乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

いよいよ春

2009年03月30日 | 植物(木)

乙女高原に通じる林道ぞいで,春の速報と言えば,なんといっても,ヤナギ類とキブシとダンコウバイの花。この中でもキブシの花はシャンデリアのように垂れ下がっており,特徴的です。この花を見ながらミソサザイの歌を聴くと,春が来たなと感じます。(2009年3月30日 観察)
コメント

巨大霜柱

2009年03月30日 | 水・氷雪・霜
このところ,花冷えが続いていて,里ではサクラがなかなか満開になりませんよね。それが乙女高原ではこんな形であらわれています。霜柱に「節」がないので,おそらくこれで一晩でできた霜柱だと思います。高さは25センチもあります。
  (2009年3月30日 観察)
コメント

けっこう毛だらけ

2009年03月30日 | 動物(けもの)
林道で見つけたキツネの糞。毛(しかもかなりの剛毛)ばかり。いったい何を食べたんでしょうか? 糞は動物たちの食生活を反映します。
(2009年3月30日 観察)
コメント