乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

氷の下に白い葉が

2019年01月05日 | 水・氷雪・霜

今日は乙女高原自然観察交流会。

湿地の氷が凍っていたのですが、よくみると、氷の下の葉の表面が白くなっていました。

どうしてこうなるのか不思議です。

とっても不思議できれいな光景でした。

コメント

霜柱を横から見ると・・・

2019年01月05日 | 水・氷雪・霜

霜柱ができている地面の一部が陥没し、霜柱が地面を支えている様子(本当は、「霜柱が地面を持ち上げている様子」) がみく見えたので、写真に撮りました。

 

コメント

氷のしわざ

2019年01月05日 | 水・氷雪・霜

シラヤマギクの根元がこのように細かく裂かれ、折れていました。

岡崎さんによると、寒さによって、茎の中の水分が凍り、そうすると体積が増えるので、氷が茎をひき裂いて出てくるのだそうです。シモバシラという植物でみられるのが有名なこの現象ですが、ほかの植物でも規模は小さくてもみられるそうです。実際にここから氷が出ている様子をみてみたいな。

コメント