリントして手製の本を作り、実家の父と数人の友人に送っています。2009年秋から水内喜久雄さんの発行する「みんなの詩集 夢ぽけっと」(季刊 誰でも参加できます)に参加、2010年秋からは、はたちよしこさんの編集する同人誌「小さな詩集」(年2回)に参加しています。
 今は、時間と競争ばかりしているような毎日ですが、時々時間を作り出して、日常にメモをしていたものを詩にするのがひそかな楽しみです。できれば、多くの誰かに伝えたいなあ、という思いがあります。


出版物 個人詩集

1. 2012.3.24 『笑顔のリレー』みやもとおとめ

 編集 水内喜久雄 表紙イラスト 内田新哉
 たんぽぽ出版 夢ぽけっと詩文庫7

出版物 アンソロジーなどへの掲載

1.「命」 『子どもたちに伝えたい戦争と平和の詩』たんぽぽ出版 2010.7
2.「芽吹き」 『続・一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある』PHP研究所 2011.8


掲載

『詩とファンタジー』かまくら春秋社
 「水族館」     2号2008.1  イラスト 北見さん
 「放課後の黒板」  3号2008.4  イラスト はせがわゆうじさん
 「ランチタイム」  5号2008.10 イラスト 飯野和好さん
 (佳作 月のかけら「卒業」 7号2009.4)
 「リコーダー」   8号2009.7 イラスト 葉明さん
 「試み」      12号2010.7 イラスト エムナマエさん
 「迷子のこうもり」 14号2011.1 イラスト 岡山伸也さん
 「まっしろな森」  17号2012.1 イラスト 井筒啓之さん
   「はくもくれん」  18号2012.4 イラスト 畑典子さん
 「夜の遊泳」    19号2012.7 イラスト 松永禎郎さん
             (イラストからイメージする詩の応募)

 「猫背」      23号2013.7 イラスト 山口マオさん
 「回想」      27号2014年7 イラスト 矢吹申彦さん
   「化石」             28号2014年10 イラスト ディアーナ・カイヤカさん

 「鳥かご」     35号2017年4 イラスト ディアーナ・カイヤカさん
                   →2017年
詩とファンタジー賞 優秀賞

『朝の詩』産経新聞
 「夜の雨」        2008.4.16
 「新緑のじゃんけん」   2008.6.10
 「生長」         2009.6.2
 「みどり」        2010.7.13
 「ちいさな旅」      2011.6.20
 「四角い夕焼け」     2012.3.14
 「ぺんぺんぐさ」     2012.5.10
 「昼下がりの電車」    2012.6.18
 「やまびこ」       2012.11.6
 「へび」         2013.1.1
 「どっちかが」      2013.2.21
 「つり」         2013.4.28
 「初夏」         2013.5.31   
 「さんま」        2013.10.30
 「予習」         2013.12.14
 「5月の祈り」       2014.4.30  
 「雨に唄えば」      2014.7.5  
 「夏休み明け」      2014.9.5    
 「朝の手袋」         2014.12.7   
 「春に」         2015.4.12   
 「ほどく」 3月月間賞   2016.3.17    
 「昼の浜辺」       2016.4.15   
 「雪の二日後」      2017.1.25   
 「新しく始めるために」  2017.3.30   
 「ひとりで」       2017.4.30   

他 応募
「マーガレット」『詩とメルヘン・花』 2008.8
「メトロ」『東京で感じるあなたの心』佳作 東京メトロ文化財団 2011.7

「終電」『東京で感じるあなたの心』入選 東京メトロ文化財団 2013.11 つり広告に掲載
「冬の月」『東京で感じるあなたの心』佳作 東京メトロ文化財団  2014.11
          

コメント

テーブル

2017年12月15日 | 詩(同人誌)

テーブル

一緒に過ごそうと用意した
大きめのテーブルは
その時々の家族の
状況が見える場所だった

それぞれの角に

連絡帳やお知らせプリント
○と×が半々の漢字テスト
積み重ねられたシリーズ漫画
学習塾の案内に模擬テストの結果
使い捨てのコンタクトレンズ
やりかけのレポート課題
美容室や着物レンタルのちらし
隠さなくなったたばことライター

一人ずつ家を出て行き
置きっぱなしのものが減り
二人になってからは
誰がどの場所だかあいまいになった

もう極力ものを置かない
大きめのテーブルは
寂しくのびのびとしている
葉書でも書いてみようか

 

@みやもとおとめ

コメント

紅い手袋

2017年11月28日 | 詩(同人誌)

紅い手袋


毎朝自転車に乗るときに
はめる紅い手袋

人差し指と親指の分かれ目に
穴があいてしまいました

何年前のことだったかしら

晩秋の桜の木の下に
かさこそたまっていた紅い落ち葉

その色に惹かれて
この手袋を買ったのでした

手袋の穴は
まるで落ち葉の虫食い

それでも すっぽり温かい

@みやもとおとめ

「小さな詩集」17号 2017年10月

コメント

「ひとりで」

2017年05月01日 | 詩(投稿…掲載)

コメント (5)

鳥かご

2017年04月17日 | 詩(投稿…掲載)

詩とファンタジーno35

鳥かご

                  みやもとおとめ

たんぽぽの種があちらこちらで
小さな空間を丸く囲んでいます
大事に大事に
何を飼っているのでしょう

近づいたら 中で小さな鳥の
羽ばたきが見えたような
柔らかな束縛を破ろうとする
かすかな動きが見えたような

あ、向こうでひとつ
その繊細な鳥かごが破れて
風と一緒に
舞い上がっていきます

一羽 一羽と 飛び立てば
なんだか心が自由になって
春はゆっくり終わっていきます

コメント (2)

新しく始めるために

2017年03月31日 | 詩(投稿…掲載)

コメント

ふきのとう 「みんなの詩集 夢ぽけっと」2017年春号

2017年03月20日 | 詩(同人誌)

みんなの詩集では、お題が出ます。「山菜」と言うお題で書きました。

絵はがきも作ってみました。

コメント (2)

雪の二日後

2017年01月28日 | 詩(投稿…掲載)

コメント (5)

座右の銘(みんなの詩集夢ポケット冬号)

2016年12月26日 | 詩(同人誌)

座右の銘

          みやもとおとめ

ちょこんと
そう ちょこんと
私のとなりにいてくれる

いつもくよくよしていた
私に
いいんだよ と

次に同じ失敗をしないために
何をするのか
考えればいいんだよ と

そういって励ましてくれた
あなたの声が
私の右どなりに 今でも

コメント (7)

迷子(みんなの詩集 夢ポケット 秋号に掲載)

2016年11月28日 | 詩(同人誌)

迷子

部屋が寂しくなったので
野原で
花を摘んできました

家の中では長持ちしないと
わかっていながら
コップにさしました

ひなたのような空間になった
そこから
小さなアリが走り出しました

ああ
一匹迷子を
作ってしまいました

©みやもとおとめ

コメント