乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

ドレミファソラシド

2017年06月25日 | 植物(草)

今日の観察会(マルハナバチ調べ隊)に参加した女の子が付けた名前です。

名前の理由がわかりますか?

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 乙女で最長の名前を持つスミレ | トップ | バッタバッタ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

植物(草)」カテゴリの最新記事